↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2007年10月14日

雇用関係

自分自信も“間違えてはいけない”と時折思うんでが、いろんな経営者との話の中で、どうも社員さん達を無視して経営者としての自分本位の考え方をされているんではないかと思うときがあります。

ある程度の規模の会社になると、経営者自身が会社の業務に直接的に関わらなくても社員さん達でまわしていける仕組みができていると思います。
現実問題としてそんな会社は、もはや経営者一人の力では維持できないレベルにきています。
そして、いつしか社員一人一人の思いや考え等が耳に入らなくなり、何か会社で取り組みを行ったりするときに、経営者の思い込みで

「ああ、あの人は大丈夫、ちゃんと私の思いは理解してくれているから。」
「あの人はこういう人だからきっとこっちの部署でもちゃんと仕事してくれる。」
「あの人は絶対私を裏切ったりしないから。」

なんて思いを突っ走らせてはおられないでしょうか。
しかも、“絶対”て・・・私は、“絶対”はありえないと思ってます。
たとえ、親子でも夫婦でもこの“絶対”に自分自身が甘んじてしまうと、相手の気持ちを無視して身勝手な行為をその思いこみを前提にどんどん積み重ねてしまう。
その間、その相手はどんな気持ちでいるのか、どんな思いを募らせてているのか。
そして、相手が限界にきて爆発、決別・・・

慌ててコミュニケーションをとっても後の祭り。

「裏切られた・・・」

この言葉もよく聞きますね、、、。

でも、この言葉、相手の方も同じように思っている場合ってないですか?
多分、相手もこちら側にいろんな期待を抱きながら毎日の仕事を自分なりに頑張っておられると思います。(まぁ、この“自分なりに”というのがね(^_^;))

でも、その“自分なり”のがんばりを無視され続けて、もう期待することに疲れてしまうんですよね。そして、もし決別しなくても、心ここに有らず、ただ、それなりに勤務時間を当たらず障らず過ごすのみ。経営者がどんなに呼びかけても、もう耳にもいれようとしない。

こんな社員さん、実際見たことあります。

おそらく、もう無理でしょうね。そこまでいったら。

日本が経済成長を遂げ、平和ボケしているとまで言われる現在、昔のような“雇用主の絶対的強さ”は今や存在できないと思います。

テレビで出てくるドラマの中の大きなお屋敷の旦那様と奉公人のような関係ではこれからの時代、生き残れないのではないでしょうか。
最近、ニュース等で突然大手企業や名門老舗企業の不祥事(賞味期限改ざんなど・・・)、また政治家の資金管理団体の経理処理等やお金に絡む問題等、かなり内部に詳しい人物からの情報でないとあり得ないことですよね。そして、階段を転げ落ちるように一気にものすごいスピードで企業は転落の道をたどる・・・。そこまで会社が発展するにはかなりの苦労と時間がかかったろうに・・・。あっという間です。

ほんとに、怖い(T_T)

“企業は人なり”
社員さん、末端のバイトの方も含めて企業を構成している大事な方です。ここ(会社)に集まってきている方々との間には、“雇用関係”はまず真っ先にあり、そのため(生活のため)に集まってきています。経営者のためでも、会社のためでもありません。

それを、雇用関係=信頼関係とすぐに置き換えてしまっておられるのではないかと疑う時があります。

そこ(会社)に集まり、自分の時間を提供して、その分の見返りに給料をいただく。当たり前のことです。
そして、「もっと売上をあげろ。成果を出せ。」と言われる。

誰のために?

会社のため?経営者のため?
・・・ひょっとして、自分たちのため?
だって、どんなに頑張っても自分達には関係ない。
今までと同じだよ。結局俺たちを自分達のためにただ利用しているだけさ。なんでわざわざそんなことしなくちゃならないわけ?
ばかばかしい。必要以上にエネルギー使って損するのは目にみえているよ。

なんて声が聞こえてきそうです。

こんなこと思う人は、できの悪い社員でしょうか。
けっしてそうではないと思います。
最初はいろいろやる気に満ちて頑張っておられたと思います。
自分なりに(^_^;)

こういう社員さんがいる会社って、大変ですよね。何かと・・・。反対派にたったりして改革の邪魔というか、やりづらくなるというか。

でも、好きでそうなられてのではないのでは、、、と私は思います。
ただ、もうそういう思考人間になってしまったら、その思考を覆すようなよほどの事で心動かされない限り、元の様に戻れないでしょう。会社の成長のため、やむなくその方を排除せざるを得ないかもしれないでしょう。
でも、また新たに第二の排除者が存在するかもしれません。

なぜ、“頑張ることが自分のためになる”のか、
この“疑問”に対して納得のいく説明をし、そしてその結果をどう自分たちに返してくれるのかを、口先だけでなく目に見える形にし、きちんと約束を果たしてくれる。

この行為が、社員が経営者に対し“期待に応える”ことに繋がるし、また経営者にとっても社員の期待に応えて約束を守っていくことで、雇用関係が信頼関係に時間をかけながらじわじわと変化させていくことができるのではないでしょうか。

人間関係もそうですよね。
そう短時間で人との信頼関係は築けないですよね。

社員はいつも経営者を見てます。

これを読んでいろいろご意見あると思います。勿論、反論も有ると思います。
でも、私はこう思うんです。

“雇用関係は信頼関係ではない”

この言葉を頭に叩き入れて、普段の自分の行動やスタッフの気持ちに配慮をしていこうと思います。
信頼してもらえるためには自分がどうあるべきか、
このブログを書きながらしみじみ考えてしまいました。

我が社のような超零細企業は、スタッフ一人一人の存在が非常に多きいです。私一人ではやっていけません。
いろんな家庭環境、生活環境、価値観、性格、能力の差は一人一人有りますが、でもみんな大事なスタッフです。
私はまだまだ皆さんの期待に応えてはいないでしょうが、早く“雇用関係が信頼関係”に変わるよう行動を一つ一つ積み上げていこうと思います。
これからも、いろいろご迷惑をお掛けしますがこんな私をどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m


長々となりまして・・・。
最後までありがとうございます。

今日もあなたの1クリックをおねがいします。


ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!

女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社
長へ
  





ラベル:社員 経営者
posted by kagami at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。実践マーケティングプログラム1回目で参加させて頂きました「よん」です!遂に始められたんですね!いや〜、何か僕らのブログより精度が高い!!なんか、ヤバイっすね(笑)ちょっと、僕らも気合を入れて頑張ります!こちらもリニューアルを考えているのでお楽しみに!!今後ともよろしくお願いします☆
Posted by よん at 2007年10月15日 09:41
よん 様

あの“よん様”みたいですね(^o^)

お久しぶりです。
いえいえ、私は皆さんの取組みに影響受けて始めてますから、皆さんが大先輩ですよ。

これからも、皆さんの頑張りをエネルギーに替えてもっと充実させていきたいです。

宜しくお願い致しますm(_ _)m

火の国の女 鏡
Posted by 火の国の女 鏡 at 2007年10月15日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。