↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年02月18日

根本的な原因は・・・

会社の経営改善に着手しようとした時、まず何から取りかかるか・・・。
先ず、自社の現状把握(分析)をします。そして、その中から問題点の発掘をします。
全てを見渡すことができれば一番良いと思いますが、中小企業は必要最小人数の人員でキリキリで経営されているのが現状でしょう。とりあえず、目先の問題点の発掘から取りかかっても良いかもしれません。とにかく、問題点の改善に取組みながら、同時に未来に向けての取組みに着手していくことになると思います。

で、発掘した問題点に中に、「指示命令、連絡報告系統の確立ができていない」「指示がコロコロ変わる」「会社の方向性が見えない」「権限を与えず責任だけは追及される」ということがあげられているでしょうか?

いろんな同族経営の会社へ訪問させていただいてますが、経営者はできている(問題はない)と思っておられるでしょうが、社員さん達の声、中間管理職の方の声の中にこのことはよくあがってきます。

例えば、夫婦で経営されている場合、社長と奥様の言われることが違う。会長(お父様)と社長(息子さん)の言われることが違う。また、前回会議で決定したことと違うことを社長が指示される。数日前に言われたことと今日言われることが全く違っている。・・・等。

こういう声は、ほとんど経営者には聞こえてこないのではないでしょうか。実を言いますと、我が社に関しては、時々チーフからそれらしいことを聞きますが、私自身がこのことに気をつけるようになったのは、こういった訪問先での従業員さん達の声や奥様の声のおかげなんです。

これまで築いた会社の業績は、社長のリーダーシップやアイデアやその社長自身の個性やセンス、バイタリティーも大きな要因の一つであったでしょう。さすが、社長!です。
しかし、長引く不況の中、ジリジリと業績悪化路線に乗ってしまった会社は、今までと同じ手法での成果がなかなか出にくくなってきた、いや出なくなってきてるのではないでしょうか?
あーでもない、こーでもないと社長は頭を悩まし、社内でいろいろと取り組もうと声をあげるが、なかなか下が着いてこない。
逆に、声をあげればあげるほど、社内は混乱し、嫌な空気がたちこめてしまっている。押しても引いても動かなくなってきている・・・。

こんな時、社員さんは、というか社長以外の人は、社長の頭の中にあることをどの程度“知って”いるのかな?と思います。
理解するのはなかなか難しいですが、知ることはできると思います。
そういう、社長の考え(方向性)を知らしめているか、いつもいつも反復して知らしめているか、ということを考えます。
時代はどんどん変化していってます。それと同時に人々の心もどんどん変化していってます。人それぞれ様々な問題をかかえて毎日生きています。
そんな中、今まで通り、「俺がやれといっているんだからやれ」のワンマン経営(一人の力で引っ張っていく経営)では、もう誰も着いて来てくれません。側近だと信じていた方が急に退職したり、長年務めた社員さんも退職したり、これまで、誰も何も言わず従ってきたのに、突然社内の反発が生じたり、これまでの会社と違って何だか歯車が食い違ってきているのではないかと感じる時があります。

こういう場合に経営者はどう言っておられるか・・・。「良い人材がいない」とか「現場が忙しくてそれどころではない」とか・・・。

従業員さん達は、指示通りにそれなりに仕事に取り組んでこられていると思います。決してさぼったりされている訳ではないと思います。
でも、自分たちの給料は上がるどころか下がり始め、もはや安定した収入を得ることすら不確実となってきている中、従業員さん達はきっといろんな事を考えておられると思います。一人一人が・・・。
にも増して、社長は変わらず自分たちに更なる要求と制約をしてくる・・・・。また、従業員さん達は、よーく見ておられます。いろんな事を。
怖いくらいに・・・。

いろんな声を聞きます。
この声の存在、社長はわかっておられるのかなぁ・・・と、それぞれの会社の社長さんの事も考えます。
でもでも、私も経営者です。
なーんか、いつも自分の事言われているように思えちゃうんですよね・・・。あー、私もこんな事言われているんだろうな・・・って。

だから、こんな声を聞いているときは、ホント複雑な感じです。

ワンマン経営の落とし穴というのか・・・。熱くなっているのは、社長だけって感じで・・・。なんか、ちょっと辛くなりますね。

「おれの会社だから」が良い意味で使われるといいんですが、悪い意味で使われて、自分たちの前でそういうこと言われたら、従業員さん達のやる気がおもいっきり削がれますよね。

我が社でも、たまに私とチーフの指示が違っていたりしてそのせいで、スタッフの皆さんへご迷惑をお掛けするときがあります。そんな時も「おいおい、どっちでもいいけど上同士で意思統一しておいてよねー!!振り回さないでほしいわ!」なーんて思われちゃってるかな・・・。


2(良い):6(流れ者、強い方につく):2(悪い)の法則の「良い2」に社長自身は当然入っていると思っていて、しかし、客観的に見ると実は「悪い2」に社長自身が入っている場合もあるのでご注意下さい。従業員みんなのやる気を削いでいるのは誰だ!!

私はまだまだ未熟者なので、日々いろんな方々から学ばしていただいてます。
顧問先へ訪問するのは、正に学びに行っているようです。おかげで、いろんな事を考えるようになりました。いろんな事を発見することができました。

根本的原因を取り除かなければ、おそらく会社は何も変わらないどころか、徐々に悪くなっていくばかりです。従業員さん達の方がこの根本的原因に気づいているかもしれません。

悔しいけど、自分自身にもどこか的が外れている部分があるのではないか。それが、正に自分自身が時代変化に対応しきれていない、古くさいままの、“変われない部分”=根本的原因なのかもしれないな・・・なんて私自身の事を考えたりします。

変えてはいけない事、変えなければいけない事、・・・難しいですね。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
































































































































posted by kagami at 19:51| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。