↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年05月10日

今年は今までに無く厳しくなりますよ!

ガソリン代の価格がどんどん値上がってきていますね。
最近のニュースでは、「またも過去最高値を更新しました」と見るたびに聞いているような気がします。
電気代等の光熱費や食料品の値上げ、企業においては、仕入原価、会社維持費の上昇により利益がジリジリと圧迫されてきています。
金額としてどれだけの影響があるのか、これまでと同じ経営姿勢でどれだけ会社が維持できるのか、具体的数値ベースで把握する必要があります。方針転換をせざるを得ない場合も出てくるかもしれません。
経営者として、自社の数値管理とそれに伴う行動とその行動の検証に今こそ取り組まないと・・・・。


「自社の経営数値に無関心というか無頓着というか、そういう経営者が中小企業の経営者にはあまりにも多すぎる」とある銀行の融資担当者が言われていました。
例えば、新規事業や新規店舗の出店等で銀行からの融資を受けようとするときに、魂のこもった数値計画は立てないで(具体的に事業として成立するかを視覚化したもの)、作文(経営者の思いを文や口頭で表現したもの)と適当に作成した(現実味のない絵に書いた餅)の数値計画程度で融資を引き出せると簡単に思っておられる経営者が意外と多いのではないかと思います。
また、具体的、現実的な事業計画を立てないで(立てるのはあくまで融資の為)、よく着手されるなー、大丈夫なのかな、と心配になるときもあります。

また、「とにかく、売上を上げないと。」「受注、受注」「人件費削減しないと」
確かにそうなんですが、それだけでは、行動目標が曖昧すぎてきっと結果がついてこないはずです。
ましてや「とにかく頑張らんと・・・。」だけでは、ものすごくアバウトすぎますよね。

今の会社の実態(強み、弱み、経営課題等)を把握し、将来の可能性や切り捨てる部分を見極めも必要です。


頭では「そんなことわかっている」としても、行動に落とし込まないと何も成果は出てきません。
あるオーナーさんが、管理者の方に「具体的な行動計画を出しなさい」と厳しく言われました。そのとき、管理者の方は「悪いのはわかっているが、○○だからできない。現実難しい。」と返されました。
そうですね。確かにわかります。いろんな一筋縄ではいかない件も含め問題山積していますよね・・・。
当社も同様です。どんな会社でも問題は沢山抱えておられると思います。
しかし、だからといって出来ない理由を言って何もしないでは済まされません。
私は、この場面を見て思いました。
オーナーは資金面は全部責任をとらないといけないので、きっといろんな現実問題の事もわかっている上で言われていると思います。
それだけ、切迫しているんですよね。
もう、これ以上は・・・という危機感をひしひしと感じました。
しかし、資金に対する責任のない管理者の方は、真っ先に“できない理由”を出されました。
これは、まだ“できない理由を出せる余裕がある”と思いました。
精神的にも切迫していない、ということです。
経営幹部の中での危機感の温度差を見つけてしまいました。
そうなんです。できない理由を言うということは、切羽詰っていないということです。

たまに、ご夫婦で事業をされているところで、奥様は危機感をものすごく感じておられますが(経理や資金繰りをされるので)、社長は全然危機感を感じておられない(会社の数値を全く理解されていない、資金繰りを考えておられない)んではないかというような会社もありますが・・・。

危機感の社内共有も課題ですね。一つの。

「世の中は思うようにならない」んです。
8日に熊本の地場大手建設会社が破産申請しました。ここは「10年保証」を謳い文句に戸建て住宅やマンション建設を多くされていました。たまたま、顧問先の社長さん宅がこの会社に頼んで建てられいたので、すぐに電話してみました。
奥様が出られ、非常に驚かれていました。「10年保証はどうなるの?
」ととても心配なさっていました。
大手でも、小規模でも、これからの時代安易に「10年保証」といえるのだろうか?とチョット疑問に思ってしまいました。
この3年先5年先、いやこの1年でも安定した経営ができるかという保証は何もありません。今年の年末は、前年同様の賞与を従業員に出せる会社はどれだけあるのでしょうか?
今の全体的な物資値上げがどれだけ企業に打撃を与えるのか、とても心配です。

経営は不確実なものです。だから、事前計画、準備、段取りをしてより確実なものに近づけていく必要があります。そして、いろいろな場合の“想定”をして、対応策も検討しておくと更にその確実性は高まりますよね。
何も事前に具体的現実的な計画をしないで、行き当たりばったりの経営をする事は、地図もコンパスも携帯電話も食料もお金も持たず、知らない土地で旅をするようなくらい、危険で無謀なことなのかもしれません。
肝に銘じないといけません。
ブログ書きながら、全て自分に言い聞かせています。


顧問先の経営状態が悪くなるということは、当社の経営にもその影響が出てきます。
ここは、当社も今までになく、深く顧問先と関わりをもって経営成果へ貢献していけるような仕事をしていかなければならないと身の引き締まる思いです。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


posted by kagami at 02:04| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。