↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年12月30日

「怒り」と「笑顔」

怒りで解決することは少ないが笑顔で解決することは沢山ある

ことが思い通りに運ばないと気持ちがイライラし、つい大声を出したり怒ったりする人が多い。しかしそれでかえって一層ものごとをこじらせてしまうことも少なくない。反対にもっと大きな心を持って笑って対応することによって、自分の心も落ち着き、相手の心も開いて一気にすべてが解決する場合が多い。ただし「怒ること」と「しかること」は別。要は感情的にならないことである。


カレンダーを来年のものと付け替えていたら、またまた、ずきーん!!とくる言葉、見つけちゃいましたふらふら

カレンダーに言葉を書いてあるものって多いですが、良い言葉やぐさっとくる言葉が結構ありますよね。

今回の言葉は、母親として、今の私にはかなりきっつーーーーい言葉です。
子供の成長は、正に自分の成長ですね。

子供の自由な発想、行動、言動に自分自身がついていけてないのかも・・・。だから、怒りで押さえつけようとしているのか・・・とも思います。
長男は小学校2年生です。身体もドンドン大きくなって、いつの間にか、自分一人で行動する範囲も広くなって、親無しでの行動でもへっちゃらになってきていて・・・・。私の方が“子無し”は心配です(>_<)

子供の成長のスピードに、私の成長が追いついてない証拠?!

子供の発想・行動・言動を認めてあげないといけませんね。
これは、経営者も同じかな?
社員の発想・行動・言動を認めて(着いていって)あげないと、良い人材は育ちませんものね。

そうか・・・。
そうですひらめき
子育ては、自分(親)育てで、
人材育成は、自分(経営者)育成っていうことなのでしょうか。

「怒り」は確かに、虚しさを感じ、自分の心の狭さ、余裕のなさを感じます。

相手を「認める」という事は、「自分を変える(相手を理解するように努力する)」ことなのでしょうか。
「怒り」は「変われない自分」の象徴なのかもしれません。

つい、子供の行動に対し怒ってしまうので、反省させられます。
怒ることは手っ取り早いというか、楽ですものね・・・。考えてみると・・・。自分が我慢しなくていいから・・・。

私には近くに、親もいないので、自分達だけで自由にやっています。だからこそ、ついつい自分に楽な行動をとってしまいがちです。その影響(悪い方の)も子供達にはあると思います。
近くでやかましく正してくれる人もいないので、ふと、カレンダーやいろんなものに書いてある言葉にはついつい目がいってしまいます。

まだまだ修行が足りませんね(>_<)

来年も修行の一年ですねーーー。
1年後、少しは成長していますように!!!!






今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ








ラベル:カレンダー 感情
posted by kagami at 00:12| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になる言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。