↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年06月20日

“決断速度”&“シンプル”

物事の選択やその判断をする決断、早いですか?

会社で、問題があった時その根本的な問題を解決する為には、一筋縄ではいかない時もありますよね。
特にその原因に人が絡むと・・・。

中小企業は、その多くが同族経営、ワンマン経営が主流ではないでしょうか。
管理者に、自己判断できる範囲をどれだけ広く与えているかによって経営者が決断すべき事項の大小とその量も変わってくると思います。

同族意外の他人に、権限を広く与えている中小企業はなかなかお目に掛かれませんね。



組織がピラミッド型になっていて、権限も同様になっていると経営者自身が下す決断事項の規模はある程度大きなものになってくるのではないかと思います。
また、各部署長で細かい事の“決断”がなされていると、企業の“決断速度”はより早くなります。

経営者の下が平らな土地みたいに横並びの組織の場合、経営者1人に対し複数の部署(人)との直接的なやり取りになり、その横並びの部署(人)数分の決断を少なからずともやらなくてはならないでしょう。
また、その決断事項の内容も細かなところから大きなところまで幅広い内容のものに対しそれぞれ経営者自身が決断することもあると思います。
この場合、各部署長にある程度の“決断”権が与えてあれば“決断速度”は遅くならないでしょうが、そうでなければ、ある一つの事を決断するにも時間がかかり、行動に移すところまでいかないケースもでてくるかもしれませんね。


組織の体系には、企業それぞれに様々な形があります。
どれが一番良いとは言えません。
その企業に合ったスタイルが一番だと思います。



今日のタイトルにもある“決断速度”は経営にとってとても重要だと思います。




他人に権限を与えていない会社の中には、消耗品1つ○百円のものを購入するのにも社長にお伺いをたてなければならないという会社もあります。支出する際、どんな小さな支出に対しても社長にお伺いをその都度立て、了承を得てからでないと出金できないのだそうです。社長が忙しくて連絡がつかない時は、勿論保留になってしまいます。
これって、ものすごーく効率悪いというか、社長自身の時間のロスもかなりあるんではないかと思います。


また、問題社員がいることを社長自身理解しているのに、本人に対しきちんと指導できない社長。毎月毎月会社は赤字を出しているのに、周囲の社員の方が心配していても立ってもいられない程なのに、ぐずぐすとその社員の処分に悩んでいる社長。
毎月、累計での赤字の金額を本当に理解しておられるのか・・・。
やっとアクションをおこされた時は、その問題発覚時から半年以上たった時で、社員の不信感と赤字は更に増大しているし・・・。



ある得意先からの受注で、受注額は大きいが、その利幅はかなり低く、赤字のケースも何度もある。
接待もかなり必要みたいで、実質利益は、マイナスではないかと思われる程利益率が低い取引先との関係を断ち切れない。
その取引先のシェアも大きく、そもそも会社が利益体質になれない大きな原因の一つにもなっていると思われる。
しかし、不安に思いながらも受注額に目がいって利益をみていない社長。




社長自身が毎日毎日仕事に追われ、従業員と一緒になって一作業員(一スタッフ)として仕事をされている会社。
経営者として、会社の行くべき方向性を考えなくてはならないのに、目先の仕事仕事で社長自身がヘトヘトになっておられる会社。
その内、社長自身がお体を壊されるのではないかと心配になるくらい。それでも、「がんばらんと!」と自分自身に言い聞かせてまたいつもの様に頑張っておられます。
しかし、会社の数値の事は全然把握されておらず、しかも赤字で資金調達をしたい時に、かなり厳しい状況ということに社長自身が向き合えない。





他にも沢山沢山今まで見てきました。




社長として、決断すべき事、一番大切な、誰にも変わることの出来ない社長しかできない仕事を棚上げにされている状態、また先送りにしておられる状態です。



その損失は、お金にしても社内のモチベーションにしてもかなり大きな損失となっているのではないかと思います。




成功者は、決断がものすごく早いと聞きました。
行動を起こす時には、もう既に決断しているのだそうです。
その決断に従った行動をするだけ。
だから、一切の無駄な動きがない。


万人に与えられた共通のチャンス・・・1日24時間
成功者もそうでない者も与えられた時間は1日24時間しかありません。
最近、仕事をしている中で、私自身“決断速度”ということが非常に気に掛かっていました。
いろいろな経営者を客観的に見て、自分自身も客観的に見て、決断速度の遅さに気付きました。
それが、自分自身の精神面でかなりマイナスの影響を与えているような気がして・・・。



いろいろな悩みがありますが、その中では悩んでもしかなの無いこともあります。
冷静に考えると、それこそ自分のコントロールが効かない事で悩むことは1日24時間しかないことを前提に考えると、それは悩む必要の無いことではないかと結論が出ました。
すると、それまで悩んでいた自分がばからしくなったり・・・・。

自分自身でも、決断すべき事や考えなければならない事が、頭の中で整理できてなくて混乱しているのではないかと思いました。
こういう事自体が、問題ではないかと思いました。
もっとシンプルに、自分の人生の中で、すべき事(これからすべき事も含めて)と、しない事(これからしない事を含めて)を明確に決断しておくと、スムーズに楽しんで人生を充実させることができるのではないかと感じました。
だから、しない事を決めたらやらなければいいんです。
それが自分に正直に生きていくから、ストレスも抱えないし、決断速度も遅くなりません。

自分の生きている世界(社会)は、考え方を変えると、自分で作ることができるのではないかと思います。

今の自分の状況、会社の状況を幽体離脱したみたいに、上から自分を会社を客観的に見てどうなのか、決断速度が落ちていないか、日々決断しているか、複雑にしていないか(シンプルに生きているか)見てみると何か発見するかもしれませんね(^_^;)
ひょっとして、複雑にしている原因は自分自身なのかもしれません。
“決断”しないから、複雑に生きているのかもしれません。
なのに、人のせいにしたりしていたら・・・・。

しっかりと“決断”すると、何だかふっきれますよね。悩むのは、しっかり“決断”していないのかもしれませんね。
このふっきること(割り切ること)って“シンプル”に生きる為には重要ポイントになるのではないか?と勝手に思っています。
だから、私なりに結論を出しますと・・・、
沢山の“決断”を早くするためには、“シンプル”に生きる!!
かな?






毎日いろんな経営者、従業員の方々を見ていますが、本当に勉強になります。毎日いろんな事を考えさせられるし、沢山の発見があります。辛い時もありますが、おもしろいです。



経営者や管理者の方々は毎日いろんな“決断”をしていかなくてはならない立場だと思います。
どうでしょう、最近“決断”した数はどれだけありますか?
もし、ゼロや少なかったりしたら、それは本来の自分の仕事をしていないのかもしれませんよ。
勿論、“決断”を下したら即行動!でないと意味無いですが・・・。



“シンプル化”ちょっと考えてみませんか?

私は、その事をここ最近考えています。

そして、もうすぐ“決断”しなければいけないなと思っています。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ








posted by kagami at 16:08| 熊本 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頭の中でアイデアがグチャグチャになっていませんか?
そんな悩みを解決する方法があります!
それは脳のメカニズムに最も適した「マインドマップ発想法」です。
あなたの仕事、そして人生を変えるマインドマップソフト
MindManager(マインドマネージャー)を紹介します。

Posted by 時給百円未満 at 2008年06月21日 08:05
時給百円未満 様


そうですね。
マインドマップですね。

頭の中を整理するのには良い方法ですね。

ありがとうございます。

何かやろうとした時、迷いが生じた時などやってみるといいですものね。

最近やってないのでまたやってみます。





Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年06月21日 10:52
こんにちわ!気になったので コメントさせて頂きました。
Posted by hide at 2008年06月21日 22:54
hide様

コメントありがとうございます。
また、いらしてください。
お待ちしてます。m(__)m
Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年06月21日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。