↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年09月05日

とじき塾に行ってきました(^_^)/~

こんにちは。
久々の更新です(^_^;)

今日は毎月恒例の“とじき塾”に来ています。

今月は、改善プログラムを受講された企業の改善事例紹介第二段!
佐賀のIMARIさんの報告会です。

改善のスタートは、5Sから始められました。

皆さんもご存知の通り、5Sは、
@整理
A整頓
B清掃
C清潔
D躾
です。

とじき塾を主催されている褐o営改善支援センターは5Sのプロです。
その教えの下、自社なりの5Sルールを設定されました。

IMARI鰍ウんの5Sは以下の通りです。
@整理
A整頓
B清掃
C躾
D成長


5Sの目的→会社の存続と繁栄→限界利益が必要
     →全従業員の物心両面の幸福追求→限界利益以上の利益が必要
              ↓
   お客様づくり→マーケティング
   1円を拾う仕組みづくり→無駄の排除




会社の改善計画を第1ステージから第3ステージまでの段階に分け、取り組まれました。

◎第1ステージ
 <目標>
・全員が5Sの目的意義を理解し、実行動に結びつける

 <実施項目>
@全員での研修
A5S活動組織の構築
B社内ルールの作成→施行
C5S活動(特に整理整頓活動を重点におく)


 ・施設内の写真をとる
 ・改善組織図をつくる・・・各チームを作り、チームに名前をつけた。
 ・改善前の工場内の見取り図
 ・4t車12台分を廃棄
・・・・「いつか何かに役にたつかもしれない」
    「もったいない」
             ↓
      過去の産物(1億5千万かけた過去)には一銭の価値もない
      30何年もの歴史・・・・・50万円にしかならなかった

※過去に成功体験を持っているとなかなか変われない!!
※やさしく情報を与えてもダメ!ショックを与えないと変わらない!!

改善前                  改善後
物がごちゃごちゃ     →      スッキリ! 広くなった!
先が見えない、足元注意!  →     見える化 すっきり!  動きやすい!!
                    白線を引き、通路を確保
何がどこにいくつある?   →     材料は原価まで表示
                    スッキリ整理整頓
機械・備品等       →      機械名・備品名の表示
                    保管場所(置き場所)を決め、表示
                   機械担当者の設定、機械に担当者名を表示
                   機械の整備基準の設定、チェックシートの記録
駐車場         →      ロープで線を引き、より綺麗に駐車できるよう
                   表示。
                   “入船出船”で駐車



◎第二ステージ
<目標>
1円を拾う仕組み作りを行う

<実施項目>
@限界利益目標の設定
A5Sに関するカイゼン活動
Bカイゼン活動→社内活動のムダ排除



「1円を拾う」
「2.1円のネジを拾う」
      写真付き

・売上高
 (客数×単価)

    ・客数の増加、会社の魅力度アップ
    ・適正単価
    ・商品の魅力度アップ
    ・オンリーワン商品の開発

・変動費
    @仕入れ材料費を下げる
    A内製化の促進
    B5S・カイゼン活動促進
       1)作業効率の向上
       2)製造時間の短縮
       3)ムダの排除
・限界利益
 固定費 
   @人の多能工化        A管理業務の5Sによる時短
        B修理・修繕→自社で行う
        C効率的なマーケティング活動


売上高−変動費=限界利益(固定費+経常利益)

*入るを図り、出るを制す!

「成長」・・・・問題点を発見できる目を養う
「出るを制する(自主修繕)」
  ・・・・@きっかけは「扉の開け閉めが重い」という社員からの問題点の報告
      A外注に頼めば40万円かかるとの事で自分たちで修理した。
      B結果、費用を抑えて修繕できた。
      C仕上げにペンキを塗り、見た目もよくなった。

「出るを制する(保守・点検・整備)」
  ・・・・日ごろの保守点検整備が大事!壊れてからの修繕は○○万円(>_<)

「機械担当者の設定」
  ・・・・機械清掃担当者一覧表



◎第3ステージ
<目標>
5S・カイゼン活動のレベルアップを図り、利益確保を目指す


<実施項目>
@ムダを発見する取り組み
A情報・コミュニケーションを共有化(トヨタものづくり手法の展開)
Bマーケティング→お客様数増加、新商品の開発
C社員の生甲斐に繋がる、モチベーションアップの施策



・5S、カイゼン活動のレベルアップ
〜ムダの発見・カイゼン〜

トヨタものづくり研究会で学んだ事
@見える化対策
Aムダの取り方
 情報とモノの流れを一致

 ・トヨタものづくり
モノと情報での問題点の抽出
「2歩歩けば1秒のムダ!!」
「どこの作業にムダが潜んでいるか!」

 レイアウト変更→見える化
         ムダの排除

 社内活動のムダ排除
レイアウト変更前・・・・“パーテーションや物で見えない”
            何をやっているかが見えない
レイアウト変更後・・・・視覚スッキリ!
            ムダの発見→ムダの排除
            生産効率UP
セミナーから学んだ事
 ・・・情報共有のための見える化
       ↓
会社全体としての意識再構築
社員相互のコミュニケーション

・スローガンの設定(5S改善スローガン)
・社員のブラッシュアップ・・・課題を出して意見を出し、社内活動のベクトル合わせを実施中
「5S分析シートによって抽出された問題点」
・・・・5Sの項目ごとに問題点の抽出→改善策を全員で出す
「見える化日報」
・・・・@「報連相」上司への報告・連絡・相談を書く

    A「成功」その日の仕事で“成功”と感じた事を書く

    B「問題」その日の仕事で“問題”と感じた事を書く

    C「対策」問題に対してどんな対策をとるかを書く
※個人名を出して特定の個人を責めてはいけない(記入の際の注意)


「掲示板の設営」
・・・・5S改善スローガンを掲示
    毎日の「見える化日報」を全員が見れるように掲示
    カイゼン活動掲示板の設営(問題点・改善策の提案を掲示、過去のカイゼン実績
    もボックスを掲示板に設置して見れるようにした)


「モチベーションアップのために全員で持ち回りの1分間スピーチ」
「5S・カイゼン活動の効果」
・安全性の向上
・在庫の低減
・生産性の向上
・品質の向上
・コストの低減
     リードタイムの短縮
     ロスタイムの短縮
・顧客満足度のアップ



工場内の見取り図(改善後)
レイアウトの変更だけで、作業工程を2時間短縮でき4万3千2百円の節約ができた!

カイゼン・提案シートの推進
 社内での提案件数にマイレージ制を導入した
    (改善提案件数10件につき、1000円の金一封)・・・・・グラフ化



限界利益達成表(グラフ)

 ※外部環境の激変は5S・カイゼン活動だけではカバーできない
      →マーケティングが必要



<社内ルール・各種帳票>
 ・社内ルール
 ・カイゼン、提案シート
 ・機器メンテナンス表
 ・原価計算表
 ・標準作業指示書





◎今後の課題と対策
・全員の5S活動がマチマチ・・・・・改善活動の際は役割分担→責任の明確化
                  カイゼン目標の明示
・活動自体がマンネリ化気味・・・・・カイゼン目標完了時期の設定
                  他企業への視察、他企業からの視察受け
・ルールの厳守がなされていない・・・朝礼時、ミーティング開催時など社内ルールを声
                  に出して読み上げ定期的に意識付けを行う
・自分で問題点を発見し自ら解決できない
               ・・・日々の「成功」と「問題」の洗い出しの中で「ど
                  うして成功したのか」、「なぜ失敗」「どこが問題?」
                  「どう対策するか」まで考える。
           ※まず管理者が学び→社員へ手法の教育

・見えないモノの見える化が明確でない
               ・・・情報の見える化
                  「日報」「目標」「業務連絡」の掲示
・作業標準が全作業確立されていない
               ・・・理解しやすい作業標準手順書の作成、運用
・社員相互別のコミュニケーションがとれていない
               ・・・報、連、相の徹底

                    ↓
カイゼン目標設定・・・@責任の明確化
             A完了時期設定
             Bお金の掛からないカイゼンを目指す
教育訓練・・・・@先進企業訪問
          A社内ルールの徹底→朝礼時の読み合わせ
          B全員を対象にセミナーへの出席→社内発表
見える化の推進・・・・@定期的アンケートで全員参加型の活動
             A作業標準手順書の作成、運用
             B工程管理表の円滑な運用
報・連・相の徹底・・・・@ルール作り
              A正確な情報の選別
              Bタイムリーな行動
ムダの排除・・・・@配膳係を決める
           A見える化の範囲を拡大する
           B作業効率を上げる自前の冶具を作製する




「マーケティングとお客様づくり」
<お客様に好かれる施策>           <お客様に喜ばれる商品開発>
@信頼の維持・向上               @お客様の手間を省く設計
Aかゆい所に手が届くサービス          Aトータルコストダウンの提案
B営業マンを中心として全従業員による営業活動  B時代の要請に基づく商品開発
                        C情報収集と展開
                       Dネットワークによる技術開発

「今後のマーケティングの取り組み」
@マーケティグン目標の設定・・・目標とする具体的数字の設定
Aセグメンテーション・・・顧客層の切り分け
Bターゲティング・・・どのような顧客層にアピールするか
Cポジショニング・・・提供する商品が消費者の認知の中でどのような位置づけになるか
D商品コンセプトの設定・・・顧客にどのような幸せをもたらすか
E整合性の確認・・・BCDの整合性
F−1 製品戦略・・・製品の検討
F−2 価格戦略・・・価格の検討
F−3 チャンネル戦略・・・流通ルート
F−4 プロモーション戦略・・・販売促進、広告宣伝
G4Pの整合性の確認・・・F−1〜4の一貫性





以上、レジュメより抜粋させていただきました。

とても素晴らしい正に活動真っ只中、緊張感と真剣み溢れる活動報告をIMARI兜汕芬ミ長様よりしていただきました。

おそらく今回のとじき塾参加者全員が感じられたと思います。
こんなにもレベルの高い改善活動をなさっているのか!!と・・・・。


新商品も他に無い商材をいくつもお持ちになっており、中小企業から中堅企業へと向けての焦点も定まっておられるようです。


福井社長様の発想も、類を見ないような発想でした。
さすが!!成長企業は違う!!!って感じでしたよ!!


IMARI鰍フリーダーとして、ずしっと少しもブレない図太い信念の下、社員の幸せを守り、成長を見守っておられるんだなぁと感じました。
福井社長の体の中から湧き出てくる経営者としての熱き熱き情熱と人に対する優しさ、厳しさに感動しました!!!




今日は貴重なお話本当にありがとうございましたm(__)m











posted by kagami at 00:11| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | とじき塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。