↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年10月09日

タイムカードを押した時点で・・・

今日も引き続き、今月のとじき塾での接客接遇研修で学んだことをネタにしたいと思います。

講師の鰹助会計事務所の川上尊子先生の言葉です。
「タイムカードを押した瞬間から、組織に買い取られている時間になります。」

なるほどひらめき
言われてみれば、確かに納得です。
“買い取られている”という表現は初めてでしたので、先生の言葉がとても新鮮に聞こえて印象に残っています。

“買い取られている”からこそ、自分自身を“仕事人”として切り替える必要がありますね。
では、この“正しい切り替え”を理解するためにそうでない場合と比較をしてみます。

★「身だしなみ」と「おしゃれ」の違い
『身だしなみ』・・・相手中心→一般的、万人に受け入れられる、周りの周りの人を意識する、相手に不快感を与えない=清潔さ、控えめ、万人に受け入れられる。
『おしゃれ』・・・自分中心→流行がある、好みの同じ人にしか受け入れられない、周りの人を意識しない、自分が満足する

如何ですか?それぞれ列挙してみると、これって要注意!!!!
ですよね。特に、制服でない場合は・・・。
当人はキメたつもりでしょうが、自分の時間を買われているわけですから、『おしゃれ』ではなく正しい『身だしなみ』をしなくてはなりませんね。

<マナー5原則>→→→“心の表現”
マナー・・・相手に不愉快な思いをさせないこと(思いやり)
@挨拶
A表情
B身だしなみ
C言葉遣い
D態度

B身だしなみが入っていますね。これっていわゆる“見た目”ですね。
目から入ってくる情報です。(視覚情報)

“第一印象で決まる”と良く言いますが、人は最初の15秒で相手の第一印象を決めてしまうそうです。
そしてそれは、どんな要素で決まるのかというと、
1、目からの情報=視覚情報
2、耳からの情報=聴覚情報
3、言葉からの情報=言葉情報
の3要素です。

更に、この3要素の中で、第一印象の決め手になるのは、「1、視覚情報」で55%、次に「2、聴覚情報」で38%、最後は「3、言葉情報」で7%だそうです。

だから『身だしなみ』はとても大事です。
目からの情報は、他に『ふるまい』、『表情』、『行動』があります。

『身だしなみ』は、前述で、「万人に受け入れられる」「相手中心」等をあげました。
特に、「万人に受け入れられる」はポイントですね。

注意点として、以下の点をあげられていました。
※身体に関すること・・・爪、口臭、体臭、フケ、目ヤニ
※化粧等に関すること・・・派手な化粧、マニキュア、香水、派手なアクセサリー
※服装に関すること・・・汚れやボタンの取れ、シワ

頭のてっぺんからつま先まで、気を配らなければならないということです。
だって“組織に買い取られている”から・・・。


本来、マナー5原則は当たり前のことばかりでしょうが、この当たり前ができでいるつもりで結構できていないんですよね(^_^;)
いつの間にか、自分中心的な発想に勝手にアレンジしてしまっていたり・・・。

“組織に買い取られている”ことを忘れてはなりませんね。
これらのこと(接客接遇)は、立派な自分達の仕事(義務)ですものね。


今更ながら、今の自分に足りないところ、出来ていないところ、理解していないところが今回の研修で良くわかりました。

本日の学びは以上です。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ



posted by kagami at 01:40| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。