↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年08月07日

とじき塾(視察研修)に行ってきました!!

11:27熊本駅初リレーつばめ〜新幹線つばめに乗って行って来ました。楽しみにしていた鹿児島視察研修!!

今回は、とじき塾メンバーの鹿児島の建設会社のN社への視察研修でした。

本社の近くの会場で先ず、N社の社長と担当の社員さんよりこれまでの改善取組状況の報告プレゼンがありました。

戸敷先生もビックリ!!のフルオープン!!
自社での取組をまるで社内でのプレゼンをされているように、細かい所まで具体的に私達に公開していただきました。

同じ建設会社からも他県から沢山参加されていたので、同じ境遇の中にある同業者の方々にとっては今回の研修は特に良かったのではないかと思います。

実際に自分達が取組の中で使用されているルールもそのまま資料として提供していただきました。
誰も、自分の手の内を明かしたがらない中、またお仕事もお忙しい中、こういう視察研修を自社で実施されること自体かなりのエネルギーが必要だったと思います。

今回のプレゼンの中で、特に感心したのは、マーケティングに対する取組です。

-----------------以下研修資料(マーケティング)より抜粋-----------------------

<テーマ>建設業には厳しい時代であるが、今後、会社の存続と発展のために何をするべきか?

・・・テーマの選定理由:創業以来、公共工事を中心に土木工事を行っている。経済不況や公共事業の削減等の影響。
当社の売上は減少傾向。
今後も厳しい状況が続く→→状況を打開!
 当社の持つ人材・ノウハウを活かした「新事業を展開する!」

<会社のキャッチフレーズ>
社員で考えたキャッチフレーズはどのようなイメージ(ビジュアル的に)があって考えられたのか。
※N社・・・メインとなる大きな柱を中心に4つの方向性を枝としてそれぞれの事業を展開。

<現状の把握>
新事業(セカンドセールス)を始める背景
 元来:公共工事主体→現状:公共工事激減
 会社の存続と発展=自分達の生活のために
 対象としていなかった個人・民間を元請で!

<要因の分析>
 自社の労務・機械などを使ってすぐに出来る仕事

  何が出来る?→管理者で話し合い後、やれる事を選定。


<目標の設定>
 選定した事業に対し、詳細な目標額の設定

 ※対策の立案ポイント
  ・事業名
  ・販売理由(具体的なイメージで)
  ・商品特性(具体的なイメージで)
  ・対象者(具体的なイメージで)
  ・販売期間(○月のいつ頃)
  ・販売目標(○件以上/年)
  ・ネットワーク(広告媒体・販売協力者・営業方法等)
  ・イメージ(事業イメージ)


<効果の確認>
 6月末時点
 1ケ月の売上目標額を達成、2ケ月分以上の実績達成


<今後の反省と課題>
選定した事業を個別に展開するのではなく、全部を合体させて営業活動を行っていく

-----------------------------------------------------------------------

また、改善の取組状況報告では、社内の部門別会議でどのような事を取り組まれているか、またその効果と今後への要望を発表されました。
改善取組を始められて、会社の利益を圧迫していた経費がかなり圧縮され、今期の決算成績も大幅利益率UPに繋がったそうです。
それは、取組を通じて一人一人の意識が変わり(会社の存続発展=自分達の生活)、一人一人が責任感のある行動をとった結果だと思います。

本社への視察でのこと。
これまでは、各部門ごとにフロアが違っていたそうです。しかし、民間や個人へのシフトを進めていく中、迅速な顧客対応と社内の情報共有が問題となり、一つのフロアに社内の作業場を集約し、より情報共有ができるよう、レイアウトも考えられたそうです。
また、社屋も古くなってきており、会社に入ってもこれまでの雰囲気は暗かったんだそうです。
そこで、パーテーションを全部取っ払ってしまい、各人のコミュニケーションをより図れるようにされたことで、社員さん達同士のコミュニケーションが増え、雰囲気が明るくなったそうです。

外出金(社外に支出するお金)を抑える為の工夫としても、コミュニケーションアップを図ることによって無駄が抑えられていました。
全員がリアルタイムに情報共有できるように、ホワイトボードを上手く使って情報掲示がなされています。
それは、個々の現場担当者だけの情報ではなく、経理の人にもよくわかります。社長にも良くわかります。そして、他の担当者にもわかります。
全員で、無駄な外出金を抑える工夫がなされています。
それは、A42枚の『現場・置場・外出金ルール』の中でもしっかりとなされていました。

改善取組の中で5Sの取組もされています。
N社の場合は、一般的な5Sだけにとどまらず、さらに+1S(節約)の合わせて6Sをなさっているのだそうです。



◎改善活動前との明らかな違い!!
 ・各個人の意識の向上
 ・報、連、相の流れ
 ・無駄の排除
 ・取組が早くなった
 ・物の区別が出来る
 ・営業情報の拡大
 ・相手への思いやり
 ・道具の管理が出来る
 ・外出金の管理
 ・是正するようになった
 ・セカンドセールス構築
 ・とにかく綺麗になった


また、今後の課題として、「今の状況がいつまで維持できるのか」と
ということをあげておられました。


社員さんが主となり、取組をされておられるN社は素晴らしいですね。経営者としては、素晴らしい『人財』を抱えて、今後の展開がより楽しみでしょうね。

今回の視察研修で“『経営』とは経営者だけのものではない”ということが良くわかりました。どんなに、経営者がその権力をもって号令をかけようとも、着いてくる従業員がいないと事は成し得ません。
勿論、社長の熱い情熱と強い信念が有るからこそなんですが、『企業は人なり』社長個人の力だけでは、本当の『企業力』とは呼べません。


今回の研修を企画してくださった、褐o営改善支援センターの皆様とN社の皆様、有り難うございましたm(_ _)m


※お迎え時間があるので、最後までいれなかった事が残念でした。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


posted by kagami at 14:29| 熊本 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | とじき塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。
おかげさまで何とか無事に視察研修を開催することが出来ました。
参加者の皆様、新留土木の社長、スタッフの皆様に感謝です。
アンケートでは、自社でも見学会を開催したいとの声が本当に多くいい意味で予想外の結果となりました。
また来月お待ちしております。

※鏡さんが帰った後、K氏は屋根に上ってまで写真とってましたよ。落ちるんじゃないかとひやひやしておりました。
Posted by fujimoto at 2008年08月07日 20:59
鏡様

昨日はお忙しい所参加いただきまして、ありがとうございました。また詳細なレポートまで書いていたき感謝します。

中小企業の底力はまさに素晴らしい。
ますます気が抜けなくなりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

とじき
Posted by 戸敷 進一 at 2008年08月08日 02:52
こんにちは!
遠い?鹿児島まではるばる誠にありがとうございます。
また、詳細なレポートもありがとうございます。
早速、プリントして各リーダーたちに読ませました。
視察では親子参観と同じで本当の姿を見せることができず、ちょっと残念でした。
ただ、社員の緊張する姿がとても楽しかったです。

11月以降も会社が存続しているように全社員で厳しい時代 を乗り越えようと思ってます!!
追伸、うちの運転手は大丈夫だったでしょうか?
汚い車で申し訳ありませんでした。
Posted by 若き?薩摩の末裔 at 2008年08月08日 10:43
戸敷先生

コメントありがとうございますm(_ _)m

中小企業は、経営資源が少ない為、“自分達に合った方法がわからない”“やり方がわからない”等、実際のところ、経営者自身がこのような悩みを抱えているのが現実ではないかと思います。
だからこそ、現環境下から脱却できずにいる。

そういう時に、このような視察研修を開催していただき、参加された会社の方々は、“自分達もやれるかもしれない”と勇気を持つことができたと思います。

今回の改善取組・マーケティング取組では、具体的なポイントに沿って、自分達がどのような目標(計画)を設定したか、またそれに対する検証結果までも公開していただき、今後取組をしていこうとしている私達にとっては非常に参考になることばかりでした。

素晴らしいプレゼンでしたね!!

またまたこのような企画を楽しみにしています!!
その際は、また当社の顧問先にも是非参加していただきたいです。


ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年08月08日 10:56
若き?薩摩の末裔様

コメントありがとうございますm(__)m
戸敷先生もおっしゃっておられましたが、やると決めたら誰よりも早く行動されるその素晴らしい行動力と集中力と統率力には感動を感じます。

塾生の中でも真っ先に視察研修を企画されて、社員さん達もものすごく大変だったことと思います。
でも、きっと今回の視察研修で、更に皆さんの意識は高まったのではないでしょうか。
いや〜、ホントに素晴らしいプレゼンでした。
細かなところまで神経を配っておられるなと感じたのは、プレゼン資料の背景に、その内容ごとに合った実際の業務中の写真や事業イメージの写真を使用されていて、プレゼン内容が“文字”ではなくちゃんとした“映像”として私の頭の中に入ってきました。
それだけ、皆さんが、緻密な計画をたて、細部にまで明確なイメージを持って取り組みをなさっておられるからだと感じました。
非常にわかりやすく、参考になりました。
具体的にどのように取組を進めていくべきかが見えました。

素晴らしい人材、自分達の手で頭で新しいものを生み出し、創ることができるということは、何者にも負けない強さですね。
いやー、これからが楽しみですね。

取組を通し、社員一人一人が、“自分達の会社”という愛社心を持っていろんな意見、アイデアを出し合い、それぞれの個性を認め、使命感と誇りを持って仕事をやっていけるような会社(組織)になっていくと本当の“企業”として存続・発展できるのではないかと私は思っています。

社員一人一人の力が必要ですもの。
中小企業は。

お疲れ様でした。
これからも、お仕事に頑張ってください。

Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年08月09日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。