↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2008年05月12日

母の日の宿題

夕食後、我が家では、また子供たちの喧嘩が始まった。
もーーー、と思いながら後片付けをしていたら、上のお兄ちゃんが、下の子を突き飛ばしてとうとう泣かせてしまいました。
今日は、お兄ちゃんが意地悪だったようです。
どうせ使わないのに、昔遊んでいたおもちゃを下の子がおもちゃ箱から出して遊ぼうとしていたのを、取り上げて意地悪したところ、娘も負けておらず、お兄ちゃんに反撃したみたいです。それに応戦して、強く突き飛ばしたようです。
火がついたように大泣きする娘をなだめて、ここはちょっと注意が必要だと思い上の子へ注意!
それでも効いていないのか、またしばらくして、同じようにまた下の子を突き飛ばして泣かせたので、次は私も怒って上の子を叩いてしまいました。
なんとか、下の子をなだめてお布団のところに連れて行くと、お兄ちゃんが先に布団に入ってグスグス。
泣いていました。
下の子が、機嫌が良くなって国旗の本を出してきて一人で見ている間に、上の子にフォローしておかないとちょっと可愛そうだったな・・・と思って上の子のところへ。
金曜日のお迎えの時、「今日の宿題はいやだー!だって恥ずかしいもん」と言っていたことを思い出しました。
宿題は、“母の日にお母さんにキスすること”だそうです。
「宿題は?何だった?」
とわざと聞いてみたら、
「・・・・・・」
「何だった?ほら、ちゃんと言って。」
「・・・・・・」
「お母さんにキスすることだったでしょう。」
と言ったら、恥ずかしそうに照れた涙顔。
「ほら、キスしてよ。ほら。」
と顔を近づけたら、照れ笑い。
抱きしめて私がキスしました。
身体を抱き上げて、抱っこしながら、「さっきはごめんね。痛かった?」と叩いたところをなでてあげました。
優しく諭して、またぎゅっと抱きしめたら、お兄ちゃんも涙をポロリ。それを見て私もポロリ。
ごめんね。
二人目が出来てから、子育てにも少し余裕が出てきました。しかし、このお兄ちゃんの時は、仕事が今のように安定しておらず、人材も育っていなかったため、かなり仕事優先で私自身も精神的に余裕がなく、親としても今よりも全然ダメな私でした。そのため、この子には大きくなるにつれ、辛い思いや寂しい思いをさせたと思います。
そういう気持ちが込み上げてきて・・・。
小学2年生でわりと大きい方です。
身体もいつの間にかとても大きくなって、抱っこも出来ないようになり、そういえば抱っこはあまりしなくなりました。
「大きくなったねー」
と言いながら、この抱っこできなくなることがとても寂しく感じました。小さなままでいてくれたら・・・。
親子のスキンシップの機会が沢山ある小さい時期は、親も子もやり過ぎるくらいスキンシップをとっておく方がいいかもしれませんね。もっともっと沢山しておくべきだったと反省してます。
まだ反抗期に入るまでにもう少し時間があるので、今からでも沢山お兄ちゃんとはスキンシップをとっていこうと思います。
下の子はいつもべったりなので、ついつい上の子には甘えさせてあげる機会がないというか、その機会を与えていないので、これからは気をつけて上の子を甘えさせてあげようと思います。


こんな宿題を出してくださった先生に感謝!!
おかげで、気付かされました。
子供の純真な気持ちに気付かず、親の勝手な思いでこの純真な気持ちを傷つけているのことに・・・。
その時々の子供の目線の高さと同じ高さで、ちゃーんと向き合うこと、大切ですね。


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




ラベル:子供 宿題 母親
posted by kagami at 01:26| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメです。はじめまして!毎日楽しみに拝見させていただいています。よろしく・・・

知的で痛快な語りはいつも元気をもらっていますが、今日のほのぼのとしたブログに親近感を感じました。

仕事をしていると子供に関しては、元気をもらったりほろりとさせられたり、仕事とはぜんぜん違うところの感情が働く気がしますよね!!

それにしても洒落た宿題を出される先生ですね!!
また元気をもらいにお邪魔します・・・
Posted by CHIHIRO at 2008年05月12日 07:40
CHIHIRO様

コメント&訪問ありがとうございますm(_ _)m

子供の純真さに、たまに大人の自分のズルさをみてしまう時があります。
子供のパワーはスゴイですね。
「子は親の鏡」とはホントによく言ったものです。

これからもっともっと長い母の道、いろんな事があるでしょうが、「子は親の鏡」という言葉を肝に銘じて生きていこうと思います。

また、お待ちしております。
有り難うございました。
Posted by 火の国の女 鏡 at 2008年05月13日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。