↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年01月08日

恐ろしい中国!?(>_<)

1月6日に、テレビ朝日で「素敵な宇宙船地球号」を見ていてゾっがく〜(落胆した顔)としました。

たぶん、この番組を見られて私と同じように感じた方が沢山おられると思います。
急ピッチな開発が進む中、中国の環境被害がテレビで幾度となく放映されてきましたが、こんなにもひどいものかと本当に驚きでした。

私は、今もスーパーでの食品の買い物は極力国内産を購入してますが、この番組をみたら、口の中に入れるもの(食品や健康食品)や肌に直接漬ける化粧品等は、絶対に中国産は買わないぞ!!ちっ(怒った顔)と思いましたね。


最近は、産地偽装も横行しているので、一般消費者としては何を信じて良いのか全くわかりませんよね。
売り手側の提供する情報がどこまで信用できるのか、とても不安です。
↓↓↓↓↓↓↓↓
売り手側は、商品や材料等の情報公開を積極的にやってほしい!!
その際、仕入業者に丸投げの商品・材料管理を止め、自社の責任の下に、自社でのチェック体制をきちんと確立し消費者へ安心を与えられるよう、消費者が分かり易い形で示して欲しい!!

・・・と思います。


昨日、会社のみんなでLUNCHしに行ったお店は、地元の農家から直接仕入れた野菜等食材で、女性が好きそうな、体にも良さそうな料理をバイキング形式で食べさせてくれるお店なんですが、生産者の顔写真付きで料理の前に掲示してあるのも、安心していただけるし、「地産地消」もできるし、こういうお店はついリピーターになってしまいます。もち!味も雰囲気も値段もぜーんぶにOKexclamation×2です。
おかげで、食べ過ぎふらふらてしまいました。

飲食店は、食材等の値上がりで、使う材料等をいろいろとやりくりされていると思います。また、食材以外の経費の値上げも今後利益を圧迫していていくことでしょう。必然的に“前年と同様”の経営方法では利益やキャッシュの状況も“前年と同様”にはならないですよね・・・。
この原価や経費の上昇分をどこで賄っていくのか・・・、個々のお店の状況によってどこまでこのようなリスクを保有していくのかしっかり見極めていかないといけないでしょう・・・。


でも、これって私たちの一般消費者の家計にも同様な状況になってくるかもしれません・・・。って、おそらくそうなっていきますよね・・・。
今年の景況感はやはり悪くなったし、そりゃ、出来れば国内産を買いたいけど、お財布の中をみたら・・・、えーい、中国産の安い方で!なんてことになるかもしれません。

中国産を目の敵にするわけではありませんが、こうもいろんな悪い方面で中国の名前が出てくると、気にせずにはいれませんよね・・・。

ドブ川状態の水(汚水)を生活用水や農業用水に使用している現地の住民には、肝臓の病気になる方が多くいたりと人体に影響も出てきており、その川の魚も大量に腐って死んでいたりと、もう信じられない映像です。
にも係わらず中国政府の優先順位は・・・。



年末も、環境に関するテレビが多く放映されましたが、これらの番組にも同様にショックを感じました。

全部私たち人間の行動によってその影響が循環し、また自分達人間に戻ってきています。

この行動の元になっているのは、“人間の身勝手な欲”ですよね・・・。

こんなにも便利な世の中に住んでいる私たちは、どうやってこの欲を抑えられるのか・・・。便利な家電が増えて、パソコンも普及して、ワンセグも使えて・・・。きれい・清潔・カッコイイ(カワイイ)・快適な生活環境の中で生活したい、でも環境問題はどうする?
今世界中で声を大にして言われていますが、正直私たち人類は原始的な生活へと戻ることができるのだろうか・・・。
ちょっとでも不便になると、えー!と不満を漏らすようだったらふらふらですね。

きっと今の自分は便利な生活に慣れてしまって、辛抱した生活なんかできないでしょうね・・・。

反省ふらふらです



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ






ラベル: 働く女性 主婦
posted by kagami at 15:04| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。