↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年01月09日

スタッフを信じる

今日は、嬉しいことがありました!!!
スタッフのやる気や責任感がかいま見れた時って嬉しくないですか?

今年に入って言いました。「任せますからお願いします。」と。

そしたら、言動に、重みが出てきたというか、しっかりしてきたというか、「おっ!」と思うんです。
で、そのことを、男性スタッフのK君に話したら、「そうね、それは自分も感じる」と彼も同様に、スタッフのやる気に気付いていたみたいです。
これって、なかなかgoodexclamationではないですか!!

今年は、“変革へのLastChanceの年”と思っています。
この1年で・・・・と気合を入れています。

今年は、年明けから新たな取り組みを始めました。
年末、年始にかけて当社の財務状態をスタッフに話しました。現実的な問題、お客様のところの問題、これから自分達が直面すると思われる問題、しかしその中でも自分達が貫いていこうとするものや大事にしていこうとするものを確認しました。
だから、みんな現実問題として認識してくれたと思います。
勿論、これからの厳しい現状も・・・。
だからこそ、みんなで力を合わせて、それぞれの役割を果たしていってほしいと思っています。

内部の体制を変えてこの難局に立ち向かっていくので、各人への負担も少なからず出てくるかもしれませんが、みんなで乗り切って光の差した来年を共に迎えたいと思います。


その思いが少し通じたのかな・・・。

みんな、家庭をしっかり守って仕事と両立しているスタッフです。週末は子供達へのスキンシップを忘れず、母として妻として嫁として安定した家庭生活を営んでいる方々ばかりです。
良い人材とは、こういう人たちのことではないかと最近は考えています。
家庭が安定しないと仕事に対して良い姿勢で臨めません。
素質の事です。
素質は十分もっていると思います。
働く主婦の大変さは私自身が一番良く知っています。
だからこそ、家庭も仕事もそつなくこなしているスタッフをスゴイ!と思います。こんな優秀な人たちを信頼しなくて、仕事を任せなくて、誰を信用するのか、そう思ったんです。

だから、「任せますからお願いします。」と言いました。
今までの私自身の“人材”に対する観念が、年末に変わりました。
そしたら、ふっきれたというか、安心して外を見れるかな・・・という気になりました。
それと、「時間がかかる(時間をかける)」と「経験の場を作る(経験から生まれる感性、自主性が大事)」ということをリーダー(管理者)が常に意識すること、見守ること、が必要であると確信しました。

素材(人、素質)と調味料(時間、経験)のネタは揃ったとして、後は料理人(リーダー)次第です。
料理がおいしくなるのもまずくなるのも、私次第です。

やってみなくてはわかりません。悪そうだったら、都度補正をかけていけばいいのですから。その位の気持ちで、スタッフに沢山いろんな経験、反省、悩み、工夫、達成感を味わってもらいたい。
そうしたら、個々の潜在能力が引き出されていろんな自主的な行動がみられてくるでしょう。

もっと早くに気付けば良かったーーー(>_<) 遅すぎるよ!!
まぁ、しかし、今の私はこれだけの時間がかからないと気付かない頭の固さがあったのかもしれませんね(^_^;)

スタッフの一人一人が期待に応えようと頑張ってくれています。
私自身もスタッフの期待に何としても応えなくてはなりません。

身が引き締まります。
試練の1年です。


頑張ります。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




posted by kagami at 18:52| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。