↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年12月09日

破壊

昨日付けgooニュースにて、『業界のタブー「生保の原価」開示』という記事があった。→→→『業界のタブー「生保の原価」開示』

いよいよ、生保業界にもきたか・・・。

私も、昔1年半ほど、国内生保の○△生命にいたことがありました。
その際、選抜生として、保険の基礎から教えてもらい、保険の仕組みについて学ばせてもらいました。
深く知れば知るほど、その会社で支社長や支部長が言われる事に、とても矛盾を感じていた私でした。

当時「生保の原価」という明確な意識はありませんでしたが、保険料の内訳には疑問を抱いていました。
内部にいたからこそ、他社との違い特に外資系生保との圧倒的違い(保険料の内訳、営業方法、営業方針、トーク、商品の構成等、組織そのもの)が明確にわかり、その違いを自分自身が納得することができずにいました。

契約者の個々の状況に応じた保険商品の提案に、自社の既製品オンリーでの限界があり、契約者を無視した、保険会社のため、外交員の成績のためというのが強く強く感じられました。
支社長や支部長、先輩方の言葉の中にも、契約者は関係なくとにかく自社の保険商品の契約を取れというようなことばがありましたし・・・。
しかも、唖然としたのは、保険知識の全くない近所の主婦やおばさん、二十歳そこそこの若い子などとにかくいろんな人を外交員として受け入れ、家族・親戚・友人・知人が最初は主なターゲットとなるので、最初から“付き合い”での契約が当たり前のようでした。
「今月の新商品の○○○の契約をとにかく取れー!!」という感じでしたから(^_^;)
ほんとに、嫌でしたね。こういう営業スタイルが・・・。

元々、知人からの勧誘で、「保険を勉強するためにやってみよう」がきっかけでした。
確かに沢山勉強はさせてもらいましたし、私なりに頑張って仕事をしていましたが、自分の中で矛盾を抱えながらの仕事はやっぱり嫌でしたし、自分の本当の仕事ではないと思っていました。



4年生大学卒の所帯持ちの男性、という採用条件があり、勿論きちんとした教育システムの中で保険の知識を習得させ、資格もどんどん取らせていくというような外資系生保とは大違いです。
こちらの方がお客様に提案する“適切な資格”がありますよね。

私の先輩が外資系生保に入社され、かなり勉強して頑張っておられたので、お互いの情報交換したりして、ホント、この大きな違いにびっくりしていました。

保険料に含まれている「付加保険料」の違いは、このような組織体制の無駄など、大きく関係してくると思います。
国内生保の付加保険料は記事にもありましたが、かなり差がありますね。
その分、契約者が無駄な保険料を支払っているわけですからね。
そのことが保険会社の都合の良いようにつまでもベールに包まれたままであり続けることは出来ませんよ。

だって、今やマジシャンの世界も、同業者がそのトリックを明かし、更なる巧妙なマジックを考え、私達に見せてくれる時代ですから。

私達は、今や自らの手でいろんな情報を得ることができ、それにより、自分で選択・検討・判断等ができるようになりました。
なのに、いつまでも売り手市場的に情報を公開せず、カルテルみたいなことを業界でやっていても、それは消費者をバカにしているというか、本当に消費者のニーズに応えるための企業努力をしていないことになるのではないかと思います。(ちょっと強気発言?!)

確かに、とても大変なことだと思います。

しかし、時代は変わり、従来の業界の常識というか、自分達業界人を守るための暗黙のルールというか、そういうものを“破壊”して新たな風を業界に入れてくれる人がいるからこそ、業界が活性化され、個々に更なる経営努力をすることにより、より良い商品(サービス)が世に生まれてくると思います。

どの業界でもありうることだと思います。

それは、脅威でもありますが、最終的にはお客様のために繋がることだと思うのでしかたありません。
立ち向かっていくだけです。

これから、世の中全体がどんどん苦しくなってくるでしょうから、またまた業界のタブーに手を付けていく“破壊者”が現れるでしょうね。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ



ラベル:歴史 革新 タブー
posted by kagami at 01:25| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。