↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年06月19日

ケーパビリティー 【capability】

ケーパビリティー 【capability】

って聞いたことありますか?
私は知りませんでした。お恥ずかしながら・・・。

経営用語として良く使われています。

能力。才能。可能性。将来性。

三省堂提供「デイリー 新語辞典」より



個人のそれも勿論必要なんですが、会社としても重要なことだろうと思います。

現在、ある会社の本業立て直しも含めた経営改善の取組を顧問先と一緒に取り組んでいます。
そのせいなのか、この言葉が目に付きました。

私の仕事は、最近はその企業が持つ組織としての能力
を活かす為のお手伝いをする方向へどんどん移行しているのかなぁと感じます。
特に、ご本人達も気付いてはおられない埋もれてしまっている能力があるのではないかと思いました。

経営会議に参加していくと、回を重ねるにつれ、だんだんと自分達自身で少しずつ歩き始めておられるような気がしています。
こういった、自分達で考え自分達で行動するという、もともと持っている本来の力(能力)が、何らかの原因によって発揮できなくなっているのではないかと思うんです。
この原因は、きっと一言で言えないくらい沢山沢山あるのでしょうね・・・。

最近は、どの企業も“本業で食っていく”ことが非常に厳しくなっていますね。
いろんな事を始めて事業が横に横に広がっていって、管理も上手く出来ず、かえって悩みやリスクを多く抱え込んでいたり・・・。
そもそも自分は何屋さん?とふとした時に頭に浮かんだり・・・。

そろそろ、この辺で自分自身を再確認したほうがいいのではないかと感じています。(公私ともに・・・)

経営でも今の時点での自己確認を是非した方が良いと思います。
それからでないと、今後の方向性も決めれません。

“自分が(この会社が)やっていくべき事は、何だ!”

やはり、これ決めないとその時々、行き当たりばったりの経営になってしまいますものね。

そのためには、自分(自社)の持つケーパビリティー 【capability】何か再確認が必要ですよね。


自社の本業の実体もここで一緒に再確認!です。
頭の中での感覚と実際の数値のギャップを知るべきです。
結構あるんですよ。やっていくと・・・。ギャップが・・・。
やっている自分達自身の目でこのギャップを確認し納得していただかないと、その後の取組も詰めが甘くなってしまい、結果、大きな収穫は得れません。



中小企業は、これからの生き残りをかけての取組を真剣に考えて実行しておられる所はまだまだ少ないと思います。
特に、熊本は田舎なので、東京等の中央から5年も10年も遅れているような気がします。
“危機感のなさ”を痛感しています。



人は自分に都合の悪い事は聞きたくないですよね。
儲かっている場合は、試算表も早く見たいですが、そうでないとわかっていると、試算表を見たくも作りたくも無くなってしまいます。
非常にその気持ちも共感できます。

これって、占いみたいですね。
良いことが書いてあったら信じるけど、悪いことが書いてあったら「そんなことないよ。所詮、占いだから・・・」
とホントに都合良く(^_^;)物事を受け止めるというか・・・
経営もそれでやっていければいいですが・・・。

いろんな業界で本業がやっていけないという記事が沢山でています。
経営者、管理者、スタッフとして考えること、やるべきことは沢山あるはずです。
今、その考える事やるべき事をしないと大変なことになりそうな気がしてなりません。

自社の経営数値が見れない(わからない)経営者、管理者、スタッフがいる会社がずーっと存続できるような時代ではないと思います。


今こそケーパビリティー 【capability】について考え話し合う時ではないでしょうか。





今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





posted by kagami at 12:11| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。