↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年09月20日

資本金いくらにします?

こんばんは。
今日のお題は、資本金について。
最近、新規に会社設立される方のご相談が多いです。
その時、必ず『資本金』の話しがでますが、皆さん共通して言われるのが、「後で戻してもらえばいいでしょう?」という言葉です。
形式だけ資本金を入れて、登記が済み口座開設が出来たら、預金から引き出します。
実際、多くの中小企業がいわゆる見せ金出資をされています。そのせいで、現在、金融機関との取引が厳しい状況になっているところも多くあります。
昔は安易にこういう方法で自己資本を増やしておられたんですよね。
しかし、無意味な結果となっているケースが多いのではないかと思います。
「資本金」の相手科目は『代表者貸付金』になり、これは金融機関から見ると“不良債権”とみなされます。実質「資本金」になっていないことはわかりますよね。融資の際や決算後に金融機関からしつこく聞かれますよ。「後で返してもらう」ことを前提に出資することは、わざわざ思い荷物を背負って経営をスタートすることになります。それがどれだけ不利になるのか。
実際に出資できる金額で資本金の設定をされる事をおすすめしております。
無理しても(見栄を張っても)すぐに実態はわかってしまいます。経営者は正味の自己資本を増やしていくことを目標に頑張っていってほしいです。


posted by kagami at 22:17| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。