↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年06月23日

これが無くなるとすごく良いのに・・・

また、今日行ったコンビニで見てしまいました。

親になって、「これが無くなるとすごく良いのに・・・」と思ったことがあります。
それは、コンビニの書籍コーナーにおいてある際どい絵や写真が載っている雑誌のことです。

世のお母さん方はどう思われます?

コンビニって、明るくて清潔なイメージがありますよね。
勿論とても便利で私も毎日のようにお世話になっています。
しかし、この書籍コーナーの特に奥側に私が嫌だなと思うそれらが堂々と陳列されています。
駐車場に車を止めて店内に入る前にも、店内から雑誌の表紙を店外側に向けて宣伝用に陳列してあります。

ものすごーく際どくて男性が喜びそうなスゴイ絵や写真の載ったものを敢えて陳列してあるのかわかりませんが、親になってからふと目をやった時に「ちょっとこれは、あんまりでないかい?」と思ってそれ以来、この事は親として納得がいかないところであります。

確かに、ニーズがあるので置いてあるのだと思いますが、広く言うとこれも性犯罪を助長していることにはならないのでしょうか?
子供の教育上、地域環境としては決して好ましくないと思いますが・・・。
いくら商売といえども、道徳的な部分は無視されていいのでしょうか?
日本は、豊かになってモラルが崩壊しきっているのではないでしょうか。

警察の防犯メールの登録をしているので、毎日沢山のメールが送られてきます。
その中のほとんどが、児童や学生に対するわいせつな行為のものです。
そのメールを見るたびに、不安や心配がこみ上げてきます。下の子は女の子なので、特にこの先が心配です。
大人の私達が、大人として、安心して生活できる地域としての環境作りに関心を持ち、こういった不安材料から子供達を守っていかなくてはならないと思います。

日本は、大人の世界のもの、子供の世界のものの住み分けがきちんとできていなくて、どこでも容易くお金さえあれば手に入れられますよね。
もう少し、地域行政もそういう部分への明確な環境作りをやって欲しいと切に願います。

子供達の遊び場がなくなってしまい、不審者や変質者が身近に侵出している今の環境で、近くに身よりもなく核家族で生活している共稼ぎの家庭などでは、親が子供達の近くにいつでもいることはできないので、とても心配です。

犯罪がどんどん多くなってきて、理解できない犯罪もその中に沢山あります。
社会の抱える問題はこれだけでは当然ないんですが、バイオ燃料にしても、中国の環境被害の問題にしても、結局は一部の企業(個人)の利益主義の結果が問題を引き起こしているんですよね。原油価格の高騰もそれで儲けようとしている人達の影響でこうなってしまっているんです。
だからといって誰かがこれを食止めることは簡単ではありませんね。
目に$有料が映ってしまっている人には、何も言っても聞く耳を持っていませんし・・・。
自分さえよければ良いですもんね・・・。
地球の危機だろうが、何だろうが目先の儲けができればいいんでしょうから・・・。
まぁ、難しい問題ですけどね・・・。


でも、ちっぽけな私達一人一人でも、“モラル”という言葉を意識して生きていけば、“何を大切にしなくてはならないか”ということがわかるし、モラルに反する行為はしなくなります。

いろんな“モラル”があります。
どうか、企業側もその“モラル”を持って営利活動をしていってほしいと思います。

コンビニをなさっている会社の方々に、一言。
本当は、そういう雑誌は置いて欲しくはありません。が、せめて店外への表紙の陳列は、こういう事を考えてやって下さい。
お願いしますm(_ _)m



それにしてもどうして、日本では犯罪を助長する可能性があるものを平気で売れる買える国になっているんでしょうか?
盗聴器等も簡単に手に入りますよね。
どうして、そういう事を認めているのでしょうか?
性犯罪に繋がる確立が高い出会い系サイトやそういう風俗店にどうして営業を許可しているのか、野放しにしているのか?
いたちごっこなんでしょうか?


外国ではどうなっているんでしょうか?


そういう事が不思議でなりません。


お昼休み、もうすぐ親になるスタッフのK君とちょっと熱く議論してしまいました。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




















posted by kagami at 14:06| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。