↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年03月05日

『ええっ!!控除受けれないの?』ということがないように

昨日、電話がありまして・・・。
『鏡さん、去年中古住宅を買ったんですが、築20年以上は住宅借入金の控除ができないって言われたんですもうやだ〜(悲しい顔)ホントですか?』

「えええーーー!!・・・・ホントです。」

『・・・やっぱり・・・もうやだ〜(悲しい顔)ショックーバッド(下向き矢印)

「うゎー。・・・そうですねー。できると思っていたのにできないとなるとホントショックですよねー。それに、できると思って試算していた還付金がパァになると思うとこれは、主婦としては痛いですよねー」

『・・・うゎー、ホント、ショックー!!』


という具合に昨日やり取りがありました。
家を買う(建てる)ことって、一生にそう何回もないので(一般庶民は)、どうせなら少しでも受けられる税金控除は、是非に受けたいものですよね。

で、今回のケースは以下の通りです。
↓↓↓↓
・木造の築20年以上の中古の家を借入して購入。

No.1214 中古住宅を購入した場合(住宅借入金等特別控除)
[平成20年5月1日現在法令等]

 住宅借入金等特別控除とは、住宅ローン等を利用してマイホームを新築、購入又は増改築等(以下「新築等」といいます。)をし、平成20年12月31日までに居住の用に供した場合で一定の要件に当てはまるときに、その新築等のための借入金等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年以後の各年分の所得税額から控除するものです。

1 住宅借入金等特別控除の適用要件
 中古住宅を購入した場合で、住宅借入金等特別控除の適用を受けることができるのは、次のすべての要件に該当するときです。

(1) 購入した中古住宅が次のいずれにも該当する住宅であること。

イ 建築後使用されたものであること
ロ 原則として、マンションなどの耐火建築物の建物の場合には、その取得の日以前25年以内に建築されたもの、耐火建築物以外の建物の場合には、その取得の日以前20年以内に建築されたものであること。ただし、平成17年4月1日以後に取得したもので「一定の耐震基準に適合するもの」については、築年数は問いません。
 耐火建築物となる建物の構造は、その建物の主たる部分の構成材料が石造、れんが造、コンクリートブロック造、鉄骨造(軽量鉄骨造は含みません。)、鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造のものをいい、耐火建築物に該当するかどうかは、登記簿に記載された建物の構造によって判定します。
 なお、「一定の耐震基準に適合するもの」とは「地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準又はこれに準ずるものに適合する建物」は、その家屋の購入の日前2年以内に耐震基準適合証明書による証明のための家屋の調査が終了したもの又はその家屋の購入の日前2年以内に住宅性能評価書により耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に係る評価が等級1、等級2又は等級3であると評価されたものに限ります。
ハ 取得の時に生計を一にしており、その取得後も引き続き生計を一にする親族や特別な関係のある者などからの取得でないこと。
(2) 購入してから6ヶ月以内に居住の用に供し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること。
 なお、居住の用に供する住宅を二つ以上所有する場合には、主として居住の用に供する一つの住宅に限られます。
(3) この特別控除の適用を受ける年の合計所得金額が、3千万円以下であること。
(4) 購入した住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上の部分が専ら自己の居住用に使用するものであること。
(注) この場合の床面積の判断は、次のように取り扱われます。

1 床面積は、登記簿に表示されている床面積によります。
2 マンションの通路など共同で使用している部分については床面積に含めず、登記上の専有部分だけの床面積で判断します。
3 その建物が店舗や事務所などと併用になっている住宅の場合は、店舗などの部分も含めた建物全体の床面積によって判断します。
4 夫婦や親子などで共有する住宅の場合は、自分の共有持分だけの床面積ではなく、ほかの人の共有持分を含めた建物全体の床面積によって判断します。
 しかし、マンションのように建物の一部を区分所有している住宅の場合は、その区分所有する区画の床面積によって判断します。
国税庁HPタックスアンサーより抜粋


そうなんです。
木造は、耐火建築物に入らないため、築20年以内のものを購入しないと控除が受けられないんです。

H20年取得であれば、控除期間は10年間です。
10年間の差は、一般庶民には大きいですよね(^_^;)

これは失敗談ですが、これから中古の家を購入しようと考えている方は、このような税金の控除についても購入前に確認してから、物件を決めないといけませんね。



あー、確定申告を来週までで終わらせなくては!!!
スケジュールがハードすぎて、ちょっと大変ですふらふら


体調管理に注意して残りの期間頑張るぞーーー!!!




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





posted by kagami at 19:15| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。