↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2009年12月19日

「どこかで人は跳ね返さないと、人間でなくなってしまう!」

こんにちは。

今月は、土曜日もみんなで出勤しています。

さて、お昼ご飯を近くのうどん屋さんで食べようと、一人で店に入ったところ、入り口自動ドア手前のベンチに70代前半ば位のおばあちゃんが座っておられて、私が店に入って、待ち客用の名前を書くプレートに自分の名前を書いたのを見るや、「あなた、しょっちゅう来るの?」と、声を掛けてこられました。

「いいえ、たまに来るくらいです。」
「あら、そう。名前を書くのに手慣れているようだったから・・・。」

「あぁ、そうですね。このお店は週末はいつもお客さんが多いので、いつも名前は書いていますので・・・」

「家族連れが多いわね。お昼くらい家でご飯作ればいいのに。」
「そうですね。今は、“週末くらい”外で食べたいっていうのがあるのかもしれませんね。ココ、安いし・・・」

「今の母親は簡単に外食したり、弁当やインスタントやレンジでチンだけの食事を子供達に食べさせたりで、子供達自身も“自分の母親の味”っていうのをどれだけ知っているのか・・・・。」
「そうですね。つい、私達も便利さに甘えて手間をかけることをしないというか、そういう世の中のサービスや商品を求めてしまいますね・・・(^_^;)」

「要らぬサービスが有りすぎる!資本主義の下ではしかたないかもしれないけれど、そこをどこかで自分達が跳ね返さないと、人間が人間でなくなってしまうよ。」
「(おぉ!このおばぁちゃんは、何かスゴイ事言っているな・・・。)・・・そうですね。」

と、こんなやり取りをしている内に、店員さんから私達の名前を呼ばれました。私達がお話していたせいか、テーブル席に案内されてしまい、「では、一緒に食べましょうか?」「あら、ご縁がありましたね。」と、それぞれうどんを注文し、向かい合っておしゃべりしながらうどんをいただきました。

いろんなお話をしてくださいました。

70代半ばに見えるこのおばぁちゃんは、若い時は製薬会社に勤められていたようです。ちょっときむずかしそうだけど、キャリアもかなりありそうで、話される言葉などがとてもしっかりしていて、専門用語や横文字も出てきたりと“何者なんだ?このおばぁちゃんは・・・?”と興味がわきました。
政治経済にも詳しくて、ヨーロッパの政治や社会政策なども話してくださいました。
また、第二次世界大戦のことも少しですが話して下さいました。
今の経済や教育についても、お互いに話しました。

うどんを1杯食べ終わるまでのわずかな時間でしたが、見知らぬおばぁちゃんとのお話に、私もちょっとワクワクしました。


でも、しょっぱなに「どこかで人は跳ね返さないと、人間が人間でなくなってしまう!」と言われた言葉がとても印象的でした。
これからの社会をとても危惧されていました。


「あなた達はまだまだいまから10年20年とあるんだから、あなた達にがんばってもらわないと・・・。頑張ってください。年寄りの話につき合ってくれてありがとう。」
「はい!ありがとうございました。」
と言って分かれました。



なかなか、こんな出会いはありませんが、この出会いに感謝し、あのおばぁちゃんが危惧していたような社会にならないよう、“効率主義”“利益主義”に行きすぎないよう、私達自身が本来の人間の力を発揮し合い、人に厳しく優しい社会を目指して生きていかなくてはならないな・・・と思いました。

おばぁちゃん、ありがとうございましたm(_ _)m



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ






posted by kagami at 16:35| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。