↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2007年12月17日

迷子

昨日、立ち寄ったディスカントショップの駐車場で、車で帰ろうとした時、3才になるかならないかぐらいの男の子が、「ママー!!ママー!!」と大声で泣き叫びながら駐車場内を走り回っているのに気づきました。
心配だったので、ママはすぐみつかるかなぁと、車を止めてちょっと様子を見ていました。
その子の側を歩いていっている大人達は、ちょっとその子を見る程度で、声も掛けずそのまま知らんぷりで歩いていきます。
「大丈夫かな、母親はどこにいったんだろうね。」と心配になったので、主人に見に行ってもらいましたが、どこに行ってしまったかわかりませんでした。
それでも、何だか気になったので、1周駐車場を回ってから帰るように主人に頼んでぐるっと回ったんですが、泣いている声は一瞬聞こえましたが、姿が見えず、きっと母親の元にいけたんだろうと信じてその場所を去りました。
母親になって、こういう場面に遭遇すると、心配で心配でたまりません。(T_T)

2つ思いました。

1つは、子供を置いていった母親のこと。
つい、買い物やちょっとした用事を済ませるのに、車に乗せたままにしておくことは私もたまにあります。勿論外から必ず鍵を掛けていきますが、でも、できるだけしない様にしてます。
最初、一人目の時はやってました。今はすごくかわいそうなことしていたなと反省しています。
わかんないんですよね・・・。その時は。そんなに深く考えないんです。自分の行動を・・・。
いろんな事が・・・、今思うと、本当に母親としての自覚が全然足りてませんでした。自分本位な行動ばかりしていたなと思います。子供は意思表示ができませんから、それを自分の都合良く解釈するんですよね。特に、周りに自分の親なんかいなくて、核家族で生活している場合、なんでも母親一人でやらないといけないので、その辺の加減というか、”これは絶対にダメ”ということと、“このくらい大丈夫”が段々区別できなくなって、段々そういう事しているとその内に、判断基準が子供の安全等ではなく、自分の都合になっていくんですよね。
さすがに、子供だけを家において仕事に行くとか、出かけるということは考えられませんが、つい数日前も、両親は二人とも子供を置いて仕事に行っていた中、火災で小さな子供二人が焼死したニュースを見ましたが、こういう浅はかな考えがエスカレートしていった結果だと思います。上の子供はたしか、3才だったと思いますが。3才はまだまだ、子供だけで置いておくような年ではありませんよね。
近所に頼れるところがなく、核家族のご家庭で、母親が仕事をしている場合は、加減というか、“つい”を気をつけないといけないですよね。

もう1つは、泣いていた子の周囲にいた大人達の行動です。誰も、「どうしたの?大丈夫?」など声をかける人がいない、3才ほどの小さな子供が助けを求めているのに、手も差し伸べてくれない今の世の中、これが現実なんでしょうか。上の子が小学校に入学して、「地域で子供達を守る」ということをききましたが、これじゃ、守れないですよね。自分が親となって、その心配をするようになって初めて分かりました。私の小さい時は、近所のおじちゃんおばちゃんが、うざい位にいちいち声をかけてくるので、「嫌だなー」と時々思ってました。そして、ちょっと寄り道したりしてたら、「早く帰んなさーい」と遠くの田んぼから近所のおばちゃんからのお叱りを受けてたものです。今思うと、近所で子供を見守っているという感じでした。
昔は、いちいちこういう事を呼びかけなくても、親同士、近所同士でこの環境を維持できるお互いの関係を築けていたんでしょうね。
自分の子も他人の子も関係なく、地域の子供を親たち(大人達)が守っていたんだと思います。
私たち現代の親たちは、どうやって子供の安全を守っていくのか、泣いて困っている子供達を助けることができるのか、しっかり考えないといけないですよね。“我が子さえ”ではいけませんよね。
今の子供達は、大人達に(地域に)甘えられる、頼れる場所がないのかもしれませんね。
かわいそうなことです。
そして、とても心配です。
小学校のPTA役員もしているので、いろいろと考えてしまいます。
親として、地域の大人として子供達に恥ずかしくない行動をとっていきたいです。


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


ラベル:
posted by kagami at 14:08| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。