↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2013年01月17日

つじつまが合っているか。

昨日、ある人材派遣会社へ行ってきました。

明日、派遣会社でセミナーをするので、その打ち合わせです。

今回は、時間が90分と短いのですが、やはり、参加する側には「お土産」があった方がいいので、
少し簡単なワークを入れることにしました。


人材派遣会社の研修生の皆さんへ向けてのセミナーになります。
これから就活を経てどこかの企業へ就職されて活躍してもらわないといけないので、
これからの日々が自分の想いとつじつまが合っていくように、今回のセミナーが少しでもお役に立てばいいなと思います。


私は、14年ほど人事も担当してきました。これまで、たくさんの求人資料に目を通し、面接をやってきました。そして、今の会社を作ってから、「自分の主観が一番当てにならない」と結論づけ、それからは、ずっと、某人材教育会社の採用試験とPCの実務試験で当社の基準をクリアした人だけを面接するようにしました。
そうすると、客観的な視点で見ることができ、求人に応募してくる人たちの傾向が少しずつわかってくるようになりました。

そんな中、一番強く感じたことは、履歴書に書かれていることがつじつまが合っていないということです。
一貫性がない、目先ばかり追っている、もったいない生き方をしているということです。

自分の人生について、どこまで深く、真剣に考えているのかな・・・と疑問に思うものも多々ありました。

当社の採用試験の基準をクリアし、面接をする方についても、ほぼ、そこの部分は指摘をして、かなりストレートに面接中にぶつけます。

面接時に話す自分の想いと、過去の事実がつじつまが合っていないと気付いていない人がとても多いように思います。
面接者本人にも尋ねるのですが、真剣に自分の人生設計について時間をかけて考えていないし、その考え方もわかっていないようです。
でも、目先の生活があるので、とりあえず、就職活動をし、採用され、でもうまくいかなかったり、嫌になってやめたりして、また、とりあえずの就職活動を何度も何度も繰り返しています。

30代になって、所帯を持って、40代になってもなお、まだ“とりあえず就活”を続けている人が沢山います。

これ自体が非常に自分の人生の時間=命を浪費していることにつながるのではないかと私は思います。


自分で立てたプランとつじつまのあった生き方をすることが、余計なことにふりまわされず、充実感を味わうことで生きる楽しみを感じれるのではないかと思います。

なので、求人の応募で履歴書と職務経歴書をみてももったいないな〜と感じることが多いのです。


一番残念なのは、誰もそういう事を本人に教える人もなく、気づかない本人は、同じことを繰り返し、自分の思うような人生をおくれないということです。

「気づく力」って本当に大切です!
社会に出たら、それが基本なのでしょうね。


なので、おせっかいババアの私は、せめて本人の役にたてばと、ズバリ「つじつま合ってませんよ」と指摘します。そして、本人の過去からもう一度一緒にさかのぼって、図に書きながら整理整頓し、今後の本人の進むべき道を一緒に考え、ある程度の方向性を見出します。後は、自分でじっくりまた見直してもらいます。

そうすると、ほとんどの方が、いっぱい指摘されるのに、初めてこんな事を言われたと喜んで帰られます。不採用になっても、わざわざお礼の電話をかけてこられる方もおられます。

私自身も、面接者の方と話をしながら、自分自身がつじつま合った生き方をしているか自分自身に問うています。
その時その時、何気に選択したり、感情的に判断したり、そもそもの自分の人生の目的を忘れてしまって決断したりすると、つじつまが合わないことに気付かず、ズルズルと違う方向へと逸れていってしまいます。
恐ろしい恐ろしいがく〜(落胆した顔)


と、いうことで、戻りますと(^_^;)、
明日のセミナーは、ぜひとも、研修生の皆さんがつじつまが合った生き方をなさるように、ちょっとした気づきを私からの「お土産」にできればいいなと思います。

頑張ります!!



posted by kagami at 11:13| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。