↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2011年07月11日

親子3人のお出かけ

日曜日は、子供たちと3人で夕方からお出かけ。


今月の二十日過ぎまで主人が出張中なので、親子3人での外出です。

行き先は、天草の有明町リップルランドです。





人口海岸だったと思うけど。ここって・・・。

夕方だったから、若いママと小さな男の子、虫取り網(海に?)を持ったおじいちゃんと孫娘(きっと)、若いカップルと私達親子しか居なくて、のびのびと砂浜でくつろぎました。


子供たちは、思う存分砂まみれになって砂遊びをしました。
私は、アンドロイドをカメラモードにしたま浜辺をぷ〜らぷ〜らと歩きながら子供たちや夕日を写真にとったりしました。


その後は、近くの“さざ波の湯”で家族湯に入ってサッパリ!
帰りは、入船に立ち寄って入船ちゃんぽんと海鮮ラーメンをいただいて帰りました。




普段、忙しすぎて、子供たちのペースに合わせることができす、きっと子供たちもストレスをかかえているんだろうなと思います。

今日は、日頃の反省も含めて、意識して子供たちのペースに合わせてみました。
また、いつも「片付けしなさい」「静かにしなさい」など注意してばかりなので、このお出かけの間だけは小言を言いまいと思ってお出かけしました。



子供たちは今日のお出かけを楽しんでくれたようで良かったです。
いつも喧嘩ばかりしている二人ですが、今日はいつもよりお互いに対し優しいところも見えました。


親がゆとりがないとダメですね。
子供にすぐに伝わってしまいますね。




反省です。


posted by kagami at 00:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

“欲”

おはようございます。



最近、つくづく、感じます。



“欲求”をうまく活かしていくと素晴らしいんだということを。



娘が来月5歳になります。


ここ、数ケ月、急に娘が“字”に対しての興味を示して、一生懸命自分の力で“字”を読んだり、書いたりしようとしてます。
間違ったり、わからなかったりすると、イライラしてるようです。
でも、あきらめず、また最初から書いたり読んだりしてます。



急に、どうしたんだろう????



急になんですね。
興味の度合いが強くなったのが・・・・。




長男は、現在小学5年生。



一人目ということで、何かとお金や手をかけて、勉強ごとはさせてきました。
ところが、小学生になって、自分の意思を尊重するようになり、それまでやってきたいろんな事に対し、“やらされ感”を持っているので、今はなかなか言ってもやらない状態で、半分以上辞めてしまいました。



でも、野球部に入りたいと、4年生の終わりから部活に入部して、それに関しては、肉体的にきつくても、何とか頑張ってやっていってます。



人は、自ら湧きあがった“欲求”がないと動かないし、学びませんね。


それを、つくづく子供達の姿を見て感じさせられました。




娘に関しては、ほとんどが長男のおさがりで、どちらかというと、まったくのほったらかし状態といってもいいくらい。


習い事も、長男ばがり行かせてもね・・・・と思って、先月からピアノを周に1回させている位。



それ以外は、何も・・・・という状態です。




だけど、何もないと、自らが“欲求”を生むんですね。



なんか、そんな感じです。



娘を見ていると。




“絵本を自分で読みたい!”というような欲求だろうと思います。


“人の名前を自分で書きたい!”もあると思います。




書くのは、まずは、自分の名前を私が書いたお手本を見ながら書きうつし、次は、家族の名前になって、今は保育園のお友達の名前や先生の名前を書きたがってます。



私は何にも教えていないのに・・・・。




すごいな!!と思いました。



子供の力?
人間の力?


どちらでもいいけど、すごいな!と思いました。


本来、みんなこんな力を持っているんだなと思いました。






生活が豊になり、色んなものを手に入れることができ、生活などに必要なモノはたいてい身の回りにあります。



これが、こういう状態が、素晴らしい本来の力を発揮させる機会を与えなくしてしまっているのではないかとも思いました。



ちょっと不自由な環境下だと、人は自ら考え工夫し、それを乗り越えるために必死に努力する生き物なのではないかと感じました。



と、いうことは、自らが求めずして満たされている状態下では、自らを成長させる素晴らしい“欲求”を生みだすことはできないのではないかとも感じました。



長男は、親が勝手に与えた環境下で生活しているため(自らが求めて得た環境下でないため)、そのありがたみも、その大切さも分からず、面倒くさいとまで思う状態。



娘は、ほったらかしなため、自ら求めて、自分の“欲求”を満たそうと必死になっている状態。






んんんんんんーーーーーーー、失敗したーーーーーーー(>_<)




長男には、悪い事をしてしまいましたね(>_<)




ただ、今の長男にとっては“野球”が一番の自らの“欲求”になっているので、それをずっと持ち続けてくれるよう、見守っていこうと思います。

(良かった〜、ひとつでもあって・・・・・)






つい、親として、いろんな事に対し、先回りして関わろうとするので、子供にとって大切な“経験”をする機会を奪ってしまっているんですよね・・・・。それって・・・・。




辛いこと、我慢しなくてはいけないことも沢山あります。
恥ずかしいことも、子供達にとっては大切な経験なんですよね。




そう、考えると、親が本来やるべき事って、“見守る事”“困った時にサポートすること”なのかな・・・・と思いました。



勉強をしっかりやらせるとか、もちろん、躾のこともありますが、必要以上にやかましく言う事はないんだな・・・・と今になって思うようになりました。



だめですねーーーー(>_<)





子供はすごいです!

このことは、子供達から教えてもらいましたから。




いつもやかましく言っている自分に、ちょっと反省しちゃいました。



この自ら生みだす良い“欲求”を上手く活かしていくと、素晴らしい人生になるのではと思います。






もうちょっと、“見守って”いくことを意識して生活してみようと思います。
ラベル:育児 欲求 学び 教育
posted by kagami at 10:27| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

の・ん・び・り

こんばんは。

ぶつけた左足小指、だんだん痛くなってきましたーーー(>_<)

ドジ。

日曜授業参観は3才の娘とぼちぼち歩いていきました。

「足がいたいから、ママ抱っこできないから、頑張って歩こうね。」と娘に言って20分弱を歩きました。

子供は好奇心旺盛ですね。
いろんなものに反応して歩くので、ほんと、ぼちぼち歩きです(^_^;)
車で普段通過している通りもなんだか新鮮でした。



ぼちぼちペースに、いかに普段がバタバタしたペースで生活しているか・・・と思いました。
平日は絶対にこのペースはありえませんね・・・。


子供のペースに合わせてあげると子供も喜ぶし。
こんな週末の過ごし方もいいですね。
バタバタした生活をリセットできるような気がします。



子供はいろんな力や気づきを与えてくれますね。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ



posted by kagami at 19:07| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

何にも知らない・・・・

こんばんは。

今日、いやもうちょっとで昨日になりそうですが・・・、この記事がアップされるころには昨日になっていますね。

では、「昨日」は、旧暦での1年の始まりだそうです。
ご存知でしたか?

お恥ずかしながら、私は全然知りませんでした。
節分について⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

その前日の豆まきは、小さい頃に保育園や小学校、両親・祖父母から

自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもある。豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある

wikipediaより

ということは聞いていましたが、「1年の終わりの日」ということは知りませんでした。

易学は、2/4〜翌年の2/3を1年とされているんだそうです。
これまた全然知りませんでした。


顧問先のお母様で、易学を学んでおられる方がおられます。
2/3の節分の日にその方とお話して、そういうことを教えていただきました。

その方は人形作家で、現在ギャラリー喫茶での個展の最中なので、作品を見にいった時にお話させていただいたんです。

今の日本を憂いておられました。
「経済成長後、人やモノ・サービスが多様化し、またグローバル化し、「古き良き日本」というもの、先人から引き継いだ文化や思想が消えかかっている。人々の中に伝承されていっていない」と言われていました。

「外国の真似ばかりしていっている。日本という国には、諸外国にはない素晴らしい伝統や思想、文化があるのに、外に外にと日本国民は自国への関心度があまりにも低すぎて、いろんな伝統・文化などの本当の意味を理解していない。外国人の方が日本への関心度が高い。外ばかりではなく、自分達の国というものを、中へ中へともっと深く探求し、先人からずっと大事にしてきたもの・事を受け継いでいかなくてはならない。」とも言われていました。

なるほど・・・。そうですね。私も何にも知りません。
ひな祭りの季節に飾る段飾りの雛人形にも深い意味があるんだそうです。

自国のことを知らない国民(親)の子は更に自国から離れ、国の財産の承継ができなくなりますね。

教育の根底には、国としてのこのような先人から脈々と受け継がれてきたものがなければ、日本人としての個性が生まれないのではと思います。
ただ単に、グローバル世界での存在感を保つため他国の真似だけでは、日本人として、諸外国へしっかりと自己主張できなくなってしまうのでは・・・とも思います。


諸外国のTOPの言動には、明確な自国の主張が感じられます。
日本は、それが弱いような気もします。

そういう流れになるのは、今、日本自体が空洞化しているのでは・・・なんて、一人で思っています。


どうですか?
人生の先輩方、同年代の方、年下の方、このままでいいのでしょうか?


だからといって、すぐにどうのこうのとはいきませんが、でも、私個人としては、自分自身のこういう事への関心の低さにショックを受けたし、親としても「こんなんではいかん!!」とも思いました。

親として、大人として、日本人として次世代へ引き継がなければならないものを、もっと目上の方々に学び、その使命を果たせるようにならなければならないと強く感じました。


仕事の事、家庭のことなどいろいろとみなさんやるべきことがあると思いますが、こういう事も一つの使命として捉えていくべきではないでしょうか・・・。



ほんとに、自分自身が恥ずかしいです。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
posted by kagami at 00:37| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

今日は終業式です。

おはようございます。

小学校は今日が終業式です。
我が家の長男は、明日から冬休みです。

先日、夕方のニュース番組の中で、不況の影響を受けている小学生の生活状況が放送されていました。

非常にショックを受けました。
そのニュースを見ながら、くやしくて、涙が止まりませんでした。

最近、小学生の中には、親のリストラなどで、現実的に毎日の食事が十分にできていない状況が非常に増えてきているとのことです。
1日1食なんだそうです。
育ちざかりの真っ只中です。
なのに、給食が唯一の食事なんだそうです。

ある小学校での話しでした。
その男の子の家では、家族4人で、朝からお茶碗1杯の米飯が唯一の食事で、母親から「おにいちゃんだから、我慢しなさい。妹にあげなさい。」と言われて、前日の夜から何も食べておらず、朝から保健室に「おなかがすいた」と通うようになったそうです。
見かねた保健の先生は、給食の残りのパンと牛乳をあげると、その男の子はがっつくようにパンを食べていました。

明らかに、その子は他の子より痩せていて、先生も毎日生活記録を書かせているとの事ですが・・・・・。

また、他の小学校では、女の子が先生に言っていました。
「だって、腐ったご飯は嫌いだもん。臭いご飯は嫌いだもん。」
その子の家には、腐ったご飯しかないのだそうです。

この子たちにとっては、給食が唯一の食事なんです。



今日は、終業式です。
明日から冬休みです。
給食もしばらくありません。



この子たちの唯一の食事はなくなります。



この子の親たちも、リストラで職を失い、寝る家を維持するだけで精一杯だそうで、食費を切り詰めているようです。
勿論、この寒い中、食事だけでなく、防寒もできていないと思います。


このような子ども達にとって、学校は命をつなぐ場になっているこの現実を、信じられません。(信じたくありません!)

日本の子どもの7人に1人は貧困。
今年、こんな記事も発表されました。



保健室が、体調維持の場。
学校が、命をつなぐ場。


今年は、このような子ども達の存在を知ってしまい、とてもクリスマスや終業式、冬休みを素直に喜ぶことはできません。

来年の始業式まで、このような子ども達の命が無事であること、体調が崩れないことを願うことしかできません。


現政府の人は、これから日本を担っていく小さな子どもたちの命を守ることができないで、何ができるのか!といいたいですね。
真っ先に、国民の最低限の生活、命を確保できるような社会にすることを第一優先でやってほしいです。

政治家、官僚はこの事実をどれだけ把握・実感しているのでしょう。


企業に寄生し、きたないやり方で資金を集め、物品を貢がせている政治家も過去いましたね。私が知っているなかでは・・・。
自分の利益、特定企業の利益のため(それが、自分の利益につながるので)にバッジをつけて活動している政治家なんて不要です。
もう、そういう時代は完全に終わっています。

政党も自分達の政党維持のために必死になっています。
私たち国民のためではないです。



対外的なことも大切ですが、その前に自国の足元をしっかり固めることの方が大切だと思いますが・・・・。


と、話が広がっていきましたが・・・。



朝ごはんを食べない子どもも以前多いです。
結構、私の周りでも多いです。

親(特に母親)が、朝ごはんを食べないからです。
パンと牛乳やバナナ1本だけでもいいので、朝ごはんはしっかり食べさせてください!

朝ご飯の大切さをもっとお母さん達が理解しないといけないと思います。

その外でも、ついつい、自分の都合で生活の流れを決めていたり・・・。
私もときどきそれは反省しています。

自分の都合に、できるだけ子どもを巻き込んでいかないようにしなくてはいけませんね。

これも、母親としての仕事ですものね。



いろんな現実がありますね。
でも、こういう事から目をそらさずにいたいです。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


posted by kagami at 07:53| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

やっぱり母親次第なんだ!!

会社がこれまでよりも遠くなったため、この際、思い切って生活のリズムを変えよう!と決意し今月よりやっております。


単純!!『早寝早起き』&『早出ノー残業』です。
と言っても、小さな子供がいるので、この子の無理のない範囲でなんですけどネ!


私自身のタイムスケジュールを2時間ほど早くしただけなんです。


しかーし、この2時間が大きな変化を生んだんです!!


長男(小学3年生)に一番影響がでました。


この2時間は、彼にとっては、とても有効だったみたいです。
学校への登校時間がこれまでよりも1時間以上早くなったんですが、私がやかましく言わなくても、自分で好んでその時間帯に家を出るようになりました。

それは、学校に一番早く来る先生よりも早く登校することで、先生に声を掛けられるようになり、誰よりも早く行くことで、自分の中で小さな自信ができたみたいです。また同時に、始業前に沢山遊べるのも良いみたいです。

育成クラブで宿題をしてくるときもあったりするようになりました。1年生の時は、毎日宿題は育成クラブでやって帰ってきていましたが、2年生になる前から、全くやらなくなっていたので、ちょっと驚きです。


本人にとっても、1日の生活のリズムが早く始まり早く終わるので、時間の有効活用をしているのでしょうか・・・。


そして、私自身も朝からゆとりができましたね。
ゴミ出しの日には、長男が家を出る時に、私と下の子も一緒に途中まで行くんですが、私たちが「バイバイ!!」と長男を見送るんです。
「バイバイ!!」と彼も手を振って歩いていきます。
途中、何度も何度も振り返ってバイバイをします。それに応えて、下の子と一緒にこちらもバイバイをしています。


そんなことを繰り返していたら、最近長男が下の子にとても優しくしてくれるようになりました。
とてもとても嬉しいです。
去年の8月、主人が単身赴任になり、一時、精神的に不安定になって下の子に嫌がらせをしたり、いじめたりと、私も困っていた時期もありました。その後も、育成クラブで先生達を困らせたりしたこともあったみたいでした。
私のライフスタイルは、逆にハードになってしまっていたので、生活のリズムも子供達にとっては良くなかったと反省しています。


タイミング良く?!と言っていいのかわかりませんが、自分達で会社を設立することになり、今の場所で事務所をオープンすることになったことが、私自身に決断をさせるきっかけになりました。


自分達でやるんだから、家庭を大切にした仕事のやり方に変えよう!!と決意したんです。
これは、事務所オープン前に受けた、『戦略構築ブレインダンプセミナー』で到達したことでした。



やっぱり、親の影響って大きいですね。
特に母親の影響って・・・。
今までそのことに気付かず、自分優先のライフスタイルにしていたことに深く深く反省です。
ごめんね子供達・・・m(__)m


まだまだ沢山私自身の問題があり、子供達の心の安定も完全ではないですが、少しずつ私が変わることで、子供達も心の平和を取り戻してくれることがわかったのでこれからも頑張って取り組んでいこうと思います。



家庭が上手くいかないと、仕事も上手くいかないと思います。
先ずは、家庭が基本ですよね!
つい、そこのところを、おろそかにしてしまっていたんですね・・・。
当たり前のことなんでしょうが・・・。



今の段階でこのことに気付けて良かったです。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ









posted by kagami at 00:43| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

憧れの?!花のある生活・・・。

今朝、出勤中の車の中から、線路沿いにある桜の木々の中に花が咲いている木を2本見つけました。
1本はかなり咲いていて、もう1本はちらほらといった感じです。

昨日、上の子の小学校の育成クラブにお迎えに行ったときも、先生から「ほら、あそこの桜の木、1本だけ花が咲いたんですよ」と、春の訪れをあちこちでお聞きします。

保育園の園庭にある白木蓮の木です。
風で花びらが散り始めていましたが、この白色がとてもきれいで、青い空にとてもさわやかな春を感じました。
思わず写メでパチリ!
白木蓮 20090312.jpg

日が暮れて真っ暗になると、閉園するまではライトアップされて、夜の白木蓮もとてもステキです。
写メは画像が暗すぎて撮れませんでした。

今日は、確定申告の最後の追い込みで、ちょっと切羽詰まっていたんですが、朝から桜や白木蓮を見て、保育園のお花を見て、「あー、花ってやっぱりいいなー。」と思わず口にしてしまいました。

「お花のある生活」という事に、半ば諦めもあったのですが、今非常に余裕がないからでしょうか。
「お花のある生活」=「精神的にゆとりのある生活」と私の中では昔からそういう位置づけだったので、その真逆の現状に、「こういう生活はいかん、いかん。お花を飾る心のゆとりすら無い日々のどこに充実感があるのだろうか。」とふと感じました。

そういう精神の慌しい状態がずーっと続いた生活を過ごすことは、当然ストレスも大きいだろうし、常に時間に追われて生きる事は、自分が自分の手で日々の生活をプロデュースできず、周囲の波にのまれ成り行きで波の上を漂って生きているような感じがして、こういう事を冷静に考えると、自分に非常に腹が立ってきます。
なんか、もうそれだけで自分が負け組になったみたいな感じがします。

自分の生活、ライフスタイルを5Sで整理整頓しないといけないなと思います。
常に5Sで、頭と心の中をスッキリさせておかないと、いろんな決断ができないし、子供達にも悪影響が出てきそうです。

今の私の生活は、24時間どこにもお花の姿が無い(存在していない)生活がイメージできます。
出勤して、そのことを皆に話したら、「私も一緒ですよ」とか「お花が似合わない」とか言われました。

性分なんでしょうか。
自ら忙しくしている点も問題です。

もうそろそろ落ち着いた生活を考えていかないといけないお年頃ですもの・・・。

反省です。






今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




posted by kagami at 00:47| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

良いところ3つ。

先日、小学校の宿題で(保護者に)、「子供の良いところを3つ書いてください」と書いてある紙が入った封筒を子供が持って帰ってきました。
提出期限まで数日あったので、その日は書かずに机の上において置きました。

翌日、朝から忘れないうちに・・・と思い、いざペンをとると・・・・。
3つも・・・、これがぱっと出てこなかったんです(^_^;)

思わず、「悪いところだったら5つぐらいすぐ出てくるんだけど・・・」と独り言。
で、「えーーーっとー」と、何とか3つ記入して、その紙が入った封筒を子供に持たせました。

しかし、我ながら、ちょっと反省しましたネ・・・(^_^;)
本来は、3つぐらいパッパッパッと、我が子の良いところを出さなくてはならないのでしょうが・・・・。

お恥ずかしながら、日頃、いかに子供を褒めていないかということが露呈してしまいました。

たしかに、「お片づけしなさい!」とか「宿題やりなさい!」とか、ああしろこうしろと、うるさく言っている割合の方が圧倒的に多いですしね・・・・。

「褒めて育てろ」と良く育児テレビや育児関係の雑誌等で言われていますが、前にもその事を反省したはずだったのですが・・・・ふらふら
またまた、いつの間にか元に戻ってしまっていました。

意識しないとダメですね(>_<)

イカンイカン!!
つい口うるさく言う習慣がついているんですね。

習慣とか、一度着いたらなかなか変えられないものですねダッシュ(走り出すさま)
特に悪い習慣は・・・・。

何とか良い習慣が身につくように、工夫をしなくてはなりませんね(^_^;)



つい、身内のこととなると、自分の感情の方が優先してしまって・・・・。


お母さん、しっかり!!!パンチ




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ





ラベル:子供 親子
posted by kagami at 00:09| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

『子は親の鏡』

こんばんは!


2児の母で、今年夏より主人が初の単身赴任で、親子3人、大奮闘の毎日です!!

最近の悩みは、長男(小2)がチョット反抗期に入ったかな〜っという状態ってことですかね・・・(^_^;)

私一人なので、きっと単身赴任前と後では、ガミガミの度合いがひどくなってるのかな・・と最近特に反省しています。

しかも、反抗している子供を見ると、ふと自分に似ているようにも思えてしまい、この反抗は親の私がさせているんだな・・・と感じています。

つくづく、『子は親の鏡』という言葉が身にしみて、ちょっと心がイタイかな・・・・(^_^;)

いつも、やかましく細かい事まで言って制限していると、そういう自分にも嫌気がさしてきます。
子供も当然嫌気がさしてくるでしょう。
主人もいないので、そういう時、家庭の中でのお互いの逃げ場もなく、ストレートにお互いの気持ちをぶつけ合ってしまう時もありますしね。
私も、子供もちょっとストレスが溜まってきているのかも???

子育てのベストはやはり、二人で分担した方が、親にも子にも良いんでしょうね。

いつまでも、“幼児”の時のように、親が何でもかんでも段取りしてひっぱって(言いなりにさせて)いくのは、いけませんね。


丁度、昨日、児童育成クラブの個人面談で、先生から言われました。
「もう、2年生だから、自分で考えて選択できる環境を作ってあげた方がいいですよ。いつまでも、親の言いなりにはなりませんからね。」

そうかーーー。そうよねーーー。
いつの間にか、まだまだ小さい時と同じように、私が息子を制限していたんだなぁ・・・。
やはり、周囲の方々とも時にはこういう話しもした方がいいですね。
さすが、先生。
いろいろと気づかされることを話していただきました。
自分では、それなりにわかっていたつもりだったんですが、その結果が目の前に出ているから・・・・(>_<)
やっぱり、私が気を付けて、環境を作ってあげないといけませんね。
なのに、子供にばかりやかましく言ってしまって・・・。

ごめんねm(_ _)m


子供の今の精神状態を形成しているのは、多くは家庭環境にあるんだと身をもってわかりました。
学校でも、友達でもないですね。
家庭ですね。
そう思います。

仕事もいろいろとありますが、何よりも、一人の母親として、我が子の成長に責任を持たなくてはなりませんね。
反省です。

主婦は、家庭に問題やストレス、悩みがあると、仕事も上手くいきませんものね。

子供の自立を見守っていける親になりたいです。
今日から、ガミガミを大幅削減!!です。

そうは言えど、日頃からガミガミ言う事にくせがついているから、先ずは言う前に、深呼吸してみたりして、そのタイミングをずらしたりしてみようかな?
ヒートアップしないように・・・(^_^;)



「もう、ほんと、一時だけんね・・・。親と一緒にいるのは・・・。特に男の子は・・・・。今が華よ!この時間を大切にせんと!」

子育て大先輩(顧問先の事務員さん)のお言葉です。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ




ラベル:親子 育児 しつけ
posted by kagami at 01:00| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

気合いだぁ〜!

状況変わらずですが、気が張っているので通常通りにお仕事しました。
でも食欲がないのでこの風邪のおかげ?で3キロ痩せておぉ!と驚いていますが、いかに日頃が食べ過ぎて過剰摂取しているか痛感しました。ぜんぜん食べていない訳ではないんです。おそらく、普通の女性の食べる量程度はあると思います。(^_^;)
咳であまり眠れませんが、今日、かかりつけへ行こ!
ホント、「体が資本」という言葉、身に染みます。
最近の自分の仕事のやり方に反省です。また、夜が遅くなってきていて、イカンイカン。子供達に負担をかけてしまっています。自分優先になってきてるな。
体調が悪いと余裕もなくなってしまいますね。
働くママはどんな時も動いていなければならないので気合いだ〜!で頑張ります。でも、もう若くはないので、過信は禁物です。回復力が衰えているように感じますし。

“それなり”の気合いだ〜!で頑張ります。
早く治ってくれ〜ぃ
posted by kagami at 01:02| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

早く帰ってきて〜(//▽//)

昨日は頑張って事務所の書庫片付けをやりましたが、やっぱりちょっと無理し過ぎたかな…。
事務所では気が張っているから良かったんですが、帰宅したらなかなか…(><;)
子供をお風呂に入れて私も昨夜は早く休みました。
しかし、やはりまだまだ完全でなく、39度まで熱も上がり、上がりすぎでなんかぼっとして。
でも子供達は関係なく自分達の要求を次から次へと…。主婦はホント、たくましい!自分で言うのも何ですが。なんとか、最低限のやるべき事だけやって、後は主人の仕事からの帰りをまだかまだかと待ってます。救急病院に主人が帰ってきたら行こうと思います。子供達連れて行きたくないし、運転はちょっと厳しいかな。体調悪いとイライラして子供達に当たってしまいました。単身赴任後発のピンチかも!
頑張れー私!ごめんね、子供達。そして、パパ。
でも今はとにかく早く帰ってきて〜(〒_〒)
ラベル:病気
posted by kagami at 16:59| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

「ごめんね」

最近、2才の娘は、叱られた時や人に対し悪いことをしてしまった時、何かを失敗した時に素直に「ごめんね」と言えるようになりました。
この「ごめんね」を聞く度に、何だか新鮮な気持ちになってしまいます。大人になって、立場が上になるにつれて、素直に「ごめんね」が言えなくなってしまっているように思います。

だから、子供が「ごめんね」というと、ハッとさせられます。

子供が出来て、日頃親として、大人として、毎日の生活の中で、こんな風に、自分自身の出来ていないところ、いい加減なところを、子供から気づかされたりする度に、“子供の力”の偉大さを感じます。

どんなに、仕事をバリバリしても、人として一番最低限の事をきちんとできないと、どこかでそのしっぺ返しがありますね(^_^;)

忙しくなればなる程、「ごめんね」「ありがとう」が出なくなり、イライラがつのったりしてきます。
でも、毎日仕事が終わって、子供達とご飯を食べたり、お風呂入ったり、寝たりする時のふれあいの中で子供達が発する『魔法の言葉』で、そんなイライラ自分にハッと気づかされ、毎日ゼロの自分にリセットできているように思います。

人は、それぞれ様々な環境の中で生活していますが、この“毎日リセット”できる事は、なかなか良い事なのではないかと思っております。

そして、寝て、頭の中もリセット!!

「『ごめんね』が言えるのー、偉いねー。」
と言うと、とても喜んで何度も「ごめんね」を言います。

思わず、私も、「ごめんね」と言ってしまいました。

ありがとう。子供達。



日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


ラベル:素直 子供
posted by kagami at 21:56| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

おいおいおい、大丈夫かい?

主人が沖縄に出張に行って4日目なのに、早くもちょっとストレスか・・・。

この長雨のせいで洗濯物がスッキリ乾かず除湿機で部屋干しする毎日、この状態も幾分かのストレス増に繋がっていると思われますが・・・(^_^;)


今度の週末まで主人が留守しているので、一人での対応はやはり大変ですね。

でも、今年はちょっと違います。
小学校2年生のお兄ちゃんが、ちょっとしっかりしてきたみたいです!
やっぱり、成長してるんですよね・・・。
頼もしく感じてしまいました。
しっかりと、最近は落ち着いて“お兄ちゃん”してくれています。

下の子(来月2才)が今の時期は、好奇心旺盛で、何でも自分でやりたがり、ホントに(>_<)落ち着かなくて・・・。
次から次へとホントに良くまぁいろんな事をヤッテくれちゃってます(^_^;)
笑ったり、泣いたり、お兄ちゃんと喧嘩したり・・・。
でもまぁ、にぎやかすぎて、ストレスも一瞬でどこかへ飛んでいってしまうくらいですけどネ。


でも、こんな風にまとまった期間で主人がいないと、主人の存在の大きさをしみじみ感じます。
来年で10周年ですが、毎日お互い仕事が忙しく、お互いの存在は良く言われる“空気”みたいな気がしてましたが(早いですかね(^_^;))、ふと思うと、きっと子供達よりも私の方が、主人がいない事の精神的影響をどうも受けているような気がします。
我が家の場合は、子供達には二人で一人なんだな・・・と思いました。

が、そんな我が家にも、初の転勤の話しが・・・・がく〜(落胆した顔)
とうとう、もう逃げ切れずexclamation&questionこの夏、主人は単身で県外(九州内ですが)へ行くことに、ほぼなりそうですもうやだ〜(悲しい顔)
子供達も当然寂しがるでしょうが、今回の出張でも、不安材料を感じさせる私自身・・・。
「うぉ〜い、大丈夫か〜い???」
ちょーっっっっっっち、ビビッてるかもしれません・・・。

小学校の単身赴任のご経験があられるお母さん方にお話を聞くと、「最初の1年かなりきつかったー!でも、後は慣れるよ」とあっさり言われたので、最初の1年目は私も覚悟を決めて、できるだけあまり頑張りすぎないよう、少しでも気持ちにゆとりがもてるような生活を心掛けていこうと思っています。
あとは、何とかなるさ!!
主人も私も、親が転勤するような職業では無かったため、お互いどうなることやらと緊張と不安と心配の方が先に立ってしまってる状態ですかね・・・。

主人の周囲は、ほとんどの方が転勤を経験なさっていて、単身も家族全員での転勤異動もやってこられているので、最初は大変でしょうが、私達家族への一つの試み(試練というとなんだか、重たくなってしまうのであえてこういう言い回しで)として、みんなで乗り越えていこうと思います。
最低3年は・・・ということですので、あまり目先のことばかり心配せずながーい目でみていかないと・・・と思っております。




イライラが多くなってくると、つい子供達へも叱る回数が多くなったりしてしまいます。
子供達は、私のイライラを受け止めてくれているんですよね・・・。叱った後瞬間に冷静になって、はっとその事に気付きます。

これから、主人の単身生活が始まることで、私の生活スタイルの見直し時期がきているのかなと思っています。
少しでも自分自身の精神的ゆとりをつくる事が、子供達への良い環境作りに繋がると思います。
子供達の今この時間は、今しかないので、(主人もその事をとても気にしていました)自分の出来る範囲でこの“ゆとり”を持てるような毎日づくりを真剣に考えて行動していきたいです。

今回の転勤の話しで、主人が私達家族の事を大切に思ってくれていることが良くわかりとても嬉しかったです。
主人もきっとカワイイ盛りの子供達と離れて暮らすことはとても辛いことでしょうが、お互いを思いやって、より家族の絆を深めていけたらと思います。



でも、ちょっと今週はママはイライラしすぎてたみたい・・・。
子供達、ごめんね。





今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


posted by kagami at 14:38| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

母の日の宿題

夕食後、我が家では、また子供たちの喧嘩が始まった。
もーーー、と思いながら後片付けをしていたら、上のお兄ちゃんが、下の子を突き飛ばしてとうとう泣かせてしまいました。
今日は、お兄ちゃんが意地悪だったようです。
どうせ使わないのに、昔遊んでいたおもちゃを下の子がおもちゃ箱から出して遊ぼうとしていたのを、取り上げて意地悪したところ、娘も負けておらず、お兄ちゃんに反撃したみたいです。それに応戦して、強く突き飛ばしたようです。
火がついたように大泣きする娘をなだめて、ここはちょっと注意が必要だと思い上の子へ注意!
それでも効いていないのか、またしばらくして、同じようにまた下の子を突き飛ばして泣かせたので、次は私も怒って上の子を叩いてしまいました。
なんとか、下の子をなだめてお布団のところに連れて行くと、お兄ちゃんが先に布団に入ってグスグス。
泣いていました。
下の子が、機嫌が良くなって国旗の本を出してきて一人で見ている間に、上の子にフォローしておかないとちょっと可愛そうだったな・・・と思って上の子のところへ。
金曜日のお迎えの時、「今日の宿題はいやだー!だって恥ずかしいもん」と言っていたことを思い出しました。
宿題は、“母の日にお母さんにキスすること”だそうです。
「宿題は?何だった?」
とわざと聞いてみたら、
「・・・・・・」
「何だった?ほら、ちゃんと言って。」
「・・・・・・」
「お母さんにキスすることだったでしょう。」
と言ったら、恥ずかしそうに照れた涙顔。
「ほら、キスしてよ。ほら。」
と顔を近づけたら、照れ笑い。
抱きしめて私がキスしました。
身体を抱き上げて、抱っこしながら、「さっきはごめんね。痛かった?」と叩いたところをなでてあげました。
優しく諭して、またぎゅっと抱きしめたら、お兄ちゃんも涙をポロリ。それを見て私もポロリ。
ごめんね。
二人目が出来てから、子育てにも少し余裕が出てきました。しかし、このお兄ちゃんの時は、仕事が今のように安定しておらず、人材も育っていなかったため、かなり仕事優先で私自身も精神的に余裕がなく、親としても今よりも全然ダメな私でした。そのため、この子には大きくなるにつれ、辛い思いや寂しい思いをさせたと思います。
そういう気持ちが込み上げてきて・・・。
小学2年生でわりと大きい方です。
身体もいつの間にかとても大きくなって、抱っこも出来ないようになり、そういえば抱っこはあまりしなくなりました。
「大きくなったねー」
と言いながら、この抱っこできなくなることがとても寂しく感じました。小さなままでいてくれたら・・・。
親子のスキンシップの機会が沢山ある小さい時期は、親も子もやり過ぎるくらいスキンシップをとっておく方がいいかもしれませんね。もっともっと沢山しておくべきだったと反省してます。
まだ反抗期に入るまでにもう少し時間があるので、今からでも沢山お兄ちゃんとはスキンシップをとっていこうと思います。
下の子はいつもべったりなので、ついつい上の子には甘えさせてあげる機会がないというか、その機会を与えていないので、これからは気をつけて上の子を甘えさせてあげようと思います。


こんな宿題を出してくださった先生に感謝!!
おかげで、気付かされました。
子供の純真な気持ちに気付かず、親の勝手な思いでこの純真な気持ちを傷つけているのことに・・・。
その時々の子供の目線の高さと同じ高さで、ちゃーんと向き合うこと、大切ですね。


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


ラベル:母親 宿題 子供
posted by kagami at 01:26| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

怒らない人

昨日、小学校にお迎えに行く途中でPTA会長さんにお会いしました。会長さんは、小学校のすぐ近くで、民間の児童預かり所みたいなものをされていて、子供たちを引き連れてのお出かけから帰っておられる最中でした。
車のウィンドウを下ろして、「会長さーん、こんにちはーー!!」と挨拶したら、ニコーっと挨拶してくださいました。

この方は、決して怒られないんです。
スゴイと思いませんか?
たくさんの子供たちの面倒を見ておられているせいなのか、PTAの役員会でもちょっと意見が白熱してきても、お会いした時とかわらない同じ笑顔で、私たちに接されます。
ご家庭でも、お子さんはおられますが、きっと全く怒られないんだろうな・・・というかんじがします。
叱るというより、優しく諭すという感じがします。
当然、話し方もとてもソフトで、委員会なんかで、お母さん方の前で話されるときも場の雰囲気もよくなります。

怒る事って、簡単ですよね。
1日怒らないでいれますか?
私は、現在怒らない日はありません。
だから、会長さんをホント凄いなーと思います。
ほんと難しいです。
職場でも同様です。
決して怒らない方っておられますか?
怒る・・・感情を出す・・・
自分の気持ちをありのまま出すというのは、子供っぽいというか、感情的すぎるというか、冷静さにかける、自身に余裕がないということですよね。
私は、短気なので全然余裕がないですねふらふら
だから、会長さんみたいな方がとても羨ましいです。
できるだけ、一呼吸おいて対応しようとは思いますが、なかなか・・・。
特に相手が身内だったらダメですね。イカンイカン。
まだまだ人間として親として未熟です。
修行が足りませんふらふら

今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ


ラベル:母親 性格 育児
posted by kagami at 00:39| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ズレていないか?

土曜日は、下の子が通っている保育園の保育参観でした。
我が子は0歳児クラスなんですが、歩き始めた頃から、一つ上のクラスで過ごしていました。

いつもように子供を預けて、保護者は2階別室へ。
日頃の生活の様子の写真をスクリーンで見ながら、先生から説明を受けました。
1才半を過ぎて、今は何でも「自分でする!!」と譲りません。他のお子さんも同じようで、靴下やオムツやズボンを自分ではこうとしたり、食事もしっかりとスプーンを握って何とか食べています。
園でも同様に自分達で行動する様子が沢山見られるとのことでした。
そして、1つ上のお兄ちゃんお姉ちゃん達と一緒に生活することが一番の影響になっているようです。真似てやるんですよね。
もし、保育園に預けていなかったら、こういう事や集団生活の中での自分の身の置き方などなかなか身につけさせることはできないんだろうな・・・と思いました。
私にとっては、躾の面でも保育園に大変助けられています。ホントに感謝感謝!!です。

子供達の生活についてのお話が終わると、副園長先生のお話がありました。その中で、先生が力を入れておっしゃったことがありました。
「この時期は(3才になるまで)はとてもとても大切な時期です。やりすぎと言われるくらいに親と子の関わりを持つようにして下さい。ベッタリで構いません。そうでないと、就学前に落ち着きがなかったり、人の話をちゃんと聞けなかったりするようになります。親の前ではとても良い子ちゃんで、それ以外のところ(保育園等の集団の中)ではその反対の行動をとったりするようになっている子供が最近見られるようになりました。小さい時に十分に甘えることができなくて、そのまま大きくなって集団生活に馴染めない子に育ってしまうんです。」
「子供が何かを訴えている時に、親側の都合で判断して答えを出してしまう。子供が本当に伝えたいことは何かをきちんと理解して、しっかり受け止めてあげて下さい。子供の訴える気持ちと親の対応がズレていないか、甘えさせてあげることとは、子供が訴えようとしていることをしっかり受け止めてあげることなんです。」



思わず、ウンウンと頷いてしまいました。
ひょっとしたら、私もズレていた事があったかもしれない・・・と反省しました。まず、子供の気持ちがどこにあるのか、冷静に私自身が見れていないな・・・と思いました。
子供からの問いかけや掛けられた言葉にすぐに反応していますね。感情的に。

一呼吸おいてexclamation×2ですね・・・。

これは、仕事でも同様ですね(^_^;)

頭では理解していても、なかなか実行できないのは、直感的に反応してその答えを出してしまっているからなのでしょうか。
一呼吸置くことで、ハッと思い出して冷静に対応できそうに思います。自分なりに、頑張って習慣着くまで意識してやってみます!!


子供に対しても、仕事でも、ついつい親の都合、自分の都合で反応している自分を今日は反省しました。
m(_ _)m




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ






ラベル: 母親
posted by kagami at 13:54| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

病院の待合室にて仕入れました

先週末から、上の子がどうもウィルス性の風邪にかかったようで、前回いただいた抗生剤も効かず症状もあまり変わらないため、午前中かかりつけの病院へ連れて行きました。
待合室の雑誌を手に取り時間潰しにと本を読んで待ちました。
手にした本はPHPです。(大きいサイズの主に子育て関係の本だと思いますが、覚えてません)

その中で、目に留まった記事をメモしてきました。

〜ダダをこねる子をなだめるコツ〜
@まず、放っておく
Aそれでもダメなときでも、“絶対に言うことを聞いてはいけない”
だそうです。
でも、子供の気持ちを立ててやることは忘れないで!だそうです。


〜我慢のできる子を育てるコツ〜
@物を与えすぎない
A手を出しすぎない
Bお手伝いをさせる
C叱るべきときは叱る
Dしっかり友達と遊ばせる
E養育態度に一貫性を持つ
F親自身に耐性があること
以上。


ダダこね真っ最中では、親の方が周りの目や面倒くさくて「しょうがないなー、じゃ今日だけだよ。」と根負けしてしまう場合がありませんか?
こういう時も、無視して(放っておいて)本人の気持ちを落ち着かせてから、子供の気持ちも気遣って関心を他のものにそらしたりすればいいとのことですが。
私は、これに関しては結構粘ってます。
主人はすぐに根負けするので、子供もそれを知っていて私がいない二人きりの時にいろいろと主人に買ってもらっているようですが・・・。
主人には、発覚後厳重注意したりしてますが、父親との接点はこういうもので増やしているのも事実なので、難しいですね(^_^;)

Fの「親自身の耐性があること」に関しては、全然ダメですね。前回のブログ記事の“悩力”でも同様ですが、ホントに自分の身勝手さをまたもや痛感してしまいました。

子供には、私のその場の感情や都合でいろいろと行動の制限をついしてしまっています。あれダメこれダメ、ここちゃんとやってないよ、・・・なーんて、チェックしまくってますしね・・・。
ほんと、子供からすると“うるさいババァ”なのかもしれませんふらふら
ぜーんぶ、私自身の耐性の問題ですよね・・・。これって・・・。
仕事上も同様、耐性がないため、人材教育には苦労してます。

“優しく教え見守る”

だそうです・・・(^_^;)

「優しく」・・・厳しいですね、結構・・・。
「見守る」・・・つい、口出ししてしまいます。

はい。すみませんm(_ _)m

辛抱するって本当に大変ですよね。
簡単に自分の感情を出してしまう私は、自分自身に“楽”な環境をあたえすぎなのかもしれませんね。
逆に、周囲はその分“辛抱”しているんでしょうね。

はい。再度すみませんm(_ _)mです!

んーーー、反省します。

「原因は我に有り」ですね(>_<)




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

posted by kagami at 18:34| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

食でつなぎ留める

今日は、午後から顧問先の経理担当のGさんが年末調整の件でおみえになりました。

Gさんとは、いろいろと仕事に関係することしないこと、沢山お話します。お話の中で、いろいろな情報も得たりまた自分とは違う考え方を知ることができたりして、非常に楽しいです(^^)/

で、今日も沢山お話できました。
タイトルの「食でつなぎ留める」ということは、Gさんからの言葉で、私の中では結構ショックな言葉でした。

子供一人目を産んだ後は、産休なしで仕事してたし、会社の状態も今よりも安定していなかったので、優先順位では、仕事が優位な位置にありました。そのため、家庭内の食事に対する考えも“食べる”ことに重点をおき、“どんなものを食べるか”ということは、今思うとあまり考えていなかったように思います。

食事って、どんなことがあってもとらないということはできませんよね。毎日毎日食べる・・・。食べる・・・・。
毎日です。
食事は、人間そのものを作るということを、Gさんからいただいた言葉によって、何かズシーンと重く感じています。

今盛んに“食育”のことが言われています。
食生活いかんで子供がキレやすい子に育ったりするそうですね。
食事と子供の成長の関係、心の関係、これって重大ですよ!!
コンビニのお弁当や総菜には、沢山の添加物が入っていて、体にはとっても悪いそうです。
全然関係ないですが、男性の加齢臭の原因の一つにこの添加物沢山のコンビニ弁当が揚げられています。


「食でつなぎ留める」とは、誰と誰をつなぎ留めるのか。
それは、母と子、母(妻)と旦那です。
Gさんのご家庭は、Gさんも、お子さんも食でつなぎ留められているそうです。
母の料理、味がしみついている子、旦那は、お腹がすいたら、コンビニに行かず、家に(母のもとに)かえってくるんだそうです。
まさに、「食でつなぎ留められている」状態です。
しかも、さっきも書きましたが、この「食」というのは、母(妻)が旦那や子供達のことを思いながら手間暇かけて作った料理をいいます。
これが正しい「食」だと思いました。

例えば、プロが作ったある料理は勿論とてもおいしいけど、昔故郷で小さい時に食べた母の料理は、当然プロの料理(味)には負けるけど、心に何か感じるのは、母の料理の方ですよね。きっと皆さんもそういうのがあると思います。スゴイですよね。脳が記憶として残しているんですよね。小さい時に知った母の味を。

主人も思いっきりそっちの部類の人間で、外食が嫌いなんですよね。
で、お母さんの味が万人に通じる味と今でもしっかりと確信してますからね(^_^;)
まぁ、いいですけど。
でも、母として考えると、我が子からそこまで思ってもらえるのっていいですよね。ほんと、母として最高に幸せですよね。
私は子供から、そこまで思ってもらえないだろうな・・・。今の状態では・・・。ふらふら

そして、Gさんとお話していて、ふっと思いました。
家庭での「食」が結ぶ人間関係は、全てを“母と子”の関係にするのではないかと。旦那は、この「食」の向こうに“母”を感じるのではないかと。と、いうことは、妻と夫という関係でも、母と子の関係に「食」の場合はなってしまうのではないかと・・・。
だから、料理上手な女性は、男性の心をGETムードできるんでしょうね。

正しい「食」で
つなぎ留める

「食」は体だけでなく、心も作る

皆さんは、正しい「食」生活を送っておられますか?
家族を、「食」でつなぎ留めておられますか?


私は、今現在どちらもブ・ブー!!ふらふらです!
来年のプライベートな目標の第一番目に決定です!


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ







ラベル:働く主婦
posted by kagami at 00:07| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

気持ちをいただく

昨日顧問先へ行ってお昼を事務員さん達と一緒に食べた時の話しです。

事務員さんのお一人が孫の七五三で先週末に娘婿のお母様より赤飯をいただいたから、とテーブルに出していただきました。
栗も入っていてとてもおいしかったです。
その赤飯を食べながら、田舎のばあちゃん達の話しをしました。

ばあちゃん達は、何でも手作り・時給自足でした。
味噌、漬物、煮豆、梅干し、らっきょう、おまんじゅう、おはぎ、赤飯、お餅、お茶の葉、こんにゃく、おそば、お菓子、柚ごしょう、にんにく醤油、・・・・
あー、なつかしいな。
事務員さん達のお母さん方もいろいろ作ってくださったとのこと。

「豆から作って、よーく煮豆を作ってくれてたなー」
「スーパーで買えば、198円なんだけどねー」

「私なんか、買ったり食べにいったほうが早いし簡単だし、ついそうしてしまってますよ(^_^;)」と私・・・。

「買った方が早いし、面倒くさくないし、わざわざ豆から作って手間暇かけて良く作ってくれてたよね・・・。」

「何か、”気持ちをいただいてる”って感じしますね。」

「わざわざ作ってくれてた」
誰の為に・・・我が子、孫の為に・・・


「だんだん、私たちのようにこういうの作ったりしなくなったら、子供達はこういう食べ物を食べる機会がなくなりますよね・・・。」


たらーっ(汗)


母としてのやるべき事はこういう事なのかと思いました。
私はまだ何も我が子にしてやっていない。
どんどん成長して後に親元を去っていく我が子達。
今の内なんだ。
こういう事できるのは。
真剣に考えて早くやらないと、“その内”ではいつになるやら。

仕事を理由にはできない、これは全くの母親業の怠慢に他ならない。
自分の本当の親としての気持ちが、自覚が足らないせいだ。
ばあちゃん達昔の人は考えてみると、ほんとに“気持ち”にあふれていた。時代の変化進化と共に私たちは大事なものを大事なものと気づかずに来てしまっているようだ。もっと他にもあると思う。
このままだと、ただの形だけの親になってしまう。
いかん、いかん。

大切な人の為に心をこめて手間暇かけて手作りする、仕事だけではなく、日頃の生活でやることがとても大切に感じました。

私が作れるのはそうないですが、周囲にアドバイスを受けながら取り組んでいこうと思います。


今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
ラベル:主婦 働く主婦
posted by kagami at 11:34| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 母の反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。