↓↓↓コメントいただけたらうれしいです\(^o^)/↓↓↓

2010年09月29日

やり続けること=闘うこと

ある人が言っていた。(たぶん、こんな内容のことだった)



「とにかく、やり続けること。人よりも勝とうとか思わなくてイイ。ただ一生懸命自分に与えられたことをしっかりやっていくこと。やり続けること。そうしたら、自然と残るものは残っていく。自分との闘い。やり続けることは闘うこと。」







なんか、この言葉に勇気というか力をもらった。





私は私と闘っているんだ。





自分に負けたくなんかない!






だって、人に負けるよりそっちの方が無性にくやしいし。





それに、何かに立ち向かっている自分って、かっこよくないかぁ?




なんか、自己満足かもしんないけど、人生楽しんでる\(^o^)/って感するし。






くさって愚痴ってるよりうーーーんとマシだ!





ううううーーーーん、




昨日から一睡もしていないけど、アラフォー主婦はぜんぜん元気だぞ!(危ない?!)





いやいや、「やり続けること=闘うこと」の言葉にパワー漲ってしまいました(^_^;)




単純バカ。










でも、改めて。





やり続けていこう。
闘っていこう。











いかん、寝なくちゃ。
調子に乗ってたら、明日が悲惨だぞ。



お休みなさい。









今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ







ラベル:人生 成功 継続 信念
posted by kagami at 01:55| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

出会うためにステージを上げる!

以前、あるコンサルの先生から言われた言葉があります。


「良いお客に出会うためには、良いお客がいる世界に自分が上がってこないと出会わないよ。」



無理難題を言ってくるお客、
約束を守らないお客、
お金をちゃんと払わないお客、


「どうしてこんな仕事をしなくてはならないんだろう・・・。」



愚痴みたいになってすみません(^_^;)


でも、今愚痴っているわけではありませんので・・・。


再び、
「どうしてこんな仕事をしなくてはならないんだろう・・・。」


こんな風に思うことありませんか?



私は、時々あります。今でも・・・・。





悔しいんです。
腹が立ちます。むかっ(怒り)
自分自身に・・・・。



それは、冒頭のコンサルの先生からの言葉を思い出すからです。


自分のいる場所が、現実が、腹が立ちます。
納得いかない仕事をすることが何より嫌ですね。
でも、それをやっている自分に腹が立ちます。


まだ、良いお客に出会えない自分に腹が立ちます。
※勿論、全部が悪いお客だということではありませんよ(^_^;)


自分の目の前に現れた結果に、腹を立てたり、愚痴ったりしてもしょうがないですね。
それだけの自分しかないのだから・・・。






コンサルの先生から言われました。
「出会うために自分のステージを上げなさい」と。


「ステージが上がると、見える世界がまた全然違うんだ。これが・・・。だから、頑張って自分から上がっていきなさい。」




はい!
先生の言葉を忘れず、上がれるよう頑張ります!!



私も、上の世界の景色を見てみたいです!
posted by kagami at 22:53| 熊本 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

やれるのにやらない

こんばんは。
超久々の更新です(^_^;)


今日は、一日どこにもお出かけしないで、家族でごろごろとしていた日曜日でした。
いつもどこかへお出かけしていますが、たまにはこんな過ごし方もいいですね。


さて、本日の学びは、家族でテレビを見ていたら、「五体不満足」の著者乙武さんがゲストで出ていたんです。で、家族みんなで結構集中してみていました。



乙武さんって、普通の健常者の人たち(自分たちを含め)よりもすごくチャレンジャーで、熱くて、前向きで、パワフルで本当にすごいな!って思いました。


たぶん、何気ない動きも健常者に比べると時間もかかったり、介助者の手を借りたりしないとできないことが沢山あるだろうに、なんてこの人は強く行動的なんだ!と改めて家族みんなでテレビを見て感動しました。



ふと、思いました。
私たちは、介助者の手も必要ないし、体も健康だし、何も不自由なことはないのに、やれることは沢山あるのに、乙武さんみたいに全力を出しているだろうか。時間をもてあましたり、面倒くさがったり、言い訳したり、自分を正当化したり、見て見ぬふりしたり、手を抜いたりしているのではないだろうかと・・・・。




幸せなのに、今の自分は本当に恵まれて幸せなのに、その幸せに物足りなさを感じたり、欲にかられ、求めるばかりの生き方をしていないだろうか。



今ある生活が当たり前のように感じられ、目の前の家族に感謝の気持ちを伝えられないでいる自分たちは、なんとも情けないようにも思えました。



乙武さんは、一言で言えば、『体張って生きてる』って感じです。



なんか、自分がとても情けなく恥ずかしく感じました。



「反省だけならサルでもできる」ではありませんが、正に、この反省を行動に繋げていかないといけないですね。




本日の学びでした。
ラベル:人生 行動 反省
posted by kagami at 22:56| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

仕事振り

今日は夕方から、会社のエアコンの清掃を業者さんにお願いしていました。

ここ数日、熊本は猛暑続きでした(>_<)

まだ6月だというのに・・・。


うちの会社は、2階建てで大きな窓が沢山ついていて、建物の横は駐車場で、さえぎるものもなく、風がよく入ってくるんですね。
だから、「よーし!こんなに気持ちよかったら、辛抱してエアコンもできるだけ使わないようにしよう!」なーんて、頑張っていたんです。
しかし、ここ数日は風があまり吹かなくて、暑さもかなり限界に近かったので、しかたなくエアコンを入れることにしました。

しかーし、エアコンの匂いがとても臭くて、これにも限界(>_<)
で、今日清掃を頼みました。

先月初めの入居時、結構丁寧に清掃しておいたのですが、内部までは素人は無理なので、起業したてで痛い出費でしたが、こんなに匂えばお客様にも不快な思いをさせてしまうし、何より自分達が耐えれないですもんね。ここはしかたないですが、お願いしました。

夕方6時から始まりました。
私は子どもの塾と保育園の送り迎えのため、一時外出していましたが、夜になって会社に帰り、清掃が終わるまでの番を交代しました。

読書をしながら、業者さんの仕事を観察していました。
いやー、エアコンの清掃って初めて見ました。
わりときれいな方ですねと言われましたが、何の何の。結構汚れていました。
あれを見たら、毎年かせめて2年ごとでもエアコンの清掃をしないと・・・という気になりますね。とても素人ではできません。
さすが、プロ!

そろそろ終わるかな・・・と待っていたら、後片付けも要領よくされているのに感心しましたね・・・。
責任者の方が、部下の仕事振りを良く管理しながら、適切な指示をされていました。
水一滴も落とさないよう、床の上も良く確認しながら片付けをされていました。
流しのマットが少し濡れたということで、持ち帰って洗って月曜日の朝一にお持ちしますとのことでした。
そんなところまで、気を配って下さって恐縮してしました。

この方たちの仕事振りを見ていて、何だかとってもスッキリというかすがすがしさを感じました。
終わりよければ・・・ではないですが、気持ちの良いスムーズな片付けでした。

自分達の仕事振りも相手に気持ちよさを感じてもらえるようになりたいなと思いました。

どういう場面でそういう気持ちを持ってもらうか・・・。
相手が喜んでいる場面をイメージして、それが実現できるようにしたいものです。

社内でも、そういうことを共有しあっていきたいです。



今日は学ばせていただきました。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ






ラベル:仕事 サービス業
posted by kagami at 23:55| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

誠意

先の見えない大不況の中、どの企業も「節約」「削減」「効率化」「改善」などいろいろな存続への取組に必死になっておられます。

個人としても、会社としても、人がその人生の中でかなりキツイ状態にある時、その時にその本人の、また周囲の人間性が露呈してくるものです。

自分が(会社が)良い時には、ほっといていても人が寄ってきます。いろんな話しも舞い込んできます。新しい人(会社)との出会い(取引)も沢山生まれるでしょう。
自分自身もそれに踊らされてしまうケースもあるかもしれません。(踊らされているとは知らずに・・・)

しかし、この最高に“悪い”状況下で、変わらず『誠意』を持ってお付き合いさせていただける人(会社)は皆さんの周りでどれだけありますか?

“商売”という長い舞台(人生)の中での、ほんの一時の時間です。
この大不況は・・・。
だから、その一時の事で終わるわけにはいきません。

“商売”を『誠意』を持ってやっておられる人は、その『誠意』が相手に伝わっていくんだなぁと感じます。

「鏡さん、もう、あなたのとこの料金を踏み倒すわけにはいかんけん、申し訳なかけど、今は払いきらんけん、顧問ば断らなんと思っとったったい・・・」

「今、うちはこぎゃん状態だけん、もしかしたら鏡さんから見放されるかもしれんって実は思っとったったい・・・。」


「こんなこと、なかなか他の人には言えんけんね・・・。」

こんな感じで、きちんと正直に誠意を持って話されます。
一生懸命に誠意を持って商売をなさっている姿を見ていると、“何とか力になりたい!”と思います。
その厳しさを数字で一番知っているのは、私達しかいませんから・・・。

どんなに厳しくても、誠意を持って取引業者、従業員、お客様へ対応しておられる姿、“人を大切にする”ことをちゃんとやっておられる姿は、尊敬に値するものがあります。
経営者として、とても立派だなぁと思います。

個人としても、自分自身が一番キツイ状況にある時に、無駄な人間関係が整理されてきますよね・・・。
そんな時、離れていった人間関係の相手側を責めるのではなく、自分が勝手に調子にのって勘違いしていただけだとわかります。

そういう痛い経験をすることは、いろんな事を考えさせられるし、人間として成長しますね・・・。

誰でも、キツイ時は、自分中心な思考に陥ってしまいがちですものね。
その中でも、周囲に変わらない対応ができる、・・・本当のプライドですね。

いろんな会社の経営状態も見ていますが、いろんな経営者の人間性も同時に見ています。


取引先を粗末にする人。
従業員を粗末にする人。


人を粗末にする人。


経営資源の「ヒト・モノ・カネ」の「モノ・カネ」が無くなったら、最後の頼みの綱は「ヒト」です。

日頃から「ヒト」を粗末になさっている会社は、これからの踏ん張り時に、全然踏ん張れないんです。

“自分達さえ生き残ればイイ”という考え方では、絶対に生き残れないと思います。


私たちは「生かされている」から。

従業員から「生かされている」
お客様から「生かされている」
取引先から「生かされている」
家族から「生かされている」
いろいろな人達から「生かされている」


今朝、顧問先に行って、とても優しい言葉を掛けていただき、良くして頂きました。
ふと、「生かされている」という言葉が頭に浮かびました。

あぁ、そうなんだ。私は、この方達から生かされているんだ・・・。
改めて、気づきました。
なのに、私は、もっとその事を意識して毎日を生きているか・・・。
その事に本当に感謝しているか・・・。
もっともっと「誠意」が足らないのではないか・・・。
そう感じました。

経営者だろうが、周りの人達から生かされているんですものね・・・。
だから、守らなければなりませんね。
感謝しなくてはいけませんね。
応えなくてはいけませんね。

まだまだ、全然、薄っぺらだなぁーーふらふら


ほんと、毎日いろんな事を学ばせてもらっています。
感謝!!



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ















ラベル:
posted by kagami at 18:20| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

仕事or役割

車を運転中に、NHKのテレビの中で、ある小児科医の特集番組が放送されていました。

別に深く聞き入っていたわけでもなかったんですが、信号待ちをしていた時、リポーターの方が、「この○○医師の“役割”は、××××××××」と言った瞬間、ハッとどんっ(衝撃)しました。

“仕事”という言葉ではなく、“役割”という言葉が使われていました。

「私の“役割”は、・・・・」

そう考えた時、私がやっていることは、勿論“仕事”でもあるかもしれないけど、いや、そうでなく、“役割”に対する行動だと思いました。

そう、私は“役割”をもっているんです。

「私の“役割”は、・・・・」

もう一度、考えました。

「私の“役割”は、母親である。妻である。嫁である。娘である。孫である。責任者である。友人である。・・・」

自分の向き合う相手や属する組織や環境によって、自分の“役割”が変わります。
顧問先と向き合う場合の私の“役割”は、納税額計算の代理人であり、財務・税務・会計におけるアドバイザーであり、顧問先の存続・発展の為のサポーターであり・・・と、細かくあげればどんどんその“役割”があがってきます。

“役割”って響き、良いと思いませんか?
何か、身が引き締まるというか、自分の存在価値もこの言葉には感じるし、やりがい、期待感、使命感、責任、そんな風なイメージというか、重みを感じます。

“仕事”というより、ずっとずっと良いと思いませんか?

ちなみに、調べてみると・・・、
しごと 0 【仕事】
〔動詞「する」の連用形「し」に「こと(事)」の付いた語。「仕」は当て字〕
(1)するべきこと。しなければならないこと。
「台所の―」「―が片付く」「―に取りかかる」
(2)生計を立てるために従事する勤め。職業。
「お―は何ですか」「―を探している」
(3)〔物〕 物体が力の作用のもとに移動するとき、移動方向の力の成分と移動距離の積で表される量。物体が仕事をされると、それだけ運動エネルギーが増加する。
(4)裁縫。針仕事。
「お隅が一人奥で―をしてゐる/真景累ヶ淵(円朝)」
(5)しわざ。所業。
「あの連中の―だといふのだがね/義血侠血(鏡花)」
――にならない
仕事として成り立たない。
「来客が多くて―ない」

やくわり 3 0 【役割】
(1)役目をそれぞれの人に割り当てること。また、割り当てられた役目。
(2)集団内の地位に応じて期待され、またその地位にあるものによって学習される行動様式。社会的役割。

三省堂提供「大辞林 第二版」より


どうでしょうか?
社内のスタッフにひょっとしたら、“仕事”だけをしてもらっていませんか?一人一人の“役割”をきちんと伝えておられますか?本人が“役割”を認識(自覚)しておられますか?

当社の場合、一人一人の“役割”まできちんと明確に提示していませんでした。
そう、“仕事”のレベルで留まっていました。
一部には、部分的な“役割”を話しておりますが、そのスタッフの当社での存在意義(役割)を本人に徹底していなかったし、私自身の存在意義(役割)も完全に認識して行動していなかった部分が多々あると思います。
一部“仕事”レベルでしか捉えていなかったところがあったからだと思います。

改めて、“役割”という言葉の重みを感じます。

自分の“役割”を果たすため、自分はどう行動していくべきか・・・。
自分の行動が、“仕事”なのか、“役割”なのか、常に問うていかなくてはなりませんね。



“役割”って、何かプレッシャーも感じますが、こんな事考えたら、“仕事”って言葉使うよりも、敢えて“役割”という言葉を使っていきたくなりました。


会社自身も、“仕事”というより、“役割”といったほうが、社会的責任を果たしているというイメージが持てて断然良いですよね。



何でしょうか・・・。チラッとテレビで流れた言葉だったんですが、すごーく、心にぐさっと突き刺さりました。


神様が“気付き”を与えてくださったのでしょうか・・・。





『私の“役割”は・・・』

これから、いつも自分に問うていきたいと思います。



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ








ラベル:使命 仕事 役割
posted by kagami at 00:26| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

謝罪。

昨日の夕方、携帯に伝言が入っていた。

相手は地元銀行本店からだった。「今日中にどうしてもお伝えしないといけない事がありますので」という内容だった。

「はい?????何事?」


全く訳わからず。とりあえず、電話をしたら、「こういう事は電話ではいけないので、どうしても今日、遅くなってもいいから自宅にお伺いしたい」とのこと。

益々?????


「はい、わかりました。」と電話を切り帰る準備。
自宅に到着して、晩御飯の準備が終わった頃、玄関の呼び鈴がなった。

戸を開けると、男女2人が立っておられて、開口一番、「今日は突然お忙しい時にご無理申し上げまして大変申し訳ありませんでした。」と丁寧に謝罪されました。
「一体、何事でしょうか?」とお聞きすると、春先に郵送で申し込んだサービスの書類が、今日まで担当者の他の書類の中に紛れ込んでしまっていて未処理のままだったそうで。更に、昔、本店で住所の表示変更手続きをした際、本店以外の支店にある複数の口座分が、手続きではしていたと思っていたんですが、本店以外分はどういう訳かなされていなかったとのことだった。

なーんだ。何事かと思った(*´Д`)=з続きを読む
posted by kagami at 03:09| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

5つの報酬

本日も、今月のとじき塾での接客接遇研修で学んだことをネタにします。

講師の川下先生がおっしゃいました。
「仕事には『5つの報酬』があります。」

知っている方もおられるでしょうが、

★目に見える報酬として・・・@給料、役職、地位

★目に見えない報酬(=真の報酬)として・・・A能力(仕事で身に付いたもの)B仕事(更にレベルアップした仕事を任せられたりすること)C成長(仕事を通じて人間として成長していくこと) D関係性(会社の仲間、取引先、お客様との人間関係)
  

なるほどひらめき

何のために仕事をするか、目に見える報酬のためなのか(当然、これはそうだろうとおもいますが)・・・。
いや、それだけではないですよね。

人間て、“欲”が多いじゃないですか。
物欲(お金を含めた)だけでは、人間は満足しません。
人に認められる、愛される、感謝される、頼られる、そのような目に見えない人と人との関係性(繋がりや信頼関係)=“報酬”を満たすことのほうが、遥かに満足感、充実感、やりがいを感じられる生き物だとおもいます。

報酬をもらう側も、報酬を払う側もこの“真の報酬”の存在を忘れてはいけないと思うし、そこにこだわりを持たなくてはならないと思います。そこに、自分自身の価値があると思います。

ストレスを抱えている社員さん、悩んでいる社員さんは、ひょっとしたらこの5つの報酬の中のどれかに不満を抱えているのかもしれません。

目に見える報酬ばかり目指している人が、周囲との関係性を気付けるのか?自己成長できるのか?より多くの能力を身につけることができるのか?

『5つの報酬』ちゃんと与えていますか?
『5つの報酬』ちゃんともらっていますか?ちゃんと受け取っていますか?



今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

   
ラベル:仕事 やりがい
posted by kagami at 01:26| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

タイムカードを押した時点で・・・

今日も引き続き、今月のとじき塾での接客接遇研修で学んだことをネタにしたいと思います。

講師の鰹助会計事務所の川上尊子先生の言葉です。
「タイムカードを押した瞬間から、組織に買い取られている時間になります。」

なるほどひらめき
言われてみれば、確かに納得です。
“買い取られている”という表現は初めてでしたので、先生の言葉がとても新鮮に聞こえて印象に残っています。

“買い取られている”からこそ、自分自身を“仕事人”として切り替える必要がありますね。
では、この“正しい切り替え”を理解するためにそうでない場合と比較をしてみます。

★「身だしなみ」と「おしゃれ」の違い
『身だしなみ』・・・相手中心→一般的、万人に受け入れられる、周りの周りの人を意識する、相手に不快感を与えない=清潔さ、控えめ、万人に受け入れられる。
『おしゃれ』・・・自分中心→流行がある、好みの同じ人にしか受け入れられない、周りの人を意識しない、自分が満足する

如何ですか?それぞれ列挙してみると、これって要注意!!!!
ですよね。特に、制服でない場合は・・・。
当人はキメたつもりでしょうが、自分の時間を買われているわけですから、『おしゃれ』ではなく正しい『身だしなみ』をしなくてはなりませんね。

<マナー5原則>→→→“心の表現”
マナー・・・相手に不愉快な思いをさせないこと(思いやり)
@挨拶
A表情
B身だしなみ
C言葉遣い
D態度

B身だしなみが入っていますね。これっていわゆる“見た目”ですね。
目から入ってくる情報です。(視覚情報)

“第一印象で決まる”と良く言いますが、人は最初の15秒で相手の第一印象を決めてしまうそうです。
そしてそれは、どんな要素で決まるのかというと、
1、目からの情報=視覚情報
2、耳からの情報=聴覚情報
3、言葉からの情報=言葉情報
の3要素です。

更に、この3要素の中で、第一印象の決め手になるのは、「1、視覚情報」で55%、次に「2、聴覚情報」で38%、最後は「3、言葉情報」で7%だそうです。

だから『身だしなみ』はとても大事です。
目からの情報は、他に『ふるまい』、『表情』、『行動』があります。

『身だしなみ』は、前述で、「万人に受け入れられる」「相手中心」等をあげました。
特に、「万人に受け入れられる」はポイントですね。

注意点として、以下の点をあげられていました。
※身体に関すること・・・爪、口臭、体臭、フケ、目ヤニ
※化粧等に関すること・・・派手な化粧、マニキュア、香水、派手なアクセサリー
※服装に関すること・・・汚れやボタンの取れ、シワ

頭のてっぺんからつま先まで、気を配らなければならないということです。
だって“組織に買い取られている”から・・・。


本来、マナー5原則は当たり前のことばかりでしょうが、この当たり前ができでいるつもりで結構できていないんですよね(^_^;)
いつの間にか、自分中心的な発想に勝手にアレンジしてしまっていたり・・・。

“組織に買い取られている”ことを忘れてはなりませんね。
これらのこと(接客接遇)は、立派な自分達の仕事(義務)ですものね。


今更ながら、今の自分に足りないところ、出来ていないところ、理解していないところが今回の研修で良くわかりました。

本日の学びは以上です。




今日もありがとうございます。
あなたの1クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m

ランキング参戦中!↓黒ハートクリックお願いします!
女性社長ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

posted by kagami at 01:40| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。