↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2010年02月11日

『残骸』

こんばんは。

今日は、仕事でした。

ある中小企業の再生で今動いています。
が、厳しいです。


今日は、そのことで一緒に動いていただいている方々との具体的な方向性に向けての打合せでした。


その中で、何故再生が必要になったかというところで、二つ。
一つは外部要因があります。
もう一つは、経営者が会社を私物化しているということです。


「おれの会社だから、おれの自由にしていいじゃないか。」ではいけないのです。

会社と個人は別ですよね。

当たり前のことですが、しかし、このシンプルな事が結構浸透していないのが、中小企業なのかな・・・・と最近つくづく感じてしまいます。


成長していく企業は、成長していく理由がちゃんとあるし、衰退していく企業はその理由がちゃんとあるということです。


「残骸」ということばが打合せの中で出てきました。
そうです。
「経営は残骸だ」と、今日の打合せメンバーのある方が言われました。

あぁ、そうだなぁ・・・と思いました。



「残骸」がどういう状況なのか、経営者はきちんと認識する必要がありますね。



今日の打合せでは、財務状況の確認がメインでした。
選択肢はかなり少なくなりました。
厳しいです。

生きるも死ぬも痛みを伴いそうです。



でも、何とか繋いでほしい!
切に願います!!





今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




posted by kagami at 19:59| 熊本 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
直接は関係ないことですが、たとえば、足利という栃木の街みたことありますか。絹などの産業はとっくに衰退していて、他に産業がほとんどありません。店も三軒に一軒は閉じています。街自体が残骸です・・・・
Posted by ロレンス at 2010年02月12日 04:47
ロレンス様

コメントありがとうございます。

そうなんですか。正に「残骸」ですね・・・。

日々の経営の中で、「残骸」も「資源」もごっちゃまぜになっているので、経営者自身が「残骸」を軽く見てしまっているのでは・・・と思いました。

段々と「資源」が減り、「残骸」だけになっていくと・・・・足利の街みたいになってしまうのでしょうか・・・。


Posted by 火の国の女 鏡 at 2010年02月12日 15:54
経営が残骸?

今日はこの意味を考えながら寝ます。
初心者ですみません。。。
Posted by enomachichan at 2010年02月13日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。