↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年09月11日

『平成19年 国民生活基礎調査』が発表されました!

厚生労働省から、国民生活基礎調査の概況が発表されました。
II各種世帯の所得等の状況なんか、興味津々ですよ〜目


平成19年 国民生活基礎調査の概況

I  世帯数と世帯人員数の状況
1 世帯構造及び世帯類型の状況

2 65歳以上の者のいる世帯の状況

3 児童のいる世帯の状況

II 各種世帯の所得等の状況
1 年次別の所得の状況

2 五分位階級別の所得の状況

3 世帯主の年齢階級別の所得の状況

4 特定の世帯別の所得の状況

5 貯蓄、借入金の状況

6 生活意識の状況

III 世帯員の健康状況
1 自覚症状の状況

2 通院者の状況

3 日常生活への影響

4 健康状態

5 健康意識

6 悩みやストレスの状況

7 こころの状態

8 健診(健康診断や健康診査)や人間ドック等の受診状況

IV 介護の状況
1 要介護者等のいる世帯の状況

2 要介護者等の状況

3 主な介護者の状況

4 要介護者等と同居している主な介護者の悩みやストレスの状況

5 居宅サービスの利用状況

6 介護者の組合せの状況

厚生労働省大臣官房統計情報部
社会統計課国民生活基礎調査室



6悩みやストレスの状況なんか、
12歳以上の者(入院者は除く。)について、日常生活での悩みやストレスの有無別構成割合をみると「ある」48.2%、「ない」45.6%となっている。
悩みやストレスがある者を性別にみると、男43.8%、女52.2%で、年齢階級別にみると、男女ともに「35〜44歳」が最も高く、年齢階級が高くなるに従ってその割合はおおむね低下傾向にある。

そうで、私の年齢階級では、・・・最も高い部類に含まれていますね(^_^;)
悩みやストレスが「有る」と言えば有るし、「無い」と言えば無いような・・・。
まぁ、楽天家だから、「無い」の方かな?

6生活意識の状況では、
生活意識別世帯数の構成割合をみると、「苦しい」(「大変苦しい」と「やや苦しい」)が 57.2%、「普通」が 37.7%となっている。
年次推移をみると、「苦しい」と答えた世帯の割合は、近年、増加している。
特定の世帯の生活意識別世帯数の構成割合をみると、「苦しい」と答えた世帯の割合は、「母子世帯」で85.1%と最も高くなっている。

だそうです。

いや〜、やっぱり苦しくなっているはずですよ〜(T_T)
毎日、いろんな業種の経営状況見ているから、嫌と言うほど感じてます(T_T)



どうぞ、見てみてください。

平成19年 国民生活基礎調査の概況



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ








posted by kagami at 19:08| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。