↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2010年04月05日

『地産地消』

こんばんは。

今日はお昼休みに社内で話題になったことをとりあげました。

最近熊本でも外国人の方が普通に働いている姿を見ます。
先月、パソコンが壊れたので、Dellに電話して注文した時も中国人女性が対応してくれました。
それも、流暢な日本語で、名前や住所などの漢字を説明するのにも、まったく問題もなく、とても親切に対応してもらいました。

最近、飲食店でも日本人でない店員さんがやたら多くなりました。

福岡もコンビニの店員さんは外国人だったし、熊本の田舎のコンビニでも白人さんがカタカナのネームタグを付けて普通に働いていたと社員が言っていました。

日本人のみなさん、ただでさえ、就職難なのに、そこに外国人さんが入ってきて仕事を得ているこの状況はどう思われますか?

仕事は山ほどあります。サービス業や介護職など、選ばなければ・・・。

失業保険をもらって遊んでいる人もいます。

仕事を得、真面目に頑張っている外国人の方の給与待遇はどれだけのものかわかりません。

きつければすぐ辞める、ちょっと注意されたりすると辞めるなど転職を繰り返す人、職を得るためのスキルアップの努力もしないで応募してくる人。
日本人はどうも甘えすぎでは・・・と思わざるをえません。

雇用する側は、会社の利益に貢献してくれそうな人など自社にとって有益な方を採用するのが当然だろうと思います。
もう、熊本でさえ、その対象者を日本人に限定しなくなったということであれば、求職者の日本人のみなさんは危機感を持たなくてはならないと思います。


食材なんかは『地産地消』という言葉が使われていますが、経営資源の一つである「人材」も『地産地消』でないと、本当の意味での地域活性化にはつながらないと思います。


単に、企業利益を優先するならば、「安くていいものを使う」的発想になってしまいます。




我が子たちが大人になって社会に出るときはどうなっているのだろう・・・とちょっと心配になりますね。




いろんなその地域地域の『資源』を『地産地消』で循環させていきたいですね。

そのためには、もっと日本人が頑張らないといけないと思います!!



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





posted by kagami at 20:10| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。