↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年07月03日

うわぁー、これは問題だぞ!!@

昨日、毎月恒例の社内全体ミーティングを終え、資料整理をしていると、スタッフが話していた事がふと耳に入ってきて、えっ!と思いました。

「○○産婦人科は、産科をやめたんだって」
「あ、そうそう、△△産婦人科も産科をやめたんだって」
「じゃ、あの辺では、□□クリニックぐらいしかないんじゃない?みんな、集中するよね・・・」


産科医の医師不足は、熊本でもこんなに深刻になってきたんだなぁ・・・と驚きました。
全国的に、医師不足はテレビ等で言われていましたが、こんなにも身近にあるとは・・・。

きっと、現在残っている産婦人科に妊婦が集中し、その病院で働く人々の労働環境と通ってくる妊婦さんへの対応は更に悪化し、病院側の経営リスクは増えるばかりです。
妊婦さん一人一人へどこまで対応できるかわかりませんよね。
妊婦さんが集中しても、ベッド数は限られるので、病院側もその受け入れ体制がどこまで整備できるか、難しい問題です。
医療事故を引き起こす要因にもなるかもしれませんし・・・。

これから出産を控えている方、またこれから結婚し子供を産みたいと考えている方にとって、近所に産婦人科があるか、また、そこの受け入れ枠がどれくらいあるか事前によく調べておかないと、近所にあっても、出産の受け入れ自体できない場合もあるかもしれませんもんね。
いつかテレビで、この問題の特集をやっていた事がありましたが、ほんとに大問題ですね。

私は、出産後個室を使いましたが、次に出産するときには常時満室で使えないかもしれませんね。
もし、そうなったら嫌だな・・・。

産婦人科は、24時間365日体制ですもんね。
先生や看護婦さんたちも非常に過酷な勤務体制の中頑張っておられるんですよね。
利用する側も、ワガママを言わず協力していかないといけませんね。
個室がとれなかったら、しょうがないと諦めるしかないようですね。

医師不足は、産婦人科だけではありません。
国は、この問題に対し対策をとり始めているようですが、いつその効果が現れて、問題が解消されていくのか・・・。
まだまだかなり時間はかかりそうな気がします。
その間に、問題が更に大きくならないといいですが・・・。


もう一人子供が欲しいなと思っている私としては、気になる話でした。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ












posted by kagami at 18:58| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。