↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年02月05日

「1:29:300」

ブログをちょっとお休みしてました。
ここんとこの寒さでか子供の体調が優れず病院通い等が続きました。
嫌ですね・・・。早く暖かくなって欲しい・・・(>_<)

さて、「1:29:300」は、ご存じの方もおられるでしょうね。

先日、顧問先の事務員さんと電話でお話していて業務中の事故があったとのことで、この数字を思い出しました。

ハインリッヒの法則です。

ハインリッヒの法則 概要
法則名はこの法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(1886〜1962)に由来している。彼がアメリカの損害保険会社にて技術・調査部の副部長をしていた1929年11月19日に出版された論文が法則の初出である。

彼は、同一人物が起こした同一種類の労働災害5000件余を統計学的に調べ、計算し、以下のような法則を導いた。「災害」について現れた数値は「1:29:300」であった。その内訳として、「重傷」以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こり、300件もの「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていたことになる。更に、幾千件もの「不安全行動」と「不安全状態」が存在しており、そのうち予防可能であるものは「労働災害全体の98%を占める」こと、「不安全行動は不安全状態の約9倍の頻度で出現している」ことを約75,000例の分析で明らかにしている(詳細はドミノ理論参照)。なお、ハインリッヒは「災害」を事故と事故を起こさせ得る可能性のある予想外で抑制されない事象と定義している。
『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

今回の電話でのお話では、労災事故ではありませんでしたが、お客さまを怪我させてしまったんだそうです。
金銭的なものは保険で対応されたそうです。
でも、このハインリッヒの法則を考えると、1つの事故の裏に29件の大事には至らない事故があって、それ以外にも300件もの「危ない!!あー良かった〜ダッシュ(走り出すさま)」があったとしたら、どう思います?
あくまでも、こじつけかもしれませんが、この法則を完全に無関係な物とするわけにはいかないんじゃないかなと思います。
安全管理は、利益云々の前にきちんとその維持管理に力を入れて取り組まないと、1つの事故が会社を吹き飛ばすくらいの大事件にもなりかねませんものね・・・。

これまで、お客さまの所でこういう事故や労災事故の話を聞いてきました。そして、非常に気になるのが、その後、その会社の対応はどのようにされたのだろうということです。
で、お聞きしたら、金銭的な部分は保険等で処理をして、社内での今後の対策に関することは意外にもあっさりされているので、「えーー!!そんなんでいいのかーー!!!」とものすごーく納得いかない事が多いんです。
当然、この事故に対するミーティングはやられているようですが、具体的な予防策の取り組み(意識改革も含めて)は何もされていないんです。「今後気をつけよう」で終わっているんです。

目先の仕事に追われているのはわかりますが、何にも教訓になっていませんよね。
ただ、「みんなで気をつけよう」では・・・。
この言葉、聞こえはいいんですが、でもよくよく考えたら、あまりにもアバウトすぎませんかね・・・。

労災事故にまではいかなくても、たとえば、建設業では現場での破損事故や手直し工事だったり、卸・小売り・製造・サービス業でも内容は変わっても、似たような事やお客さまからのクレーム、社内の連絡ミス等何だか同じ様なこと繰り返しているな・・・と思うときがないですか?
たぶん、その都度ミーティングや申し送り等でみんなには伝達されているんでしょうが、「皆さんも気をつけてください」じゃないでしょうか?
実は我が社も思い当たる節が多々あります。そういえば・・・。
アバウトなんですよね。伝達の仕方が・・・。
と、具体的に「原因はどこにあるのか」「どのようにして気をつけるのか」、そしてそれは「どのようにして管理していくのか」なんてことをきちんと時間をとって全員に認知することへの努力をしていませんでした。
「○○だから、今度から皆さんも十分気をつけてくださいね」
ですものね・・・。これじゃ繰り返すはずですし、スタッフが悪いのではなくて、このアバウトな注意しかしなかった自分が全て悪いですよね。はっきり言って、管理者としての手抜きですね(>_<)
気をつけることをスタッフに一任しているだけですもんね・・・。

電話で話をしながら、責任者としての責任の重さをんーーーふらふらって感じながら、内容は違うが我が社(私自身)もホント「気をつけないと」いけないなと思いました。(具体的に!ですね)

ホントにまぁーー、1日24時間しかないんですが、やるべき事がどんどん増えていっているように感じます(>_<)
わずかな人数の吹けば飛ぶような超零細企業の我が社でさえ、やるべき事が山積みになっているから、なんだか笑っちゃいます(^_^;)
中小企業の経営者は何でもかんでも自分で考えてやらなくてはならないから、ホントどんどん下に任せていかないと24時間じゃ全然足りません!!

すみませーん、愚痴っちゃいました(^_^;)

ガンバレー!!中小企業の経営者!!


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





posted by kagami at 18:02| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。