↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2010年02月05日

何にも知らない・・・・

こんばんは。

今日、いやもうちょっとで昨日になりそうですが・・・、この記事がアップされるころには昨日になっていますね。

では、「昨日」は、旧暦での1年の始まりだそうです。
ご存知でしたか?

お恥ずかしながら、私は全然知りませんでした。
節分について⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

その前日の豆まきは、小さい頃に保育園や小学校、両親・祖父母から

自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもある。豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある

wikipediaより

ということは聞いていましたが、「1年の終わりの日」ということは知りませんでした。

易学は、2/4〜翌年の2/3を1年とされているんだそうです。
これまた全然知りませんでした。


顧問先のお母様で、易学を学んでおられる方がおられます。
2/3の節分の日にその方とお話して、そういうことを教えていただきました。

その方は人形作家で、現在ギャラリー喫茶での個展の最中なので、作品を見にいった時にお話させていただいたんです。

今の日本を憂いておられました。
「経済成長後、人やモノ・サービスが多様化し、またグローバル化し、「古き良き日本」というもの、先人から引き継いだ文化や思想が消えかかっている。人々の中に伝承されていっていない」と言われていました。

「外国の真似ばかりしていっている。日本という国には、諸外国にはない素晴らしい伝統や思想、文化があるのに、外に外にと日本国民は自国への関心度があまりにも低すぎて、いろんな伝統・文化などの本当の意味を理解していない。外国人の方が日本への関心度が高い。外ばかりではなく、自分達の国というものを、中へ中へともっと深く探求し、先人からずっと大事にしてきたもの・事を受け継いでいかなくてはならない。」とも言われていました。

なるほど・・・。そうですね。私も何にも知りません。
ひな祭りの季節に飾る段飾りの雛人形にも深い意味があるんだそうです。

自国のことを知らない国民(親)の子は更に自国から離れ、国の財産の承継ができなくなりますね。

教育の根底には、国としてのこのような先人から脈々と受け継がれてきたものがなければ、日本人としての個性が生まれないのではと思います。
ただ単に、グローバル世界での存在感を保つため他国の真似だけでは、日本人として、諸外国へしっかりと自己主張できなくなってしまうのでは・・・とも思います。


諸外国のTOPの言動には、明確な自国の主張が感じられます。
日本は、それが弱いような気もします。

そういう流れになるのは、今、日本自体が空洞化しているのでは・・・なんて、一人で思っています。


どうですか?
人生の先輩方、同年代の方、年下の方、このままでいいのでしょうか?


だからといって、すぐにどうのこうのとはいきませんが、でも、私個人としては、自分自身のこういう事への関心の低さにショックを受けたし、親としても「こんなんではいかん!!」とも思いました。

親として、大人として、日本人として次世代へ引き継がなければならないものを、もっと目上の方々に学び、その使命を果たせるようにならなければならないと強く感じました。


仕事の事、家庭のことなどいろいろとみなさんやるべきことがあると思いますが、こういう事も一つの使命として捉えていくべきではないでしょうか・・・。



ほんとに、自分自身が恥ずかしいです。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


posted by kagami at 00:37| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。日本の行事はことごとく忘れ去られていきます。娘がいますが一歳前に歩くと、一升の米を背負わせますよね。それもしました。そこまでして育てた娘に最近こういわれました。「何で7日に、おかゆ食べるの?」何かとてもがっかりしました。あれは、色々といわれは有りますが、本質は、正月で疲れたお腹を休める人間の知恵だったのですよね。もう一回りもすると日本は全く変わった国になってしまいそうです。こういう行事は日本人の心の「ゆとり」の表現だと思います。社会のグローバル化はいいけれど心のグローバル化はいけないですよね。
Posted by ロレンス at 2010年02月06日 07:27
ロレンス様

ありがとうございます。

真剣に、親として、日本人としてこのままの自分ではいけないな・・・と思いました。
何にも知らないです。
ホントに・・・。

子どもたちに胸を張れないですよね。

「知る」ことを意識していこうと思います。
Posted by 火の国の女 鏡 at 2010年02月07日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。