↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年09月04日

おせっかい

今日のニュースを見て、くやしくて可哀想で可哀想でたまらなくて涙が出ました。

育児放棄で母親に懲役6年=置き去り2歳児餓死−さいたま地裁
2008年9月3日(水)12:30

 埼玉県三郷市の祖父母宅に2歳の次男を置き去りにし、餓死させたなどとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた母親の無職島村恵美被告(30)の判決公判が3日、さいたま地裁で開かれ、中谷雄二郎裁判長は懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 中谷裁判長は「親としての自覚や愛情はもちろん人間性にも疑問を感じさせる、あまりにも冷酷で非人道的な犯行」と指摘。動機については、検察側が「交際相手と同居生活を送るため」としていたが、裁判長は「自分の時間が欲しいとの思いから育児放棄した」とした。

 島村被告はグレーのトレーナーに、紺のジャージー姿。量刑が言い渡されたときも、表情を変えず、裁判長を見詰めていた。

 判決によると、島村被告は3月3日ごろから2歳の次男と双子の長女を祖父母宅に預けたまま放置。十分な食事を与えず、12日ごろまでに次男を脱水を伴う低栄養で死亡させるなどした。 



[時事通信社]


6歳、捨てられてもたたかれても母をかばった 埼玉
2008年8月21日(木)06:09

 埼玉県三郷市の民家で3月、幼児3人が置き去りにされ、島村健太ちゃん(当時2)が死亡、双子の長女が負傷した事件で、保護責任者遺棄致死傷の罪に問われた母親の無職島村恵美被告(30)=同市早稲田2丁目=の初公判が20日、さいたま地裁であり、島村被告は起訴事実を大筋で認めた。動機については「育児の煩わしさから逃れ、交際男性との同棲(どうせい)生活を送るため」と指摘した検察側の主張に対し、「育児放棄になりやすい状況だった」とし、複合的な要因によると主張した。

 検察側は冒頭陳述などで、島村被告は2月、双子の父親で名古屋に単身赴任中だった内縁の夫とは別に、近くの居酒屋店員と交際を開始。店員と2人で近くに借りたマンションで同棲したいと考えるようになり、3月3日ごろ、「ママはもう戻らない。後はよろしく。(妹と弟の)面倒見てね。おなかがすいたら電話をかけて」と言い残し、子どもを置き去りにしてマンションに移り住んだ、と指摘。


餓死した子どもは発見されたとき、ゴミと糞尿にまみれていたそうです。餓死した子どもを見て、母親は6歳の子に「お前はクビだ」と言って平手打ちしたそうです。
それでも、この6歳の子は、「全部ぼくが悪い」と言ってこの母親をかばったそうです。

餓死という悲惨な結末でこの世から失われた小さな命。
施設にいる残された子。
自分の目の前で弟が死んでいった事、残されたこの子達の心の傷は相当に深く、どんなに重いものだろうか・・・。
毎晩泣いて泣いて救いを求めていたのに、誰も手を差し伸べてくれなかった事実。

ニュースで、インタビューに答えていた近所の人の話は、「いつも夜の6時から7時ぐらいに子どものわんわん泣く声がしていた」と他人事に答えていた。
児童相談所の人が「祖母がいるから大丈夫と母親が答えていたから」と会見で答えていた。

それでいいんですか!
そんなもんなんですか!
もっと、“おせっかい”になっても良かったのではないですか!
もっともっと私達大人は後悔しなくてはいけないのではないでしょうか!


親という立場になって、母親という立場になって、『子供は世界の宝』という言葉の素晴らしさに気付かされました。

全世界での、犯罪や事故、災害に巻き込まれた方の話を聞くと心が痛くなりますが、それが、子供特に小さな子供の場合は、胸が締め付けられとても辛くてたまりません。
火曜日だったでしょうか、国民健康保険の無保険者世帯の子供達の記事が出ていました。「子供には関係ない」と無保険者世帯の子供には保険資格を与えている市町村と、そうでない市町村。
病気でも、きちんとした治療すら受けられない子供達。
学校の保健室でもらう薬で何とかしのぐ子供達もいるそうです。
日本での話しです。良く耳にするアフリカ等の子供達の話ではないんです。
ここでも、大人の犠牲になっている子供達がいます。
できれば、そんな話耳にしたくありません。そんな事実信じたくありません。耳も目も塞ぎたく、その事を自分の中で無かった事にしたいくらいです。
でも、事実なんです。

福田さんの辞任劇に日本中がざわめいていますが、そんなことより、大事な子供達が犠牲になっている事、弱いお年寄りがとても苦しい生活をしている事、こっちの方が人としてはるかに重要ではないかと思います。

自分達の利権ばかりを争い、さもご立派な大義名分を演説している方々は私はどうも別世界の方々にしか見えません。



近所付き合いがほとんど無くなってしまった現代社会の中で、犯罪も多様化、低年齢化し、人間としてのモラルが崩壊した本当に物騒な殺伐とした社会に日本もなってきました。

皆さんの家の近所で、向かいの家で、お隣さんで、もしこのニュースのような事件が起こっていたらどうしますか?
過剰に反応するのも考え物ですが、お隣の生活の様子の変化に気付けますか?
正に“おせっかい”そのものですが、こういう事がもっと自分達の生活の中で必要なのではないかとこのニュースを見て強く思いました。

あまりにも無関心すぎるのではないかと感じました。

“おせっかい”=愛情がある
“無関心”=愛情がない

だと思います。

例えば、考えてみます。
自分の周りで、口やかましく自分にいろいろと言ってくる人のこと。

その人のことを嫌で嫌で仕方ないと思っています。
その人が言う事は、自分に対する“意地悪”でしょうか?“おせっかい”でしょうか?

誰でも、年をとってくほど、自分の事に対し人からとやかく言ってほしくないと思っているはずです。
誰だって良い気はしません。
“ウザい”存在です。
でも、ちゃんと考えるとわかりますよね。
それが“おせっかい”だということを。

そう、言われたら腹立つんですよね・・・(^_^;)

でも、ありがたいとチョッピリ思いませんか?
“愛情”ですよ。“愛”ハートたち(複数ハート)

身内だと、“おせっかい=愛情”とわかっていてもついつい反発して辛く当たってしまいます(>_<)

行き過ぎたおせっかいは、“ありがた迷惑”と言われるのでしょうが、限度がありますが、受ける側も最初から嫌がらず、その“愛情表現”をたまには敢えて受け入れてみて、その“愛”ハートたち(複数ハート)を感じてみるのもいいのかも・・・と思います。

昔、田舎でもいました。近所のいちいちうるさいおばさんが(^_^;)
そのおばさんは、地域の大人として私達子供達に愛情を注いでくれていたんですよね・・・。
そして、よく近所のよその家の事情にえらく詳しいおばさんもいたいた(^_^;)

ある意味、こういうおばさんは貴重なのかもしれません。

大げさかもしれませんが、そういう人たちの存在が、地域社会の秩序維持に幾分かの貢献をしているのかもしれません。
みんなが、もっともっと“人”を好きになっていくとおせっかい人間も増えてちょっと困る面もあるかもしれませんが、きっとこんな悲惨な事件は少なくとも今よりも減っていくように思えます。



おせっかいとは少しズレてくるかもしれませんが、もっとおおらかな気持ちを持って、子供達の気持ちを大事にして、子供の気持ちを最優先にして(甘やかすという意味ではありません)、もっと親としての“正しい愛”(=無償の愛)を私自身が与えられるようになりたいとも思いました。

反省しました。

こういう悲惨な事件まではいかずとも、日々の生活の中で、ひょっとしたら、この母親に近いことを私自身もやっているのかもしれないと思いました。
自分のやりたい事(仕事など)を優先にして晩御飯の時間が毎日遅いこと。
毎日バタバタした生活で、子供達ときちんと向き合う時間があまりとれていないこと。
一見何もないような家庭でも、いろんな意味で子供が大人の犠牲になり続けて毎日を過ごすと、その子の人格形成にも将来大きな影響があるでしょうから、この事は真剣に考え、改善しないといけません。
ズルズルと同じ過ちを繰り返していてはいけませんね。

女性の社会進出により、フルタイムでバリバリ仕事する主婦もだいぶ増えてきました。が、その副産物として、心が満たされない(心が平穏でない)子供達も沢山増えているだろうと思います。
我が家が正にそうですふらふら

お母さんが専業主婦で愛情をたっぷり受けた素直な穏やかなお子さんのお話をきくと、うちは大丈夫かな?とちょっと不安になってしまいます。
今は我が子は小さいのでそんなにわかりませんが、小学校高学年→中学生→高校生と成長するにつれ、今のこの生活の“つけ”がどこかできそうな気がしてなりません。

自分で選んだ生き方ですが、親としてやるべきことをやっていないのは自分自身の甘えだと痛感します。
ちゃんと両立なさっておられる方もおられるので・・・。



今日のこの思いを忘れないでいたいと思います。


長々となりまして。
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ








posted by kagami at 02:30| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 人として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事読んでかなりの衝撃をうけました・・・
どうして自分がお腹を痛め、愛する人との間に産まれて来た子供、何の罪のない子供、これから夢や希望を持って育っていくこの子供達、まだまだ親の愛情が一番欲しい時期にどうしてこんな事するのでしょう。同じ子供を持つ親として悲しいです。

「おっせかい」・・・愛情です!
自分の事を気に掛けて、心配してくれるなんて「最高」ですね!口うるさい、ウザイと感じるかもしれませんが自分のため言ってくれるのだから「ありがたい」ですね。感謝です。
Posted by 日向夏☆娘 at 2008年09月05日 16:46
日向夏☆娘 様

いつもありがとうございますm(_ _)m
今日は、とじき塾でしたよ!!


我が子にとどまらず、これからの日本を背負っていく子供達を地域の大人が見守っていく社会。
その社会の中にいる親達も安心して子供を育てていける環境。
節度ある“おせっかい”は必要ですよね。

子供を産んでから、また新たな人生が始まったように思います。
いろんな成長を子供達からさせてもらっています。
このような、本来守る側に立つべき大人達の犠牲になっていっている、何も悪くない子供達の存在から目を反らさず、この悲しさ悔しさを忘れないよう、親として、大人として今後の行動に反映させていきたいです。

ほんとに、なんにも悪くない子供達がどうしてこんな目にあうのか・・・・。

大人同士も、周囲の人のぬくもりに感謝していくべきですね。

でも、こんな“悟り”は、『親』にならないとわからないかな・・・。
若い時は、なかなか素直に人の意見や行為を受入れられなかったしな・・・私自身も・・・。
だからこそ、周囲の大人達は、それを踏まえて、今は理解してくれないかも知れないけど、若者を(子供達を)あきらめず“おせっかい”をやきながらも見守って導いていかなければいけないのかもしれませんね。

ほんと、自分に対し、良くも悪くもお声を掛けてくださる方々へ感謝です!!



ありがとうございましたm(_ _)m


Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年09月05日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日の論点!ブログ意見集: 国保滞納で無保険の子ども by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「国保滞納で無保険の子ども」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してくだ..
Weblog: 今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+
Tracked: 2008-09-05 14:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。