↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年03月31日

ZENZOに行ってきました(^^)/

今日30日は、あいにくの雨でしたが、主人が「久々に家族でお出かけしよう!JRの列車に乗って」と朝から張り切っていたので、では、とネットで行き先を検索。
日帰りの旅なので、あまり遠くへは行けないし、雨でちょっと寒いので最初は、JR九州の日帰りプランの中から、つばめで鹿児島へ行こうかなぁーと思って、大人2名小学生1名で検索しました。
熊本から往復となると、結構なご予算になってしまい、「どうする?」と主人を見ると、ちょっと簡単に考えてた主人は、少しビビッた様子。
「ゴールデンウィーク前だし、JRの旅は今日は辞めよう」とあっさりと行き先変更。またもや、検索、検索あせあせ(飛び散る汗)
結局、阿蘇の温泉に入ってご飯食べて帰ろうということになり、探したんです。ZENZOを。
阿蘇の温泉といえば、黒川あたりや南阿蘇周辺が我が家のパターンでしたが、今日は内牧温泉にしました。
初めての試みです。
ZENZOに決めたのは、温泉旅館なのに、夜のご飯の入浴付プランがあったからです。
これって、珍しくないですか?
私は、初めてでした。
但し、土日祝日の夜のみ限定プランなんです。
18:00〜22:00迄が食事時間
14:00〜22:00迄が入浴時間

夜の入浴付プランは、旅館だったら、宿泊客の食事等で大変だから、良く見かけるのはお昼の入浴付プランですよね。
事前に予約しておいた方がよさそうですが、今日は何てったってお天気は雨、きっと大丈夫かも?と思いきや、すぐに電話をかけて尋ねてみると、案の定、OK!
やったー!!と喜んで、じゃ準備、準備!!

ちなみに、プランは2種類、税別4,000円と5,000円、そしてお子様には、税別3,000円にてお子様プレートがありますということでした。
主人に料金を説明したら、ホッとした様子で、「うん、いいよ!」だって。本日のレジャーご予算は大幅ダウンで決済されました。(^_^;)

ZENZOのHPでも、何だかものすごーく雰囲気があって、良さそー!!と期待感UUUUUUUP!!!



さぁ、到着!
駐車場から雨の中走って入り口にいくと、「おいおい、いいぞーーこれは、期待を裏切らないね、きっと・・・」と中に入るととってもイイ感じです!!

お風呂に先に入って、食事は半個室のお部屋でした。
ここは、囲炉裏でお食事をとることになっていました。
すごーく雰囲気イイし、料理はおいしいし、料金にしてはかなりの満族感が持てて、スタッフの方々の丁寧な優しい接客、お風呂もなかなか良くて(便利すぎないところや少しぬるめのお湯が)我が家は全員一致でかなり気に入りました。
今度は、2泊ぐらいしてこのZENZOで取り組んでおられるスローライフを是非是非体験したいと思いました!!

いただいてきたオシャレなセンスあるリーフレットから、ZENZOからのメッセージです。
阿蘇のお山と温泉と囲炉裏、そして心地よいジャズのBGM・・・。
しかしその他には何もない宿=ZENZO。
ZENZOは訪れる皆様すべてを満足させられる宿ではありません。
例えば、ご夕食には懐石料理をお出しせず、
囲炉裏で焼いていただくお食事えをご用意します。
例えば、雨の日には傘をさして中庭の林の中の
温泉に行っていただかなければなりません。
ZENZOは「行き届いたサービスではなく、ここにしかないおもてなしを目指す」宿。そしてその中には、心の奥に感じる懐かしさ、
どこかに忘れてきた自然の姿が込められています。
ZENZOでのひとときで、
「温かな心」に一瞬でも、出会っていただけたら幸いです。


この文を読んで、「そうだったんだー」と納得!!
そうなんです。“ちょっと不便”なんです。
でも何なんでしょうか。不思議とその不便さに嫌だと感じないんですよ。ホントに。
逆に、「そうよね。これくらいの不便さで丁度良いよね。あまり、設備や備品を完璧に現代的に完備しておかなくても、全然平気。」と思ってしまうくらいです。
お風呂は、正にそうでした。
ちょっと不便なんですよ。
でも、良かったーーー!
主人も、私もお風呂は気に入りました。
リーフレットの文の通り、今日は雨だったので、足下を濡れながら大浴場まで歩いていきましたが、でも、そこまでの小道もまたいいんですよ。雰囲気があって。足下濡れてることが全然気になりませんでしたね。
上の子は私達以上に気に入ったみたいです。
ジャズが流れていてゆーっくりと静かに入浴できて、珍しく1才児の娘も大人しく入浴してくれました。
お天気の良い日の日は、開閉式の天井を開けてくれるそうです。
半露天風呂になるんだそうです。
今日は残念!
いつか宿泊して、是非体験したいです!

ここは、すごいなーと感心したのは・・・・。
通常だったら、宿泊客を優先にいろんなサービスがありますよね。
それが、ココはそんなことがなくて、食事だけの私達にもちゃんと半個室のお部屋で食事をさせてくださって、(宿泊客は広間を仕切ったところの囲炉裏での食事でした)宿泊客と食事も入浴も同じもてなしを受けた感じがして、なんだか私達自身が宿泊客のように思うことができて(宿泊してZENZOでのステキなリラックスした時間過ごしているのをイメージできて)是非、宿泊してみたい!という気持ちにさせてくれるところです。
これって、重要と思いませんか?

土日祝日の夜のみですが、どこでも、週の変わり目には、宿泊客はチ
ェックアウトするケースが多いと思います。そこの宿側のちょっとしたゆとりを上手く利用して、次の見込み客を掴んでいくサービス。
きっと、食事にこられた方々は、私達のように「次は泊まりで来たい!!」と思われる方が多いと思います。
内牧温泉て、正直、頭の中にはありませんでした。
しかし、イイですよ。
こんな宿があったなんて・・・・。

「行き届いたサービスではなく、ここにしかないおもてなしを目指す」

この理念というか、姿勢が非常に良いと思います。

食事をしている時でも、次々とお客さんがこの囲炉裏の間へ来られていました。皆さん宿泊客みたいでした。
ちょっとオーナーにおたずねしたら、やっぱりお客さん多いみたいですね。

今日は、ZENZOにきてホント良かったな〜!!

サービスって、ありふれてしまうと飽きられるというか、選ばれる基準が無くなるというか、難しいですね(-_-)


今日は私にとってとても良い勉強の日になりました。
ZENZO→http://www.zenzo.jp/




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ








posted by kagami at 01:00| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。