↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2007年10月22日

母よ、がんばれ!

私の知人に5人の子供の働く母がいます。

この方は、見た目体は細く、お尻も全然ちっちゃくて、こんな人が5人もの子供を産んだ事を知ると、誰もがえっ〜!!ときっと驚かれるでしょう。

毎日毎日きちんと仕事をしておられ、週末は5人の子供さんのやれ部活や何や家のことやで、365日年中無休の生活をされておられるのがとても良くわかります。
だからでしょうか、痩せておられるのは・・・。

それでもいつもニコヤカに毎日を過ごしておられます。
ストレスのスの字も感じさせないで・・・。


スゴイ!!


この方は集中力もあり、無駄なおしゃべりもせず、もくもくテキパキといつもお仕事をされています。
そして、さすが、5人もの母であるせいか気持ちが安定しておられるようです。
会社としては働く主婦をスタッフとして迎え入れる時、この“気持ちが安定している”というのは重要でないかと思います。



自分の家庭環境や生活環境をまずちゃんと受入れて(納得して)、自分の周りにあるストレス要因を上手に自己コントロールして、毎日をできるだけ楽しく過ごそうとする姿勢は、働く主婦にとってはとても大事なことだと思います。
気持ちを落ち着け無駄に右往左往しない、この“安定している”状態の中、仕事に集中できる環境を主婦自らが作っているかということも重要と思います。
会社の方にばかり環境を求めることは現実に難しいので、主婦自らも“外に働きに出る”ことの厳しさを十分に理解し、継続勤務できるよう自分の生活に対し工夫と努力をすべきだと思います。
はっきり言って、大変です。(ほんと、言うのは簡単ですが、いろいろな家庭環境もあるので)
でも、そういう気持ちを持ち努力して、仕事に臨むのであれば、きっと周囲の協力を得られるのではないでしょうか。
自分1人だけでは主婦は働けません、周囲の協力があってはじめて働けるんです。
(協力してくれる方々に本当に感謝感謝です!m(_ _)m)


また、on・offの切り替えも大事ですよね。
家庭の事を仕事場に持ち込まず、家庭には仕事を持ち込まない基本姿勢は、ご主人や家族の理解の元にしか働くことが出来ない主婦にとって、“基本スタイル”ではないかと思います。
お互い(雇う側も雇われる側も)できるだけこの基本スタイルを確保しながら、気持ちよく働いてもらう、働く。
この環境を維持できると、きっと主婦でも十分な戦力になるのではないかと思います。

でも、子供の件に関してはやはり、父親より母親でないとダメな場合がほとんどです。子供が具合悪くなった時などは特に母親がその影響をうけます。
いろいろな業種があるので問題もあると思いますが、主婦が気持ちよく長く働ける環境の為には、各社どういう仕組みをとればいいのか是非考えていただきたいと切に思います。
環境がよくないと良い人材は定着しません。




私は、主婦になり、子供を2人産んでやっと働く母の大変さと環境の厳しさを知りました。
私は独身時代、心のどこかで“働く主婦”を侮っていたところがありました。でも、自分が実際経験してよーっくわかりました。


「すみません。私が間違ってましたm(_ _)m」


経験したうえで、もう一度言わせて頂きたい。



働く主婦よ、あなた方はほんとうにスゴイ!
何というパワーの持ち主なんだーーーーー!!
これからも、あなた方の働きが世の会社の役に立っていくよう頑張っていただきたい。また、家族の為、体に気をつけていつも元気であってほしい!
宜しくお願いしますm(_ _)m




それにしても、子供2人の私でさえ毎日時間に追われた生活をしているのに、5人となると・・・想像つきません。


こんなに頑張っている“働く母”を見ると私も感心ばかりしておられません。
そのおそるべし主婦パワー、私のどこかにもきっと有るはず!
よぉーーーし、がんばるぞーーーーーexclamation×2パンチ



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ



posted by kagami at 14:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 組織の母性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。