↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年02月14日

目線の高さ

先日、ある顧問先へ訪問した時の話しです。

その会社の事務員さんは、私よりも“お姉様”なんですが、いつも私に対しての接し方にはとても気を配って下さる方なんです。

雑談を女性陣でする時は、私も乱入したりしてその方と熊本弁バリバリでぎゃーぎゃー話すんですが、仕事になると、パチッと仕事モードに切り替って電話に出たり接客したり作業したりとそのメリハリが何だかイイナわーい(嬉しい顔)と思います。

言葉使いと気配りは勿論、いつもこの方にお会いして関心させられるのは、「目線の高さ」にとても気を遣われることです。
決して、相手よりも自分の目線が高くならないようにと心がけておられるのが良くわかるんです。
私が椅子に座っている時は、私の横に来て軽く床に膝をつけて私とキチンと目を合わせて、しっかりと私の話を聞こうという体制をとられます。大変恐縮してしまいますが、「いえいえ、お気になさらないでください。」と決して目線を高くしようとはされません。
私も、この方のお気持ちに対し、できるだけ分かり易いようにとつい力が入ってしまう程です。
話す方は、うれしいですね。
そして、この方にお会いすると、自分の接客のマズさ、気配りの足り無さを反省させられます。
とても勉強になります。
仕事も一生懸命されておられます。向上心も高く、この会社の社長もとても頼りにしておられます。
正に、人財です。

体調悪くして病院に行き、そこは待合い室のソファの所で、看護婦さんが問診と血圧計測をされるんですが、そこの婦長さんはとても気さくな感じの方で誰にでも気軽に声を掛けられるんですが、その婦長さんは、私の横に座って(同じソファに腰掛けて)問診と血圧計測をされます。一瞬、「えっ!!」と思いました。
婦長さん以外の若い看護婦さんは皆、しゃがんでされます。
正直、「ちょっと慣れ慣れしいな・・・、まぁ、いいけど。でもちょっと違うんじゃない?」と思いました。
しゃがんでする方と、お客さんと同じソファに座ってする方とでは、端から見たときも、印象が違いますよね。

で、その時、「目線の高さって大事だなぁ」と感じました。
自分が受ける側に立って実感できました。

日々の何気ない行動の中で、こういう事はスッとできることではないので、習慣化できるまでは、心掛けてやらないとついいつもの行動が出てしまい、後で「あっ!!しまったーふらふら」の繰り返しになってしまいます。

今後、心掛けていこうと思います。

師は身近に在り

よーし、もっとアンテナ立ててビンビン自分に足らないものを吸収していこうっと!!



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


ラベル:働く女性
posted by kagami at 12:47| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 働く女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少しお邪魔しました(^^)
Posted by cutyzizi at 2008年02月14日 15:54
cutyzizi様

初めまして、ようこそおいで下さいました(^^)/

私もcutyzizi様のブログを覗かせていただきます。

また、いつでもおいで下さいませ。


火の国の女 鏡
Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年02月14日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。