↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年04月29日

いよいよ始まったか・・・(−_−)

契約先の情報会社から、速報がFAXで流れてくるんですが、今月半ばから、その速報が送られてくる回数がこれまでよりも多くなったような気がします・・・。

しかも、今日のは、1枚に1件の情報ではなく、3件分も掲載されています。

破綻が1件、破産申し立てが2件です。

やはり、始まってしまったのか・・・。

ある方から聞いた話では、金融機関は、5月ぐらいから倒産件数がかなり増えていくだろうと見込んでいるとか・・・。

どうやら、それが的中してしまうのか・・・。



建設業は、特にひどいですね。
年度末は何とか繋いでこれましたが、5月からの工事未払金の支払が大変です。受注が丁度途切れているので、工事引当での融資もできないし、更に年末に全国緊急セーフティネット融資を受けたばかりで、借入残高はほとんど減っていない。
工事が途切れたら、支払ができません。
売上は工事引当で融資を受け、先に使ってしまっているので、後に残るのは支払だけです。
いわゆる自転車創業です。


今年はほとんどの業種で売上が減少していると思いますが、建設業は3〜4割強落ち込んでいるところが多いです。
私の周りの建設業は・・・。
特に官公庁依存型の会社や他社との明確な差別化(強み)ができていない会社は悪いです。

ひどいところは、年収と借入残高がほぼ一緒というところもあります。

連休明け、きっと沢山の良くない情報が届いていることでしょう。



今です。
今、やらないと結果はすぐに出てこないので、体力のある今、次のステージに生き残る為の策を講じないと手後れになってしまいます。
(もう、既に遅いのかもしれませんが・・・)

九州、特に熊本は、そんなに多くの製造業があるわけではないので、首都圏ほど、企業の経営難が取りざたされていません。
だからなのか、あまりにも中小企業の経営者の楽天家ぶりが目立ちます。(私だけでしょうか・・・)

年収と借入残高が一緒ということが、どういうことのなの全然理解されていません。
「どうにかなる・・・。」


銀行が、極度枠をはずしにかかった。
「他の銀行と取引すれば・・・。」


「一本とれれば・・・。」
「新会社を作って、設備投資で融資を受ければ・・・。」
「とりあえず、借りて繋げば・・・。」




前に受けた、リスクマネジメントの研修で、先生がおっしゃっていました。
「経営は“不確実”だ。だから、その“不確実”なものをどれだけ“確実”にできるかが大切だ。」
なるほどひらめきです。
今、また、この言葉の意味をしみじみ感じます。

全部“不確実”な事の下で経営されていますね。これらの言葉を言われた経営者さんは・・・。

先の事は誰にもわかりません。
だからこそ、いろんな事に対する準備が必要となり、また、その事が起こる確率を自分で高めて、より確実になるように行動を積み重ねて経営をすることが大切なんですね。

不確実なもの(コントロールできないもの)にすがり(期待をし)、自分の身を委ねる経営から脱却する必要があります。
確実な(コントロールできる)環境下で自分の得意とする商売をやるためにはどうしたらいいか。
商材、市場、ターゲット、改めて考え直さなくてはならないかもしれません。

時代が大きく変わってしまった今、自分自身の思考もそれに合うように変化させていかなければなりませんね。
厳しいです。
しかし、自分への挑戦、自分との戦いです。
チャレンジャーです。

チャレンジし続けること。
それが、経営者として生きる為の最低限の資格なのかな・・・と思います。



身が引き締まります。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ







posted by kagami at 01:57| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。