↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2010年10月08日

秋は税務調査の時期!

こんばんは。


最近、日が暮れるのがほんと早くなりましたね。

それに、あんまり言いたくないですが、

今年も3ケ月を切ってしまって、なんとなく気が急かされるというか、年末が近づいているな・・・と思うと精神的に追い込まれてきているのは気のせいでしょうか・・・(^_^;)




さて、秋は税務調査の時期といわれています。



相変わらずの不景気で、じりじりと経営が追い詰められてきているのが、顧問先の数値を見ると良くわかります。

なかなか自己資本を積んでいけない企業が多いです。



ただ、たまたま業績が2期連続でよかった企業がありまして、その会社の決算に向けての準備を今回は慎重に行いました。



業績が良かったのですが、それまでの経営が悪かったので、不良債権化したものが沢山ありました。
今回の決算では、この不良債権の処理に力を入れました。


銀行からも、「この辺のわけわからないものは・・・」と固定資産に計上している「長期売掛金」や「長期貸付金」についても指摘があっていたので、明確に会社の意思表示をしようという方向性で取り組みました。



法的措置をとるものと、放棄するもの、再度先方に取立てに行くものと3パターンに債権を振り分けました。

現在、二代目社長さんがきりもりされているのですが、あまりの多さにびっくりしておられました。
しかし、現実的に回収の可能性があるものが少なかったので、ほとんど価値がない債権をいつまでも大事に持っていてもしょうがないので、ここは、自己資本は減りますが、思い切って債権放棄をしてもらい、不良債権の圧縮を図り、決算書の数字を対外的にも評価を得られるようにしようと作戦をたてました。

収益力がついてきているので、今がチャンスです!




さて、利益が出ているのに、法人税の納税が少ないと、税務署が調査に来る可能性はかなり高くなります。


なので、何度も事前に作戦会議をやりました。



今回、貸し倒れ処理する債権がかなりあります。


貸し倒れにできる要件というのが決まっています。


今回採用するのは、法的整理で今期破産確定し割り当て以外の部分(回収不能になった部分)を貸倒損失で処理するものと、こちら側から「債権放棄」をするものと2種類あります。


(そのほかにも要件がありますが、詳しくは税理士さんに聞いてください。)



で、要注意なのは、「債権放棄」です。


債権放棄に至るまでの経緯がわかるものを残しておく必要があります。



また、決算日までに相手先へ「債権放棄」を通知しておかないといけません。


それを書留か内容証明で残しておくことが必要になります。



社内書類として『稟議書』が必要です。
※これまでの経緯と、放棄することに対する社長の承諾がわかるようにしておく

債権放棄通知書や稟議書は、インターネットで無料で書式をダウンロードできます。






気をつけなくてはいけないことがもう1点。

むやみやたらに「放棄」はできないということです。



回収不可能と判断される客観的根拠が必要です。
回収可能性があるのに、十分な取り立ての努力もせず、安易に放棄をすることは、相手に経済的利益をあたえ、こちらは「寄付」ととらえてしまうからです。

「寄付」はほとんど経費になりませんので。



なので、なぜに「放棄」に至ったかというものを資料として必要になります。
(稟議書にそのことを表示させておくとイイ。)




数字の中に潜んでいる「不良債権予備軍」にも注意してください。



こういうもの(不良債権)を優先的に処分してください。
自己資本は減りますが、決算書の貸借対照表やキャッシュは良くなります。



利益が出そうだからといって、支出することばかりでは、ぜんぜん手元にお金が貯まらなくなってきますので・・・。



結構ありますよ。不良債権を抱えた会社は・・・・。





『貸し倒れ処理』は事前準備をきちんとやっておくと、かなり有効に使えますので。










税理士さんをフル活用して会社にとってより有効な方法をとってくださいね!







posted by kagami at 01:06| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
話は全く関係ないのですが、
最近よく、100均を覗きます。
その品物の豊富さに驚きます。

いいものを作って、またそれを売る・・・。
これも大切なことなのでしょう・・・。

でも日本の産業は、今非常に複雑ですね・・・。
100均など、デフレを地で行くようなものです・・・。

でも、100均といっても、粗悪な品物など最近は
あまりありません。
さすがに食べ物には少し抵抗はありますが・・・。
だから、100均で十分間に合うものは100均で済ませてしまいます。

それにお客さんが多いのです。
会計に列ができるほどです。
それに、店員教育も徹底しているのか、
対応も丁寧です。
分からないとすぐ教えてくれます・。

不景気が続くほどこの傾向は、強くなるようです。
消費するだけの世界は終わるのかもしれません。
Posted by ロレンス at 2010年10月09日 13:50
ロレンス様


ほんとにご無沙汰しておりましたm(__)m


「不況があるからこそ進化を生む」という記事を見ました。


平穏な日々からは、創意工夫は生まれないということでしょうか。


人間はどうしても身につまされないと行動できないんでしょうかね・・・(^_^;)

どんな世の中へと変化していくのでしょうか。
Posted by 火の国の女 鏡 at 2010年10月12日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。