↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年08月02日

新しい洗濯機!!

昨日、我が家に念願の新しい洗濯機が来ました。
前のものは、まぁ良く頑張りました。

結婚前から主人が使っていたものをそのままずっと使っていましたが、ひょっとして20年近く使っていたのかも?・・・。
よくぞ、ここまで頑張ってくれました。
お世話になりました。

主婦としては、我が家の特に家事関連の家電製品が新しくなるとなんだか嬉しくなりませんか?
私だけでしょうか・・・。

今回、今流行のドラム式を買おうと楽しみにしていました。
家電ショップに行ってイロイロと性能の違いを調べてみたんです。
で、買ったものは、最新の縦型式(従来型)の洗濯機です。

やったー!念願のドラム式!と楽しみにしていったお店だったんですが、表示の性能を調べて更に店員さんに性能の違い、メーカーの違いをお聞きした結果が従来式のものに決定してしまいました。

圧倒的な違い!!
その1洗浄力
これは、外せません。洗浄力では、圧倒的に従来型の勝ち!!(ドラム式はまだまだ、洗浄力の面では開発途中なのだそうです)

その2乾燥機能
我が家は、マンション等ではなく、借家なので、とりあえず干す場所は屋内外ではあるのし、いざという時は“除湿機”という強い味方がいるので、乾燥機能はほとんど必要なし!
(じゃ、何でドラム式を欲しがっていたのかというと、『いやー、やっぱり、良いのかな・・・と思っていたから』という曖昧な憧れだけでした)

その3お値段
最新式の従来型とドラム式を比べても、お値段がかなり違いがありました。ちょっと良いドラム式のものは、従来型の2倍以上のお値段がしますものね。


憧れのドラム式が、結局は従来型の洗濯機に負けてしまい(我が家の判断では)、乾燥機能を使わなければ、ドラム式にこだわる必要が無いとあっさり気付いた私でした。(最初から気付け!!!!)

(どこまで参考になるかわかりませんが)
ドラム式のデメリットは、
@洗濯途中で洗濯ものを取り出したり、追加できない→水がこぼれるから。(ナナメドラム式のもの)

A洗濯ものの偏りにセンサーが過敏に反応し、何度も止まってしまう。

B乾燥中に一時停止したり、停止後取り出す迄にメーカーによっては火傷防止の為に30分ほど熱が下がるまで、ロックがかかり取り出せない物もある。

C洗浄力は、従来型に比べると圧倒的におちる。

D乾燥機能を使用する時の使用電力はかなり高い。


メリットも勿論あります。
水の使用量はナナメドラム式は、従来型の全自動洗濯機に比べるとかなり節水できる。
約半分程度の使用量のものもありました。

今回の決めてになったのは、
@洗浄力
A値段   です。

まぁ、次の買換え時にドラム式は検討します。

洗濯機の相談室』がありました。→→http://www.sentakuki.info/


買った後に見てもどうしようもないか・・・。


でも、新しい家電、うれしいな(^^)/

去年は掃除機とガスコンロで、今年の春は炊飯器を買換えて、今回は洗濯機でしょう。
掃除機は、これまた念願のダイソンを買ったんですよ。これは、イイですよ!!スゴイ吸引力!!
炊飯器の時も嬉しかったなーー!!


次は・・・。


続きますよね。
家の中の家電て・・・。
壊れると・・・。


んんんーーー、次は・・・テレビかな?ハートたち(複数ハート)(期待を込めて・・・)


でも、いつも喜んでいるのは私だけみたいです。
主人は、いつもお店のイスに座って値段を心配していますから・・・(^_^;)


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ






   




ラベル:洗濯機 家電 主婦
posted by kagami at 13:29| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。