↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年09月27日

執着

みんな経営者は自分の会社の経営を維持していくのに必死です。

私は仕事を通じて、そういう経営者の「顔」をたくさん見ています。

しかし、その「顔」の下にある「信念」たるものは何なのかと思うこの頃でございます。

自分のため?
家族のため?
社員のため?
お客様のため?
社会のため?

日本全体が『CHANGE』の言葉にせっつかれてか、政権交代も実現し、新たな時代への一歩が今開かれました。
過去にこさえた諸問題もありますが、国民全体が「とにかく今までと一緒じゃいかん!」と出した結論ですから・・・。

と、ちょっと経営とはソレてしまいましたが、何を言いたいかといいますと、経営も『CHANGE』の時期にきているというのに、まだことの原因から目を背け、自分の利益(一部の利益)の維持に執着している
方がおられるようです。

かつて築いた功績を堅持することのみ執着し、そこにはもう『誰の為の商売』なのかという「信念」は微塵にも見られない。
お客様や社員の気持ちを無視し続けていくことがどれだけ恐ろしいことになるのか気づいておられないようです。
その兆候が出ているにも関わらず・・・。

そう、全ての基準は「お金」ですね。
とにかく、今入ってきている「お金」を守っていきたい。
「お金」は大切です。
確かに、経営者だったら「お金」に執着するのもわかります。

しかし、「お金」が入ってきていることが当たり前ではなく、提供したサービスに納得していただいたお客様が支払ってくださるからこそ、社員全員が頑張ってサービス提供・品質の維持向上をしているからこそが、その源泉となるものであって、それは常に安泰ではなく張り詰めた緊張感と努力によって維持できるものだと信じています。
そこに執着すべきではないかと思います。
そう、「お金」に執着するのではなく、それを作り出す「プロセス」に執着し続けていくことが経営者としての使命ではないかと思います。


理想論かもしれませんが、結局いろんな判断基準が「お金」になってしまうと、当然自分の周囲の環境も「お金」で作られたものになってしまい、そこには真の人と人との『つながり』は存在しません。
「お金」は結果です。
だから、それが変動する原因というのは、その前段階の「プロセス」にあるので、真摯にその事実と原因を受け止め、行動改善へと繋げていく必要があるはずです。


今自分がいる場所が、上から降りてきた場所か、下から上ってきた場所か、同じ位置にいる経営者でも、明日、1ケ月後、1年後、3年後、自分がいる場所がどう変化しているのか・・・・。



さて、雇用関係を信頼関係と勘違いしている経営者が沢山おられますが、組織力を高め時代に呑まれない企業体質になっていくためには、結局は「人と人との信頼関係」(自分と社員、お客様、取引先、家族との信頼関係)を築くしかないのだと痛感します。


経営は、長距離走みたいなものだと思います。
しかも、フルマラソン級の長〜い距離を走り続けなければならないです。
こつこつ、焦らず辛抱強く基礎体力の厚みを積み上げていくことが、その長い道のりを走り続けるためのコツになっていくのでしょうか。


バブル期の、右むいても左むいても、黙っていてもとにかくお金が簡単に動かせた時代に築いた“結果”としての「お金」が、今も継続して収入として入ってきているかもしれませんが、その「お金」は本当にお客様が今も納得して支払って下さっているものであるか・・・。
お客様の本当の声が耳に入っていているか・・・。
社員の本当の声が入ってきているか・・・。
これは、経営者として一番関心あるところではありませんか?
私も、これはいつも自分に対する戒めとして捉えています。


執着=守り
と考えます。
本当に守りたいものは何なのか?
それが、世に(人に)認められていくものか、個人的なものか。

経営者として立つ以上、前者を目指してこの人生を全うしたいものです。
(若輩者が大きな事を述べてしまいましたが・・・)
「青年よ大志を抱け」です!(^^)v

今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





ラベル:利益 経営 信念 お金
posted by kagami at 17:37| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
4YWctbc0
Posted by hikaku at 2009年09月27日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。